排気がきれいな掃除機のたった1つの共通点!アレルギー対策するなら

ダニアレルギーのようなアレルギーがある場合、
掃除機の排気のきれいさを気にされるかと思うんですが…

実際、掃除機を選ぶとなると
どの掃除機を選んだら安心なのか
イマイチよく分からないと
いうふうに迷ってしまいがちですが、

排気のきれいさをとにかく重視する!
という場合は掃除機のある部分を
注意して見るようにすると、
比較的簡単に排気がきれいな掃除機に
出会う事ができるようになるので、

今回は、排気がきれいな掃除機を
探す時に知っておくと役立つポイントについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

排気がきれいな掃除機のたった1つの共通点!

 

掃除機には「紙パック式」と
「サイクロン式」の2種類があり、
最近は吸引力が変わらない
サイクロン式の掃除機が人気ですよね?

紙パック式の掃除機もサイクロン式の掃除機も、
上位機種になればなるほど排気がきれいになるので、
「紙パック式を選んだら排気が絶対にきれい」
というわけではないんですね(^o^;)

なので、排気のきれいさだけでいえば、
紙パック式でもサイクロン式でも
排気がきれいな掃除機はあるのですが、

サイクロン式の掃除機の場合は、
ゴミが舞い上がってしまうので、
ゴミ捨てを行う時にほこりを吸い込んでしまいやすいので、
アレルギーを気にされる方であれば、
ゴミに触れる事無くゴミ捨てができる
紙パック式の掃除機の方が安心でしょう。

で、紙パック式の掃除機で排気がきれいな機種の
共通点となるのが、HEPAフィルター・ULPAフィルターが
採用されているということになります。

なので、紙パック式の掃除機の中で
HEPAフィルター、もしくはULPAフィルターが
使われているものを選ぶようにすれば、
排気のきれいさはまず間違いないのですが、

掃除機の値段が安いにも関わらず、
HEPAフィルターやULPAフィルターが
採用されている掃除機ですと、
フィルター以外の部分に隙間があって
そこからハウスダストが漏れ出してしまう
という可能性もあるので注意が必要です。

 

ちなみに、サイクロン式の掃除機で
排気がきれいなのがダイソンの掃除機です。
強力な吸引力がずっと続くので、
たくさんのハウスダストを除去することができるので、
吸引力にこだわる場合は検討してみると良いかもしれません^^

・Dyson(ダイソン)|HP

ですが、サイクロン式の掃除機は
ゴミ捨てを行う時にほこりと接触しやすいので、
この点が許容出来ない場合は、
紙パック式の掃除機を選ぶようにしましょう。

 

アレルギー対策するなら紙パック式の掃除機がおすすめ

 

ここまでは、
排気がきれいな掃除機を選ぶ時は
どんな点を注意すれば良いのか?
ということについてご紹介しました。

まとめると、

紙パック式もサイクロン式も
排気がきれいなものはあるが、
サイクロン式の掃除機はゴミ捨ての時に
ほこりに触れてしまう可能性が高いので、
アレルギーなどを持っている場合は、
紙パック式の掃除機を選んだ方が良いということでした。

また、紙パック式の掃除機でも
HEPAフィルターやULPAフィルターが
採用された機種を選ぶようにするということでしたね。

で、この条件を満たす掃除機には
どのようなものがあるのか?
ということについて参考までにご紹介しておくと、
「エルゴスリー」という機種があります。

エルゴスリーは集塵力が優れているだけでなく
窓を閉めたままでも掃除機がけが可能なレベルで排気がきれいで、
さらにゴミ捨て時のハウスダストの舞い上がりを
防いでくれるのでアレルギー対策の掃除機としては
申し分ない性能を持っているといえます。

また、運転音も独自の特許技術によって
人のささやき声ほどという高い静音性も魅力で、
静音性が高い掃除機を求める人からの
支持も高い掃除機になるので、
もしよかったら参考にしてみてください。

【パワーブラシ搭載】 エルゴスリー オート

 

まとめ

 

今回は、排気がきれいな掃除機は
どんな掃除機なのか?ということについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

アレルギー症状がそこまで気にならなければ、
サイクロン式でも紙パック式でも
排気がきれいなものを使用して問題ありませんが、
ほこりに絶対触れたくないという場合は、
紙パック式の掃除機を使用した方が無難です。

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください