フローリングを掃除機がけしたら傷が!床が傷つかないヘッドはある?

「フローリングを掃除機がけしたら、
フローリングに傷がついてしまたのですが、
床が傷つかないヘッドの掃除機って
一体どんなものを選んだら良いのでしょうか?」

 

こんな疑問を持っている方も少なくないようです。

 

我が家でも、
掃除機がかなり古くなっていたせいか、
フローリングを傷つけてしまう可能性があったので、
掃除機を新しくしようと考えました。

 

一度フローリングに傷がついてしまうと
消す事ができなくなってしまいますし、
光の当たり具合によっては
かなり目立ってしまうようになるので、
できるだけフローリングには傷が
つかないようにしたいですからね。

 

ということで、
今回は掃除機がけでフローリングに傷が
ついてしまう原因はどんなものがあるのかや、
フローリングを傷つけない掃除機のヘッドは
どんなものを選ぶようにすれば良いのか?
についてみなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

掃除機がけでフローリングに傷がつく原因とは?

 

掃除機がけでフローリングに
傷がついてしまう原因として最も多いのが、
掃除機のヘッドのブラシに固いゴミが付着していたまま
掃除機がけをしてしまうことになります。

 

掃除機のヘッドにはブラシがついていて、
そのブラシが回転することによって、
床のゴミをかき取ってくれますが、
ブラシに固いゴミが付着したまま
掃除機がけをしてしまうと床をひっかいて
傷をつけてしまう原因になります。

 

ですから、もし掃除機がけをした後
フローリングに傷がついてしまうようになった…
という場合は掃除機のヘッドのブラシに
固いゴミがついていないか確認してみてください。

 

フローリングを傷つけない掃除機のヘッドの特徴とは?

 

ここまでは、
掃除機がけでフローリングに
傷がついてしまう原因についてご紹介しましたが、
ここからは、フローリングを傷つけにくい
掃除機のヘッドの特徴について
ご紹介していきたいと思います。

 

まず、最初に言っておかなければならないのが、
絶対にフローリングを傷つける可能性がない
掃除機のヘッドは残念ながら存在しない
ということになります。

 

というのも、先程お話した通り、
掃除機がけでフローリングが傷ついてしまう原因は、
掃除機のヘッドが原因ではなく、
使用しているうちにヘッドに
付着してしまった固いゴミが原因だからです。

 

ただ、フローリングを傷つけにくい
掃除機のヘッドがある事は事実ですので、
床を傷つけにくい掃除機のヘッドの特徴をあげると…

 

  • ソフトでゴミが付着しづらい素材
  • ヘッドのお手入れがやりやすい

 

という特徴があげられます。

 

・掃除機ランキング【楽天市場】

 

実際にいろいろと掃除機のヘッドの
ブラシ部分を見比べてみると、
かなり素材の感じが違っているのですが、
先程ご紹介した条件に当てはまっているか
ということを確認してから掃除機を選ぶようにすれば、
フローリングを傷つけやすいヘッドの
掃除機を選んでしまう確率はグッと低くなるでしょう。

 

また、掃除機のブラシはモーターで回転するパワーブラシと、
吸い込む風の力で回転するタービンブラシがありますが、
床を傷つけにくいのは回転数が少ないタービンブラシになるので、
ほこりの除去力よりも床への優しさを求めるならば
タービンブラシタイプのヘッドが採用された
掃除機を選ぶようにすると良いかもしれません。

 

【掃除機ヘッド】タービンブラシとパワーブラシの違いとは?

 

まとめ

 

今回は、
掃除機がけでフローリングが傷ついてしまう原因や、
フローリングを傷つけにくい掃除機をのヘッドの
特徴などについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

フローリングは一度傷ついてしまうと、
傷を消す事が出来なくなってしまうので、
掃除機のヘッドのブラシに固いゴミが付着していないか
定期的に確認すると良いかもしれませんね。

 

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください