長期間エアコンを使わないと壊れるリスクがアップ!長持ちさせる方法

我が家では夏場の暑い時期だけ
エアコンを使って冬場は灯油ストーブを使う

というように使い分けをしているんですが…

冬場にエアコンを使わないとなると、
長期間エアコンが動かされない形になり、
その間に壊れてしまうなんて
可能性があるんじゃないか
と思うようになりました(^_^;)

しばらくつかわないものって
使おうとした時に壊れてしまっている…

ということがあったりしますからね~

まして、それがエアコンが
暑い時期に壊れてしまうと
かなり厳しい感じなので…

長期間エアコンを使わないと壊れるのかどうか
ということなどについて調べてみたんですが、

私と同じようにこの事について
気になっている方も多いようだったので、

今回は、エアコンは長期間使わないと
壊れるリスクが高くなるのかどうか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



長期間エアコンを使わないと壊れるリスクが高くなります

我が家のように長期間エアコンを使わない
状態が出来るような使い方をしている場合は、

使わない期間の間に壊れてしまう可能性が
あるのではないかと不安になってしまうかもしれませんが、

その不安は間違いではないようです。

というのも、

回転部品があるエアコンのような家電は、
長期間使用しない状態になってしまっていると
不具合が発生してしまいやすくなるからなんです。

例えば、

エアコンの回転部分にはモーターがありますが、

モーターに使われている
オイルレスメタル(潤滑剤が含まれた金属)は
作動させた時の熱によって
しみ込んでいた潤滑剤が出てくるので、

長期間使わないでいると、
オイルレスメタルから潤滑剤が出づらくなり
モーターに余計な負担をかけてしまう原因になって
不具合が起こってしまう可能性があります。

また、

エアコン以外の家電製品にも言えることですが、
家電製品に使われているコンデンサーなどの電子部品は
通電させないと劣化が早まってしまいます。

なので、長期間エアコンを使わないでしまうと、
故障するリスクが高まってしまう可能性があるので、
定期的に運転させるようにすることが
故障予防になるということなんですね。

エアコンを長持ちさせるために定期的な運転を心がけましょう

というわけで、

エアコンは長期間使わないでいると
故障してしまうリスクがアップしてしまう
ということは先程お話した通りなんですが…

裏を返せば、
定期的にエアコンを動かすようにすれば
故障のリスクを下げることができる
ということになります。

なので、長期間エアコンを使わない時も
定期的にエアコンを動かすようにすると、
故障の予防をすることができるのですが、
大体3ヶ月に1回程度の頻度で動かすようにすると
良いと言われているようです。

例えば半年エアコンを使わない期間があるとすれば…
期間中2回エアコンを運転させるようにするという感じです。

また、エアコンを動かす場合は、
30分程度運転させればOKなので、
スイッチを入れてエアコンのOFFタイマーを
30分に設定して動かすようにすると良いですよ^^

まとめ

今回はエアコンを長期間使わないと
壊れるリスクが高くなってしまう
可能性はあるのかどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

エアコンを長持ちさせるためには
こまめにフィルターを掃除したり
定期的にエアコンクリーニングを
行う事も大切なんですが、

エアコンを長期間使わない場合は
3ヶ月に1回程度試運転をすることで
エアコンへの負荷を減らすことができ
故障するリスクを下げることができるようです。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(*^_^*)


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. バナナ より:

    オイルレスメタルなのに潤滑油が含まれてるの?