換気扇から外気が入ってきて寒い!寒くなくなる対策方法!

気温が下がってくると暖房がないと寒いですが、
暖房をつけていても換気扇から外気が入ってきて
部屋が全然暖まらず寒いなんて事ありませんか?

 

我が家ではトイレにある換気扇から
外の冷たい風が入ってきているようで、
冬になるとトイレがまるで冷凍庫のような
とっても寒い場所になってしまっていました。

 

そこで、換気扇から外気が入らないように
何か対策をしようと思い、
対策方法について調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は換気扇から外気が入ってきて寒い時の
対策方法についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

 

換気扇から外気が入ってきて寒い!寒くなくなる対策方法!

 

換気扇から外の空気が入ってきてしまうと、
特に冬場暖房をつけてもなかなか
暖まらなくなってしまうという事に
なりやすいので困ります。

 

さて、こんなふうに換気扇から
外気が入ってくる場合は
どのように対策をすれば、
外気が侵入してこなくなるのでしょうか?

 

1.換気扇を塞ぐ

 

換気扇から外気が入ってくる時の
対策方法の1つ目は換気扇を
換気扇カバーで塞ぐという方法になります。

 

ビニールやダンボールなどで
換気扇を完全に塞いで
風が入ってこないようにすれば、
換気扇からの外気の侵入を防止する事ができますが、
このように完全に換気扇を塞いでしまうと、
換気することもできなくなってしまうため、
それはそれで問題となってしまう可能性があります。

 

ですから、最も手軽にできる対策としては、
厚手の換気扇カバーを取り付けることで、
外気の侵入を緩和しつつ換気もできる状態になります。

 

換気扇カバー 大型(1枚入)

 

2.電動気密シャッター付き換気扇に交換する

 

外気が入ってくる換気扇には
2つのタイプが考えられます。

 

1つが壁に穴が開けられた部分に、
換気扇がつけられプロペラから外が見えるもの、
もう1つが換気扇が周り始めると
風圧によってシャッターが開くものです。

 

これらの換気扇を使っている場合
外気が室内に侵入してきてしまいますので、
本格的に外気を遮断したいと考えるのであれば、
電動気密シャッター付きの換気扇に交換する
というのがおすすめです。

 

電動気密シャッター式の換気扇は
換気扇が運転していない時は、
自動でシャッターが降りて
外気が室内に侵入しないようにしてくれますので、
換気扇から入ってくる外気で寒さに悩まされている場合は
交換すると大きな違いが実感できると思います。

 

ただ、通常のシンプルな換気扇に比べると
本体価格が高いというデメリットはありますので、
実際交換するかどうかは価格と相談する
ということになってしまうかもしれませんが、
必要な時だけ換気する事ができて、
それ以外は壁と同じように外気をしっかりと
遮断してくれますのでもし現在の換気扇だと
外気が入ってきて悩まされているという場合は、
検討してみる価値はあるのかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、換気扇から外気が入ってきて
寒い時の対策方法についてご紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?

 

換気扇をビニールやダンボールなどで
完全に塞いでしまって外気が入ってこないようにする
という対策方法もあることはあるのですが、
このように換気扇を完全に塞いでしまうと、
室内の換気が出来なくなってしまいますし、
そうしてしまった場合換気するたびに、
いちいち外さなければならなくなりますので、
今回ご紹介したような対策で、
換気扇の外気対策を行うのが無難かなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください