送風ボタンがないエアコンで送風する方法!カビ予防に効果的な送風のやり方

エアコンを使い終わった後は、
エアコンの内部が結露しているため、
送風運転をして乾燥させるようにしないと
カビが発生しやすくなってしまいます。

なので、私はエアコンを使い終わったら
送風モードでしばらく運転させ内部に
湿気などが残らないようにしていたんですが、

新しくエアコンを買い替えたところ、
送風機能がないエアコンだったんです(^_^;)

リモコンを見てみると、
どこにも「送風」というボタンがなかったので、
半ば「送風は無理なのかしら…」と
諦めかけていた私だったんですが、

実は、リモコンに送風ボタンがなくても、
エアコンを送風運転状態にさせる方法があったんですね^^

で、もしかしたら、
私と同じ疑問を持っている方も
いらっしゃるかもしれないので、

今回は送風ボタンがないエアコンを
送風運転させる方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



送風ボタンがないエアコンで送風運転させるやり方

エアコンのリモコンには送風ボタンが
ついているものだとばかり思っていた私は、

「まさか送風ボタンがないエアコンがあるなんて…」
とちょっとビックリしたのですが、

送風ボタンがなかったとしても、
簡単にエアコンを送風運転させられる方法が
あったので早速ご紹介したいと思うんですが、

送風ボタンがないエアコンを送風状態にするには、
エアコンの温度設定を変更すれば
送風運転に切り替えることができるんです。

例えば、「冷房・22℃」の設定で
エアコン運転させていたとして、
送風運転をさせたいと思った場合は、

冷房のまま設定温度だけを
28℃くらいに上げるようにすると、
冷気が出てこなくなり風だけが出てくる状態…
つまり「送風運転」にすることができますし、

暖房運転をしていた場合は逆に、
暖房のまま温度設定を下げれば、
送風運転状態にすることができる
ということになります。

カビ予防に効果的な送風運転のやり方

ここまでは、
送風ボタンがないエアコンで
送風運転をさせる方法について
ご紹介したんですが、

ここからは、
カビ予防に効果的なエアコンの
送風運転のやり方について
ご紹介していきたいと思います。

エアコンを使い終わった後、
エアコンを送風状態にしたら、
最大風量で1時間ほど送風運転をさせるようにすると、
エアコン内部をしっかり乾燥させる事ができるので、

カビ予防のために送風運転をさせる場合は、
「最大風量で1時間送風運転させる」
ようにしてみてください。

また、そもそもエアコン内部の
結露水を減らすための対策として、
除湿機を動かして部屋の湿度を下げるようにするのも、
エアコンのカビ予防には効果的です。

部屋の湿度が高くなってしまっていると、
エアコン内部の結露水ができやすくなるだけでなく、
蒸発しにくくなってしまうので、

室内の湿度が高くなり過ぎないようにするのも
エアコンのカビ予防につながります。

まとめ

今回は送風ボタンがないエアコンで送風運転させるやり方や
送風運転を使ってエアコンのカビ予防を行うコツについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

もし、送風ボタンがない
エアコンを使っているという場合は、
今回ご紹介したように温度設定を行うと
送風運転状態にすることができますよ^^

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです!


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする