加湿器をつけると壁や床、窓が結露して濡れる3つの原因と対策法!

冬場の悩みといえば空気の乾燥ですよね?

我が家では加湿器で空気の
乾燥対策をするのですが…

加湿器をつけると壁や床、窓など
いたる所に結露が大量発生して
濡れるのがとっても嫌でした(^_^;)

「なんで空気が乾燥しているのに
こんなに結露が発生してしまうの?」

と、疑問に思った私は、

加湿器をつけると壁や床、窓が
結露して濡れる原因や、
結露の発生を予防する対策法
について調べてみたのですが、

調べてみると…
この事について疑問に思っている方も
少なくないようだったので、

今回は、加湿器をつけると、
壁や床、窓が結露して濡れる原因や
加湿器をつけた時に結露が
発生しにくくなる対策法などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

加湿器をつけると壁や床、窓が結露して濡れる3つの原因

 

加湿器をつけると壁や床、窓が
結露して濡れる場合には、
一体どんな原因が考えられるのでしょうか?

原因1.加湿のし過ぎで湿度が高くなっている

加湿器で壁や床、窓が
結露して濡れる時に考えられる
1つ目の原因は…

加湿のし過ぎで部屋の湿度が
高くなってしまっている
ということになります。

湿度コントロール機能が
ついている加湿器であれば、
加湿のし過ぎの心配がないのですが、

湿度コントロール機能がない加湿器の場合は
つけっぱなしにしていると、
部屋の湿度が高くなり過ぎてしまうため
結露が発生する原因となってしまいます。

なので…

湿度コントロール機能がない
加湿器を使っている場合は、
湿度計を設置して最適な湿度を
キープできるように
加湿器を使うようにすると、
結露で悩まされにくくなると思います。

デジタル温湿度計 温湿度計 温度計 湿度計 時計機能 温度 測定器 置きスタンド マグネット フック穴付き 熱中症 予防 お肌のうるおい チェック おしゃれ ★1500円 ポッキリ 送料無料

感想(2594件)

原因2.室内と室外の気温差が大きい

加湿器で壁や床、窓が
結露して濡れる時に考えられる
2つ目の原因は…

室内と室外の気温差が大きい
ということになります。

「寒いから…」と暖房をつけると、
外の気温と室内の気温差が
どんどん大きくなっていきますが、

室内と室外の気温差が
大きくなればなるほど、
結露が発生しやすくなってしまうので、
部屋を暖房で暖める際は、
適度に暖めると良いでしょう。

3.スチーム式か超音波式の加湿器を使っている

加湿器で壁や床、窓が
結露して濡れる時に考えられる
3つ目の原因は…

使っている加湿器が
スチーム式か超音波式のものだから
ということになります。

スチーム式と超音波式の加湿器は、
タンクの水を空気中にそのまま
噴出していくため、
加湿能力が高いのですが、
その分壁や床、窓が濡れたり
結露が発生しやすくなってしまうのです。

結露が最も発生しにくい
加湿器は「気化式」なので、
加湿器をつけた時の結露に
悩まされるのが嫌ならば
気化式の加湿器を選ぶのがおすすめです。

気化式加湿器【収納袋の特典】バルミューダ レイン BALMUDA Rain 加湿機 おしゃれ オフィス 大容量 フィルター 酵素 空気清浄 Wi-Fi[ BALMUDA Rain 加湿器 ERN-1100UA-WK ]

 

部屋の結露を予防する対策法

 

ここまでは、
加湿器をつけると壁や床、窓が
結露して濡れる原因について
ご紹介しましたが…

ここからは、
部屋に結露が発生して濡れるのを
予防する対策方法について
ご紹介していきます^^

1.湿度コントロール機能がついた気化式加湿器を使う

部屋に結露が発生するのを予防する
対策方法の1つ目は…
湿度コントロール機能がついている
気化式加湿器を使うということになります。

気化式は抗菌フィルターで水を吸い、
そこに空気を当てることで
潤った空気を作り放出していくため、
水蒸気をそのまま吹き出す
スチーム式や超音波式の加湿器に比べ
部屋が結露する心配がないのです。

さらに、湿度が高くなったら、
自動的に加湿をやめる機能がついていれば、
加湿し過ぎで結露が発生する心配もないですよね。

ハイブリッド式加湿器 ARK-500Z-N 気化 加湿器 アイリスオーヤマ 加湿機 肌ナビ イオン機能 ハイブリッド タイマー 清潔 シンプル 大容量 大型 乾燥対策 抗菌 リビング 寝室 乾燥 潤い 予防 子ども インテリア おしゃれ オフィス あす楽対象外 iris60th

 

2.1日2回換気する

結露がひどいなぁと感じたら、
サッと換気するだけで、
結露がどんどん少なくなってくれます。

換気をすると室内と室外の気温差が減りますし、
また、風通しができることによって、
室内で起こっていた気温差もならされるので、
結露ができにくくなるのです。

3.暖房で部屋を暖め過ぎない

結露が発生してしまう原因は、
室内と室外の気温差にあるので、
暖房で部屋を暖めすぎないようにするだけでも
結露予防にはかなり効果があります。

 

まとめ

 

今回は、加湿器をつけると壁や床、
窓が結露して濡れる3つの原因や
結露の対策方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

すでに発生してしまった結露がある場合は、
拭き取って、アルコール除菌スプレーなどを
しておくとカビ予防ができますよ!

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください