神社参拝作法の順番!お賽銭と鈴を鳴らすタイミングはいつ?

神社を参拝することってみなさんは
1年に何回くらいありますか?

私は、初詣で参拝するのと、
あとはなにかのきっかけで訪れた時くらいなので、
年に数回という感じなのですが、
本当にたまにしか神社を参拝しないせいか、
いつも神社を参拝する時の作法を
忘れてしまうんですよねΣ(´∀`;)

「二礼二拍手一礼…は覚えているけど、
お賽銭を入れるタイミングや、
鈴を鳴らすタイミングっていつだったかしら?」

と、神社についてから参拝作法を調べるのが
恒例行事になっていたのですが、
調べてみると私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、神社を参拝する際の作法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

神社参拝作法の順番!
お賽銭と鈴を鳴らすタイミングはいつ?

 

神社の参拝作法の順番は以下の通りです。

  • STEP.1
    鳥居をくぐる時に一礼してから入る

     

    神社につくとまずは鳥居がありますが、
    鳥居をくぐる前に一礼してから
    神社のご神域に入るようにします。

    神社の鳥居は分かりやすくいえば
    玄関にあたる場所になるので、
    ここで一礼して立ち入るのがマナーになります。

  • STEP.2
    参道の両端を歩いて参拝する

     

    鳥居をくぐってからは
    しばらく参道を歩いていきますが、
    参道の中央は神さまの通り道とされているので、
    参道を歩く際は両端を歩くようにします。

  • STEP.3
    手水舎で身を清める

     

    参道を通っていると手水舎(ちょうずしゃ)があります。
    (手水舎は柄杓が置いてある水場です。)

    手水舎では清らかな水で
    参拝前に手と口を清めるのですが、
    見の汚れを落とすという意味があり、
    次の順番で手と口を清めていきます。

    1. 柄杓を右手に持ち水をくむ
    2. 左手に水をかけ清める
    3. 柄杓を左手に持ち替え右手に水をかけ清める
    4. 左手に柄杓の水をうけ口をすすぐ
    5. 口を清めた左手を清める
    6. ひしゃくを立て残った水で柄杓の柄を清める
    7. 柄杓を元の位置に戻す

    ちなみに、
    清めている途中で水を組み直すのはNGなので、
    ひしゃく一杯に水をくんで行うと良いですね。

  • STEP.4
    参拝する

     

    手水舎で身を清めたら、
    参道を歩き社の前に行き、
    次の順番で参拝します。

    1. お賽銭を静かに入れる
    2. 鈴を鳴らす
    3. 2度深くお辞儀する
    4. 両手を胸の高さで合わせ2回拍手する
    5. お祈り・お願いなどをする
    6. 大きく1度お辞儀(一礼)する
    7. 軽くお辞儀をして下がる

    ※お賽銭をお賽銭箱に入れる際は、
    放り投げるようにして入れるのではなく、
    お賽銭箱の中を硬貨が滑り込むように
    入れるのが正しい入れ方になります。

    イメージとしては神棚に供え物を
    お供えする時と同じ感覚ですね。

    ちなみに、お札をお賽銭に使用する場合は、
    白い封筒に入れ住所と名前を記載して
    お賽銭箱に入れるのが正しい作法です。

    また、鈴を鳴らす意味としては、
    邪気払いをするという意味と、
    神さまに参拝している事を知らせ
    お招きするためという意味があります。

    古来から鈴の音色には祓い清める
    と言い伝えられてきてますが、
    鈴は儀式や伝統的な舞でも使われていますね。

  • STEP.5
    御朱印をいただく

    神社を参拝した際は御朱印をいただくようにしたいものです。
    御朱印は参拝した証であったり、
    記念であったり、思い出にしたり、
    お守り代わりにしたりなど…
    楽しみ方は人それぞれですが、
    せっかく参拝したのですから
    御朱印はいただいて来ましょうね。

    【 メール便 送料無料 】 御朱印帳 カバー 付 蛇腹式 アコーディオン 40ページ 華紋唐草| ご朱印帳 朱印帳 納経帳 神社 お寺 寺 花柄 和紙 お宮参り ギフト プチギフト 誕生日 プレゼント 女友達 おしゃれ オシャレ お洒落 かわいい カワイイ 可愛い かっこいい カッコイイ

     

 

お賽銭はいくらが良いの?

 

「神社の参拝する時の作法は分かったけれど、
お賽銭っていくらにしたら良いの?」
こんな疑問が残っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、
ここからはお賽銭はいくらが良いのか?
ということについて
解説していきたいと思うのですが、

そもそも、
お賽銭は神さまからいただいた
幸福に感謝するためにお供えするもの
という意味のものなので、
自分がお賽銭に入れたいと思った
金額をお供えするのが良いそうです。

 

ただ、お賽銭の金額によっては
語呂合わせが良いと好まれるものと
そうでないものがあるので、
数字の語呂は気にした方が良いかもしれません。

例えば、語呂合わせとして良い数字は、

  • 5円玉 … ご縁がありますように
  • 50円玉 … 5重のご縁がありますように
  • 100円玉 … 100の縁がありますように
  • 1万円札 … 円満に過ごせますように

というものが有名ですね。

また、5円玉や50円玉のように
穴が空いている硬貨は、
先が見通せるので縁起が良いとされ
お賽銭には好まれます。

一方、

  • 10円玉 … 遠縁(ご縁を遠ざける)
  • 500円玉 … これ以上大きな数字の硬貨がないので、効果が無い

と、語呂が良くないため、
10円玉や500円玉をお賽銭に使うのは
あまり好まれていないようです。

 

まとめ

 

今回は、神社を参拝する時の作法や順番について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

初詣くらいでしか神社を参拝する
機会がなかった私だったので、
神社を参拝するたびに参拝の作法を
聞いたり調べ直してしたのですが、
これを機に覚えられたので、
これからはスムーズに参拝できそうです(笑)

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください