【加湿器】つけっぱなしで水なしになり空焚きになると火事になる?

加湿器のタンクに水を給水するのが
ちょっと面倒に感じてしまう私なんですが、

年末年始、実家に帰省した時、
「そういえば、加湿器つけっぱなしだったかも…」
と、加湿器を消し忘れていた事を思い出し、

「加湿器の水がなくなった状態で
長時間空焚きしてしまったら、
火事になったりするのでは?」
と、心配になったので、

加湿器を水なしでつけっぱなしに
していても火事になったりしないのかどうか
ということについて調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、加湿器を水なしで
つけっぱなしにしても大丈夫かどうか?
という事について、
みなさんにシェアしていきたいと思います。

【加湿器】つけっぱなしで水なしになり空焚きになると火事になる?

 

加湿器をつけっぱなしにしたまま
長時間外出してしまうと、

加湿器から水がなくなって空焚き状態になり、
それが原因で火事になってしまうのではないか?
と心配になってしまうかもしれませんが…

結論から言ってしまうと、
日本製の加湿器をお使いであれば、
水の量が減ると自動的に電源が
切れるようになっているため、
つけっぱなしにしてしまっても
火事になったりする心配がありません。

簡単にいうと、
しっかりしたメーカーが作っている
加湿器であれば水位センサーがついていて、
水が入っていないと電源が入らないように
なっているためつけっぱなしにしていても、
問題が起こる心配がないのですね。

 

ただ…

海外(中国など)で製造された加湿器や、
異常に値段が安い加湿器、
年式がかなり古い加湿器ですと、

もしかしたら、
水位センサーがついておらず、
つけっぱなしにしていて
水がなくなっても電源が切れない
という可能性も考えられるため、

このような加湿器を使っていて、
万が一つけっぱなしにしてしまった場合は
安全確認をすぐに行いましょう。

 

もし、すぐ安全確認ができない場合は、
確認できる人に加湿器を見に行ってもらったり、
電気会社に連絡して電気を止めてもらうなどして
安全を確保するようにしてくださいね。

 

まとめ

 

今回は、
加湿器をつけっぱなしで
水がなくなって空焚きになると
火事が起こったりするのかどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

大抵の加湿器には水位センサーが
ついていて水が入っていないと、
加湿器の電源が入らないような
設計になっているので、
つけっぱなしだったとしても、
水が減ると電源が切れるのですが、

  • 海外(中国など)で製造された加湿器
  • 異常に値段が安い加湿器
  • 年式がかなり古い加湿器

このような条件に当てはまる
加湿器はもしかしたら
水位センサーがついておらず、
水がなくなっても空焚きし続けてしまう
可能性がありますので注意が必要です。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください