ガムを入れたまま洗濯したら洗濯機についた!簡単なガムの取り方!

ガムがいつの間にかくっついていた…
という事ってありませんか?

先日、洗濯機を回し終わってみたら、
服にガムがくっついてしまっていたようで、
洗濯物や洗濯槽がガムだらけに
なってしまっているという事がありました(^_^;)

手でガムを剥がそうとしたのですが、
ベチャっとこびりついてしまっていて
手でガムを取り切るのは難しそうだったので、

ガムを簡単に取る方法について調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、

今回は、ガムを入れたまま洗濯して
洗濯物や洗濯機がガムだらけになってしまった時、
簡単にガムを取る方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

ガムを入れたまま洗濯したら洗濯機についた!簡単なガムの取り方!

 

  • ガムをポケットに入れたまま洗濯してしまった
  • ガムが服にくっついたまま洗濯してしまった

このように、

ガムの存在に気が付かないまま
洗濯機でガムを一緒に洗濯してしまうと、
洗濯物や洗濯槽にガムだらけになって
後始末に困ってしまう事になってしまいますが、

このようにくっついてしまった厄介なガムを
取り除きたい場合一体どうしたら
簡単にくっついたガムを取ることができるのでしょうか?

それでは、
くっついたガムを簡単にきれいに取れる方法について
次に4つご紹介していきたいと思います。

 

取り方1・コールドスプレーで取る

 

ガムの簡単な取り方の1つ目は、
ガムをコールドスプレーで冷やして取る
という方法になります。

くっついてしまったガムは
ベタベタしていてそのままでは取りづらいですし、
完全に取れなかったりしますが、

ガムをコールドスプレーで冷却すると、
ベタベタだったガムが固まって、
ボロっと取れるようになります。

なので、コールドスプレーがある場合は、
ぜひガムに吹きかけて固めてから
ガムを取るようにしてみてください。

 

取り方2・ガムを氷や保冷剤で冷やして取る

 

もし、コールドスプレーがない場合は、
「氷」や「保冷剤」を使って
ガムを冷やして取るのも有効です。

おそらく「氷」や「保冷剤」でしたら、
ほとんどのご家庭にあると思いますので、
コールドスプレーがない場合は
代用していただければと思います。

ただ、氷を使用する場合は溶けてしまいますので、
保冷剤があるのであれば保冷剤を使った方が
水がだらだらしたたらない分、
ガムが取りやすいですね。

 

取り方3・油で溶かして取る

 

ガムを簡単に取る方法の3つ目は…
サラダ油やオリーブオイルでガムを溶かして取る
という取り方になります。

ガムは普通に噛んでいるままだと
口から吐き出したり飲み込まない限り
ずっと口の中に残り続けますが、
チョコレートと一緒にガムを食べると
不思議とガムが口の中で溶けて
なくなっていってしまう…
という豆知識を耳にしたことがある方も
多いのではないでしょうか?

では、なぜ、ガムをチョコレートと
一緒に食べると溶けてなくなってしまうのか?
そのメカニズムについて解説すると、

チョコレートに含まれている油分によって
ガムの基礎剤が溶かされてしまうため、
ガムが口の中で溶けてしまったということになります。

つまり、ガムは油によって溶ける性質があるので、
サラダ油やオリーブオイルなど油を
ガムに染み込ませるように塗っていくと、
ガムが溶けて簡単に取ることができるのです。

 

■方法4・クリーニングに出して取る

 

ガムを簡単に取る方法の4つ目は、
クリーニングに出してガムを取ってもらう
という方法になります。

服にガムがついてしまった場合で、
しかもその服がデリケートな素材だった場合は、
ガムを自分で取ろうとしてしまったばかりに
繊維を傷めてしまう場合があるので、
クリーニングに出して専用の溶剤を使って
ガムを取ってもらうようにした方が安全でしょう。

 

まとめ

 

今回は、
ガムが服や洗濯機についてしまった時の
簡単なガムの取り方についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

ガムや冷やすと固くなって取りやすくなり、
また油で溶けるという性質があるので、
この2つの性質をうまく利用すると
ガムを簡単に取ることができますよ!

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください