【ドラム洗濯機】ヒートポンプ式とヒーター式の違い!電気代が安いのは?

ドラム式洗濯機を買う時に
迷ってしまうポイントになるのが…
「ヒートポンプ式」と「ヒーター式」
どちらにしたら良いか?
ということではないでしょうか?

ドラム式洗濯機は乾燥機能が
縦型洗濯機よりも優れていたり、
節水できるというのがメリットですが…

乾燥機能の「ヒートポンプ式」と
「ヒーター式」の違いは
ピンと来づらいため選ぶ時に
迷ってしまう方も少なくないようです。

ということで、
今回はドラム式洗濯機の「ヒートポンプ式」と
「ヒーター式」の違いなどについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



【ドラム式洗濯機】ヒートポンプ式とヒーター式の違いとは?電気代が安いのはどっち?

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機よりも
本体価格は高いものの、
縦型洗濯機よりも節水できたり、
乾燥機能が優れていたり、
スタイリッシュな見た目であることから
買い替えを検討しているという方も多いですが…

ドラム式洗濯機の乾燥機能には
「ヒートポンプ式」と「ヒーター式」の
2種類があり、「どう違うのか?」
ということについて気になっている方も
少なくないのではないでしょうか?

ヒートポンプ式乾燥は、湿気を機外に排出し、
乾いた温風で洗濯物を乾燥させる方式、
イメージとしてはエアコンで乾燥させるのに対し、

ヒーター式乾燥はヒーターで温度を上げた温風を出し、
湿気を含んだ空気は冷却水で冷やして
水に戻して機外に排出し乾燥させていく方式、
イメージはドライヤーで乾燥させるになります。

なので、「ヒートポンプ式」と「ヒーター式」の
最も大きな違いは電気代のコストになるのですが、

ヒートポンプ式は1回使用すると
約20円電気代がかかるのに対し、
ヒーター式は1回あたり約40円の
電気代がかかってしまいます。

ですから、乾燥機能としては同じですが、
ヒーター式は1回あたりの電気代が
ヒートポンプ式に比べると倍かかってしまう
というわけなんですね。

また、ヒートポンプ式は温風の温度が
60℃以下なので衣類の傷みや縮みも少ないですが、
ヒーター式は温度の温度が約80℃と高いので
衣類を傷めてしまう原因になりやすいため、

ヒートポンプ式の方が、
電気代も安く衣類のダメージも少ないため
全体的に優れているといえそうです。

ヒートポンプ式の欠点ってあるの?

さて、ここまでは、
ドラム式洗濯機の乾燥機能である
「ヒートポンプ式」と「ヒーター式」の違い
についてご紹介しましたが、

ヒートポンプ式の方がランニングコストも安く
衣類に与えるダメージも少ないので、
ヒートポンプ式の方が良いということでしたね^^

ただ、ヒートポンプ式にも欠点があるので、
ここからはヒートポンプ式の欠点について
書いていきたいと思います。

まず、1つ目の欠点になるのが、
寒冷地だとヒートポンプの性能を十分に
発揮することができない可能性がある
ということになります。

2つ目は、ヒートポンプ自体の価格が高いため
ヒートポンプ式の洗濯機は本体価格も
自ずと高くなってしまうことと、
ヒートポンプが故障してしまった場合、
修理するための費用が高額になりやすい
ということになります。

・洗濯機の修理費用の相場はいくらくらい?

なので、ヒートポンプ式の洗濯機を
購入する場合は予めこのような
欠点がある事も知っておくと良いですね^^

まとめ

今回はドラム式洗乾燥機の
「ヒートポンプ式」と「ヒーター式」の違いなど
についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ヒートポンプ式の方が
1回あたりの電気代も安く、
また衣類へのダメージも少ないので、
ヒーター式よりもおすすめなのは
間違いないのですが…

ヒートポンプは寒冷地だと
十分に性能が発揮出来なかったり、
故障すると修理費用が高くなってしまう
という欠点もあるので、

ヒートポンプ式の洗濯機を購入する場合は、
デメリットの事も想定に入れた上で
購入すると良いのではないかともいます。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする