エアコンの配管を再利用したいと思った時に知っておきたいポイント!

この間これまで使っていた
エアコンが故障して
新しいエアコンに買い換えなければ
ならなくなってしまったのですが、

エアコンの買い替えは結構費用がかかるので…

できるだけ費用を抑えるようにしたい!

と思い、
いろいろとエアコンの費用を抑える
テクニックについて調べていたのですが…

そこで、エアコンの配管を再利用すれば
材料費がかからなくて済むから
費用が抑えられるという話があったのですが、
エアコンの配管を再利用する場合は
いくつか気をつけなければならないそうだったので、

今回はエアコンの配管を再利用する場合に
知っておきたいポイントを
備忘録として書いていきたいと思います^^

エアコンの配管を再利用したいと思った時に知っておきたいポイント

エアコンの配管を再利用したい場合には
次のような最低条件をクリアする必要があります。

  • 配管の厚さが0.8ミリ以上あること
  • 配管に亀裂や凹みなどの劣化が生じていないこと

ということで、
これまで使われていた配管の厚さが
0.8ミリ以上あることと
配管に劣化が生じていない事が
エアコンの配管を再利用できるかできないか
ということに大きく影響してきます。

また、エアコンの配管内がひどく汚れてしまっている場合は
配管内を洗浄しなければならなくなります。

いずれにしても、
エアコンの配管を再利用できるかどうか…

ということは
エアコンの工事業者の人に
見てもらわなければ
なんともいえない部分があるので、

エアコンの配管を再利用したい

という場合は、

一度上記のような条件をクリアできそうかどうか?
ということをチェックしてみて、
クリアできそうな感じがした場合のみ
エアコンの配管が再利用できるかどうか
業者の人に確認してもらうというようにした方が良いでしょう。

エアコンの配管の再利用は慎重になった方が無難です

ここまでは、

エアコンの配管を再利用できるかどうかの
チェックポイントについてご紹介しました。

配管の再利用できる基準をクリアしていれば
そのまま配管を再利用してエアコンを
付け替えるという風にしても良いのですが、

それでも配管は時間とともに劣化してしまいますし、
古いエアコンと新しいエアコンでは
使われている冷媒が異なっていたりして
配管を再利用することでエアコンの機能が低下したり、
エアコンの故障につながってしまう
という可能性もなくはないので

エアコンを新しくする場合は
基本的には配管も一式新しく交換する
という風にした方が無難なようです^^

もちろん、

しっかり基準をクリアした配管であれば
そのまま再利用することもできるので
後はご自身での判断ということになるのですが…

一応…

エアコンの配管の再利用には
多少のリスクもある
ということは知っておいた方が良いかと思います(^^)/

まとめ

ということで、

今回は、
エアコンの配管を再利用したいと思った時に
知っておきたいポイントについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

エアコンは本体価格以外に取り外しや取り付けのための
工事費も必要となってきてしまうので、
費用をいくらでも抑えられるように
したいところではありますが、
配管の再利用についてはよくよく確認して
再利用するかしないかを検討した方が無難なようですが…

エアコンの配管を再利用したいという場合は
一度業者の人に見てもらって
いろいろとアドバイスをもらうようにすると
判断を間違うリスクを減らす事ができると思います^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする