ホットカーペットの上にこたつを置いて併用する時の3つの注意点!

みなさんはこたつの下に
何を敷いて使っていますでしょうか?

我が家ではこれまでは、
少しふわっとしたカーペットを敷いて
こたつを置いていたんですが、

友人のお宅にお邪魔した時に
ホットカーペットの上にこたつを置いていて
すごく暖かかったので、

「我が家でもホットカーペットの上にこたつを置きたい^^」

と思いました(笑)

ただ、これまでホットカーペットを
一度も使ったことがなかったので…

一応ホットカーペットの上にこたつを
置いて併用する時の注意点はあるのかどうか
について調べてみたところ…

私と同じように疑問に思っている方も
少なくないようだったので、

今回はホットカーペットの上にこたつを置いて
併用する時の注意点について、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


ホットカーペットの上にこたつを置いて併用する時の3つの注意点!

ということで、

早速…

ホットカーペットの上にこたつを置いて
併用する時の注意点についてご紹介したいと思います(*^^*)

■1,こたつはホットカーペットの中央に乗せ当て板をする

ホットカーペットとこたつを併用する時の
注意点の1つ目は、

こたつをホットカーペットの中央に
乗せ当て板をして使用する

ということです。

なぜこうやって使用するかというと…

こうしておかないと
ホットカーペットが断線してしまう
可能性があるからです。

ホットカーペットは中に
発熱線がはりめぐらされていますが、
発熱線がこたつの足に
圧迫されてしまうと断線しやすくなるので、

置く際はホットカーペットの中央に乗せて
当て板を置いてできるだけ
ホットカーペットの発熱線に
負荷がかからないようにしましょう。

■2,こたつの設定温度を強にして併用しない

こたつとホットカーペットを併用する時の
注意点の2つ目は、

こたつの設定温度を強にして併用しない

ということです。

こたつの温度設定を強にして、
ホットカーペットと併用してしまうと、
ホットカーペットの温度調節器が作動して、
通電しなくなってしまう事があります。

せっかくこたつとホットカーペットを併用して
効率的に暖めたい時に、
結局こたつしか通電しなくなってしまうのでは
ホットカーペットの上にこたつを
置いている意味がなくなってしまうので、
併用する場合はこたつの温度設定を
低か中にして併用してください(^O^)/

■3,よほど寒くない時は以外は併用しない方がお得

3つ目の注意点は、

よほど寒くない時以外は
こたつとホットカーペットを
併用しないようにした方が良い

ということです。

というのも、
ホットカーペットはこたつに比べると
電気代が倍以上かかってしまうからです。

例えば、こたつを弱に設定して
1時間使ったとした場合、
電気代は約2円ほどですが、

ホットカーペットを1時間使用すると
約10円の電気代がかかってくるそうです。

つまり、
こたつとホットカーペットを
併用すると1時間あたり12~15円くらいの
電気代が必要になってくるので、

1日8時間併用したとしたら、
電気代が100円くらい必要です(;´∀`)

もしこたつだけをつかっていたとしたら、
1時間あたり2~5円くらいの
電気代で済んでしまうわけなので、

よほど寒くてこたつとホットカーペットを
併用しないと厳しい…

という時以外は併用しない方が
電気代の請求でハラハラする
という事がなさそうです(笑)

・【YAMAZEN】省エネホットカーペット

まとめ

今回はホットカーペットの上にこたつを乗せて
併用する時の3つの注意点についてご紹介してみました^^

寒さが厳しい時のホットカーペットと
こたつのタッグはかなり心強いので
やって損はないと思いますが、

いくつか併用する時は
注意しなければならない事もあるので、
今回ご紹介したような注意点を参考にして
適切に併用するようにすると
快適かつエコに寒さをしのげると思います(^_^)v

ということで、
この記事が何かのお役に立てば嬉しいです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする