エアコンは大きい程電気代が安くなるの?適切な大きさの決め方とは?

この間エアコンを選びに家電量販店に
行った時のことなんですが、
エアコンを担当している方が
「エアコンは部屋の広さよりも少し大きいと
電気代が安くなりますよ」的な
事を言っていたんですが
エアコンの大きさ(畳数)が大きくなればなるほど
エアコンの本体価格が高くなってしまいますし、
大きい分余計な電気代がかかってしまうような気がしました。

そこで、エアコンは大きいほど電気代が安くなるのか
ということについて調べてみました。
また自分がエアコン選びをした経験を踏まえて
エアコンの適切な大きさの決め方についても
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


エアコンは大きい程電気代が安くなるは本当か?

私が探していたエアコンは木造の8畳のものだったんですが、
家電量販店のエアコンを担当している人がいうには
「10畳や12畳のように少し大きめのエアコンにした方が
余裕を持った運転ができるので電気代が安くなるので
そうした方が良いかもしれない。」
ということでした。

では、どうして大きなエアコン程電気代に有利になるのかということなんですが、
エアコンは運転を開始した瞬間から部屋が設定温度になるまでは
最大能力で運転をしていくのですが、
部屋の温度が設定温度に近づいてくると、
最大能力での運転ではなく中間くらいの能力で
運転するようになります。

つまり、エアコンをつけた瞬間は飛行機が離陸するために
助走して勢いをつけている状態なので
エネルギーをたくさん使う必要があるのに対し
部屋の温度が設定温度に近づいた状態は
飛行機が離陸して飛んでいるという状態なので
そこまでエネルギーを消費しなくても良くなるというわけなんです。

で、大きなエアコンは小さなエアコンよりも
エネルギーをあまり消費しなくても
部屋の温度を維持することができるため
小さなエアコンよりも電気代が下がる傾向がある
のだそうです。

畳数が違うエアコンを比較する際に気をつけたい事

ちなみに、畳数が違うエアコンの消費電力や年間電気代は
その数字のまま比較することはできないので注意が必要です。

例えば8畳用のエアコンに表記されている
消費電力や年間電気代は
あくまでも8畳の部屋で運転した場合のもので、
12畳用エアコンは12畳の部屋で運転した場合の
数字が記載されているので、
12畳用のエアコンを8畳の部屋で
運転した場合は書かれてある数字よりも
年間電気代が下がる事になるでしょう。

エアコンの適切な大きさの決め方とは?

ということで、エアコンは大きさが大きくなるほど
電気代には有利になるということなんですが、
最終的に私は部屋と同じ畳数である8畳用のエアコンを選びました。

確かに、大きいなエアコンであれば
電気代に有利になったり、
部屋をより速く冷やせたり暖めたり
というメリットもあるのですが、
今のエアコンは省エネ性能がかなり上がってきているので
そこまで大きな違いが実感できそうになかったこと、
それからエアコンはいずれ壊れて買い換えなければ
ならなくなってしまうということから
購入時のコストを最も抑えられる
部屋と同じ畳数のエアコンに決めました。

もちろん、エアコンの適切な大きさを決めるのは
簡単なことではありませんが、
私は一回り大きなエアコンにしなくても
十分満足することができています。

まとめ

今回はエアコンは大きいほど
電気代が安くなるのかということや、
適切な大きさの決め方についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

エアコンは取り付けてからも電気代という
ランニングコストがかかってくるので
エアコンを選ぶ時は本体の機能価格や工事費だけでなく
省エネ性能にも注目するように鳴ると思います。

エアコンを取り付けたい部屋の広さよりも
大きな畳数のエアコンを選べばその分
いろいろなメリットが得られますが、
もし、大きい畳数のエアコンを買うとなると
その分購入時の費用も大きくなってしまうので、
差額をどれくらいの期間で回収することができるのか
ということは一度シュミレーションした方が良いかもしれません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする