加湿器のミストが見えない原因3つ!故障したわけじゃない?

加湿器からミストがモクモク出ていると、
乾燥している季節でも、

「部屋をしっかり加湿できているから大丈夫」
って思えるのですが…

先日、
友人の家に遊びに行った時の事、

部屋の隅に置かれていた
加湿器を見てみると、
電源が入っているのに加湿器から
ミストが出ている気配がなく、

「もしかして、
加湿器からミストが出ていないのは、
加湿器が故障しているのでは?」
と思ったんです。

ただ、それを友人に直接言うのは
気が引けてしまう私だったので、
加湿器のミストが見えない原因について、
こっそり調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じように、
加湿器のミストが見えないのは
一体どうしてなのか?と
疑問に思っている方も
少なくないようだったので、

今回は、加湿器のミストが見えない原因について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

加湿器のミストが見えない原因3つ!

 

では、早速、
加湿器のミストが見えない時に
考えられる原因を見ていきましょう(^^)

 

原因1.そもそもミストが見えない加湿器だから

 

加湿器のミストが見えない時に
考えられる1つ目の原因は、
そもそもミストが見えない方式の
加湿器を使っていたから
ということになります。

ハイブリッド式(気化式+温風気化式)や
気化式の加湿器は、
スチーム式や超音波式の加湿器と違い、
吹出口からミストは見えず、
風だけが出るタイプの加湿器なので、
そもそもミストは見えません。

なので、
ハイブリッド式加湿器や
気化式加湿器を使ってる場合は、
ミストが見えなかったとしても、
しっかり加湿出来ているため
心配する必要はありません。

 

原因2.センサーが働いて加湿を一時的にストップしていたから

 

加湿器のミストが見えない時に
考えられる2つ目の原因は、
加湿器の湿度センサーが働いて、
加湿を一時的にストップしていたから
ということになります。

湿度は高過ぎても低すぎても
よくないため最適な湿度に保つよう、
湿度が高くなってきたら、
センサーが働いて加湿が止まる
機能がついている加湿器も少なくありません。

センサーが働いて加湿が止まっている場合は、
しばらくして湿度が下がってくると、
再び加湿が再開されます。

 

原因3.ミストがすぐ蒸発してしまっていたから

 

部屋の温度が高かったり、
湿度が極端に低かったりすると、
ミストがすぐ蒸発してしまうため、
本来であればミストが見える加湿器でも、
ミストが見えなかったり、
ほとんど出ていないように
見えてしまう可能性があります。

なので、ミストが見えない場合は、
湿度計や温度計を確かめてみて、
部屋の温度が高くなっていないかや、
湿度が低くなっていないか
確認してみてください。

 

まとめ

 

今回は加湿器のミストが見えない
場合に考えられる3つの原因について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ハイブリッド式(気化式+温風気化式)や
気化式の加湿器の場合はそもそも
ミストが見えなかったり、

湿度コントロール機能がついている
加湿器の場合は自動的に
加湿をやめていたりと、
ミストが見えなくなる原因は
いろいろとあるのですが、

加湿器の電源が入っていて、
風が出ていれば心配はありません。

逆に、加湿器の電源が入らなかったり、
吹出口から風が出ていない場合は、
加湿器が故障している可能性も
考えられるのでメーカーに問い合わせて
点検や修理を受けた方が良いかもしれませんね。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください