強風の日に換気扇がバタバタうるさいのはなぜ?対策はある?

大型の台風が毎年やってくる昨今ですが、
こんなふうに風が強くなると、
換気扇がバタバタうるさいので余計落ち着かない…
ので困っていました。

 

「なぜ風が強いと換気扇がバタバタ
うるさくなってしまうの?
何か良い対策はないのかしら?」
そう、疑問に思い調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も多いようでした。

 

というわけで、
今回は強風の日に換気扇が
うるさくなるのはどうしてなのかや、
強風の日にバタバタとうるさかった
換気扇が嘘のように強風の日でも
静かになる対策方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います。

 

強風の日に換気扇がバタバタうるさいのはなぜ?

 

風が強い日に換気扇がバタバタと
うるさくなってしまうのは
一体どうしてなのでしょうか?

 

換気扇は回す事で室内の空気を外に逃がす
という役割を持っていますが、
ということは換気扇のファンの後ろは
穴が空いていて壁がない状態になっています。

 

ですが、穴が空いて壁がない状態が
換気扇を回していない時など必要ない時も続いてしまうと、
室内の温度調整がしにくくなってしまいますし、
鳥や虫などが室内に侵入してきてしまう
などの問題も起こってしまう事になります。

 

ですから、当然ですが、
換気扇のファンの後ろにはシャッターが
ついていてファンが回っていない時は閉じて
壁の役割を果たしてくれるようになっているのですが…

 

このシャッターが風圧式のものだと、
強風の日に煽られてしまう場合があり、
それによってバタバタと大きな音を立てて
うるさくなってしまうのです。

 

風圧式のシャッターは換気扇のファンが回ると、
ファンによって起こされる風圧によって開き、
室内の空気を逃がせるようになっています。
最近では電動で開くタイプのシャッターが
採用されている換気扇もありその場合は、
強風によって煽られる心配がないので、
風が強い日にうるさいと感じる事はありません。

 

強風の日にバタバタうるさい換気扇を静かにする対策方法

 

風圧式のシャッターの換気扇が
強風の日にバタバタと風に煽られて
うるさくならないようにする対策方法について
3つご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

1.換気扇のシャッターに消音テープを貼る

 

風圧式の換気扇のシャッターの場合は、
風に煽られて羽と本体がぶつかって
バタバタとうるさくなる場合がありますが、
羽と本体の間にクッション性のある
テープを貼り付けておくようにすると、
羽と本体がぶつかった時の音を
軽減することができます。

 

ただ、テープを貼り付ける際は、
隙間ができないように丁寧に貼り付ける事が大切です。
少しでも隙間が出来てしまうと、
隙間風が入ってきてしまいますし、
虫が侵入する原因にもなります。

 

2.風が強い日はシャッターにテープを貼って動かないようにする

 

風圧式のシャッターの音で
悩まされるのは風がかなり強い時なので、
風が強いという日にシャッターに
養生テープなどを貼って動かないようにして、
風がおさまったら剥がすというふうにしても良いですね。

 

強風の際には窓に養生テープを貼って
対策するという方も多いと思いますが、
ついでに換気扇のシャッターにも
貼っておくようにするとバタバタとならなくなります。

 

3.シャッターが電動式の換気扇に交換する

 

換気扇のシャッターには風圧式のものと
電動式のものがあるという事でしたが、
電動式のものだと風で煽られる事がないので
強風の日にバタバタとうるさくなる心配がないので、
思い切って電動式シャッターの換気扇に
交換するというふうにしても良いのかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、強風の日に換気扇が
バタバタうるさい理由や、
対策方法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

 

換気扇のシャッターが風圧式のものだと
強風の日に煽られてバタバタとうるさくなる事が
ありますのでその事でお悩みの際には、
今回ご紹介した対策方法を参考にして
対処されてみて下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください