エアコンのルーバーが閉まらない原因とは?修理にかかる料金の目安!

エアコンの風向きを調整しようと
リモコンを使って「上下風向」ボタンを
押してみたのですが…

ルーバーが動かなくなってしまい、
エアコンの電源を落としてみても
閉まらず開いたままの状態になってしまいました(^_^;)

で、ルーバーが閉まらない場合には
どの部分が故障してしまっているのかや
ルーバーの修理をした場合には
どれくらいの料金がかかるのか

ということなどについて調べてみたのですが、

私と同じようにエアコンのルーバーが
閉まらなくなって困っている方も
少なくないようだったので、

今回はエアコンのルーバーが閉まらない原因や
修理にかかる料金の目安について
シェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


エアコンのルーバーが閉まらない原因とは?

というわけで、

ルーバーが閉まらなくなってしまった
我が家のエアコンだったんですが…

ルーバーが動かなくなってしまった場合は

ずばり…

ルーバーの軸部分が壊れている事が原因のようです^^

ルーバーは左右どちらかに軸と
つながっている部分で
上下に動くことができるように
なっているのですが、

ルーバーの軸部分にひびが入ったりして
軸が空回りしてしまうようになると…

ルーバーが閉まらなくなってしまいます。

というわけで、

早速我が家のエアコンのルーバーの
軸部分も確認してみたのですが、
見事にルーバーの軸部分にひびが入っておりました。

で、

ルーバーの軸部分が壊れてしまった場合には
ルーバー自体を交換する必要があるんですが、

そのルーバーの交換には
どれくらいの修理費用がかかるのでしょうか?

エアコンのルーバーの修理にかかる料金の目安とは?

エアコンのルーバーが壊れてしまった場合は
ルーバー自体の交換が必要になるんですが…

そのエアコンのルーバーの修理を依頼した場合
どれくらいの料金がかかってくるのでしょうか?

私は、何かを修理する前は
大体の修理費用の相場を知っておかないと
落ち着かない方なので
ちょっと調べてみたのですが、

エアコンのルーバーの修理を依頼すると
大体1~2万円の料金が請求されるようです。

ちなみに、この料金の内訳は
「技術料+部品代+出張料」となります。

技術料や部品代は変わらないのですが、
お住いの地域が遠隔地になればなるほど
出張料の方が増えてしまうということになるので、
修理の料金も増えてしまうということになります。

逆に、都市部などにお住まいであれば
出張料は比較的安くなるので
料金も抑えられるという感じになるかと思います^^

ちなみに…

ルーバーを取り寄せることができれば
自分で壊れたルーバーを取り外し
新しいルーバーを取り付けるということもできるそうです。

このように新しいルーバーだけを
取り寄せた場合は大体2,000円くらいで
新しいルーバーが手に入るようです^^

ただ、ルーバーの取り外しと取り付けを
自分でしなければならないので
機械類をいじるのが得意な方限定の
やり方となるかもしれませんね(ノ´∀`*)

まとめ

というわけで、

今回はエアコンのルーバーが
閉まらない場合の原因や
修理した場合にかかる料金の
目安についてご紹介しました。

修理を依頼すると結構いいお値段を
取られてしまうのですが、
直さなないとエアコンがちゃんと
使えない状態になってしまうので
ルーバーが動かなくなってしまった場合は
ちゃんと修理しておかないといけませんね(^_^;)

この記事が何かの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする