服についた油の匂いの取り方!洗濯で落ちない頑固な油臭の対処法!

息子が飲食店の厨房でアルバイトを
することになったんですが、
バイトから帰ってきた息子の服というと
油の匂いがしみこんでいて
洗濯しても服から油臭さが取れず
部屋まで油の匂いになってしまうほどでした(^_^;)

「これはなんとかして、
服についた油の匂いを完璧に
取ることができる方法を
編み出さないとマズイ!」
と思った私は、

洗濯で取れないほど頑固な
服についた油の匂いの取り方を編み出すべく
いろいろと実験してみたのですが、

もしかしたら、私と同じように、
服の油の匂いの取り方について
知りたいと思っている方も
いらっしゃるかもしれませんので、

今回は、服についた油の匂いの取り方について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

服から油の匂いが取れなくなってしまう原因

 

「洗濯しても油臭さが取れない…」

揚げ物などをする調理の仕事場にいると、
服に油の匂いが染みついて、
洗っても取れなくなってしまうことがありますが、
どうして油の匂いはこんなにも服に
しみついて取れなくなってしまうのでしょうか?

それは、油は加熱されると細かい粒子になり、
細かい粒子の油は空気に混ざって浮遊し、
服につくと繊維の奥深くに染み込んで
強力に固まってしまうからです。

つまり、服の繊維の奥深くで
油が固まってしまっているため、
洗濯しても油が抜けきらず
油臭さが残ってしまっている
というわけなんですね。

さて、そんな頑固に服に染み込んでしまった
油の匂いをリセットするには
一体どのようにしたら良いのでしょうか?

服についた油の匂いの取り方!
洗濯で落ちない頑固な油臭の対処法!

 

●用意するもの

  1. 洗濯用固形石鹸
  2. 酸素系漂白剤(粉末タイプ)
  3. たらい
  4. ゴム手袋
  5. 洗濯板
  6. お湯(40℃のものと70℃のもの)

 

STEP.1
たらいにつけおき溶液を作る

 

用意しておいたたらいに70℃のお湯と、
酸素系漂白剤を入れて
つけおきするための溶液を作ります。

STEP.2
服を2時間つけおきする

 

溶液が完成したら服を入れ
全体がしっかり溶液につけ、
2時間つけおきしましょう。

STEP.3
軽く服を揉み洗いしてすすぐ

 

つけおきが完了したら、
ゴム手袋を着用して服を軽く揉み洗いし、
揉み洗い後は溶液を捨て
新しい水ですすいで洗剤を落とします。

STEP.4
固形石鹸で服を揉み洗いしすすぐ

 

次に、たらいに40℃ほどのお湯をためていき、
洗濯用の固形石鹸をつけて、
洗濯板で服をゴシゴシ手洗いしてください。

できれば2回ほどゴシゴシと手洗いすると、
しっかり油を落とすことができます。

固形石鹸での手洗いが終わったら、
水ですすぎ服に洗剤が残らないようにしましょう。

STEP.5
洗濯機に入れて洗う

 

最後は洗濯機の標準コースで普通に洗濯していきます。

つけおきと手洗いをしっかりしていれば、
他の洗濯物と一緒に洗ってしまって問題ありませんが、
すすぎの回数を多めに設定しておくのがおすすめです。

STEP.6
乾燥させる(できれば天日干し)

 

洗濯が終わったら風通しの良い場所に干しましょう。

天気が良い日であれば外に出して
天日干しするようにしましょう。

日光に含まれている紫外線には
殺菌効果や消臭効果があるため、
洗濯物の嫌な臭いを防いでくれます。

また、天日干しすることができない場合は、
乾いてから消臭スプレーを吹きかけておくと良いでしょう。

 

以上、服についた油の匂いの取り方になります。

この手順で油臭い服を洗えば、
かなりしっかり油の匂いを取ることができますので、
服に油の匂いがガッツリ染み込んでしまっている…
という場合はぜひ試してみて下さい。

 

まとめ

 

今回は、服についた油の匂いの取り方について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

揚げ物をしたり、機械をいじる作業場にいたりすると、
油の匂いが服にしみついて取れなくなってしまう
ということもあるかとは思いますが、
そんな時は今回ご紹介した手順で服を洗えば、
しみこんでしまった油の匂いをリセット
させることができるかと思います。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください