エアコンの入タイマーや切タイマーを使用すると電気代が上がる?

最近のエアコンは下位の機種でも
入タイマーと切タイマーの
同時設定が可能になっている
場合が多いみたいですね^^

一昔前のエアコンの下位機種は
入タイマーか切タイマーのどちらか
1つしか設定することができなかったので
不便さを感じる事もありましたが…

そういったわずらわしさから
解放されるというのは
ユーザーからすると
とてもうれしいことですね(笑)

で、話は変わるんですが、

エアコンの入タイマーや切タイマーを
使うと電気代はどれくらいかかるのか?

ということについて
ふと気になって調べてみたんですが…

このエアコンのタイマーを使うと
どれくらい電気代がかかるのか?

ということについて
気になっている人も
割りといるみたいでした^^

なので、今回はエアコンのタイマーを使うと
どれくらい電気代が変わってくるのか?
ということについてご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



エアコンの入タイマーと切タイマーを使うと電気代は変わる?

エアコンの入タイマーと切タイマーを
活用して自分の生活リズムに合わせて
エアコンのON・OFFを自動で
切り替えているという方も多いと思いますが…

そんなエアコンの入タイマーと
切タイマーを使用すると
電気代はどれくらいかかるのでしょうか?

これについて気になっている方も多いみたいなんですが、

結論から言ってしまうと、

エアコンの入タイマーと切タイマーを
使用したからといって
ほとんど電気代は変わりません^^

といっても…

入タイマーや切タイマーを設定すると
本当に僅かに待機電力が増えるんですが、
だからといってそこまで
電気代に影響があるかというと
1ヶ月で数円程度の違いなので
ほとんど電気代には影響がないといって
差し支えありませんね。

エアコンのタイマーを使って賢く節電する方法

というわけで、

エアコンの入タイマーや切タイマーを
設定した事によっては
ほとんど電気代が変わらないんですが、

寝ている時にエアコンが切れるように
切タイマーを使って設定して
朝起きる少し前に入タイマーで
エアコンが運転を始めるように
設定しておくと電気代を節約することができますし、

寝ている時に部屋の空気が乾燥しづらくなり
エアコンで喉がいたくなって朝起きる
ということを軽減することができるかと思います。

まとめ

エアコンのタイマー機能は
おそらくどの機種にも搭載されている
機能になるかと思いますが、
賢く使うことでより快適に
無駄なくエアコンを使うことが
できるようになります^^

なので、

ぜひ今回ご紹介した事を参考にして
エアコンのタイマー機能を
有効活用してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする