エアコン電源は延長コード使用禁止?専用コンセントにする理由とは?

以前エアコンを取り付けたいと思って
家電量販店に行っていろいろと質問した時のことなんですが、
エアコンを取り付けるためには
エアコン専用コンセントがなければ
取り付けることができず、
もし、専用コンセントがない場合は
工事をしなければならないと説明されました。

その時にふと思ったのは
専用コンセント工事をしなくても
延長コードで対応することができるのではないか
ということだったんですが、
実はエアコンに延長コードを使用する行為は
エアコンメーカーが禁止しているんだそうですね。

一体なぜエアコンの電源を延長コードを使用して
取るのがNGとされているのでしょうか?

スポンサーリンク




スポンサーリンク


エアコン電源は延長コード使用禁止?エアコン電源に専用コンセントが必要な理由

私は持ち家に住んでいたのですが
エアコンがなく暑い夏を扇風機で乗り切っていたのですが、
そろそろエアコンを付けないとと思い、
家電量販店でいろいろと説明を受けていたのですが、
エアコンは取り付けるためには
普通のコンセントではなくエアコン専用のコンセントが
なければならないという説明がありました。

当然これまでエアコンがなかった我が家ですから
エアコン専用コンセントなんてものはなかったので
エアコン専用コンセントの工事を
しなければならないと説明されたのですが、
その工事にかかる費用は2万円~3万円と言われました。

そこで、延長コードなどを使ってエアコンの
電源を取る事はできないのかと尋ねてみたのですが、
エアコンメーカーは延長コードの使用や
専用コンセント以外から電源を取る事を禁止しているのだそうです。
(法律では延長コードなどの使用は禁止されていないようですが、
エアコンメーカーは安全のために自主的に禁止としているんだそうです)

ではなぜ、エアコンメーカー専用コンセントが
必ずないといけないとしているのかというと、
そうしないと事故が起こるリスクが高まってしまうからなんですね。

例えば一般的な家庭にあるコンセントというのは
100V15Aの電源のコンセントになりますが、
大抵は1個口ではなく2個口になっていたりします。
この場合1個のコンセント口で100V15Aすべて使う
事ができるという意味ではなく
2個で最大100V15A、つまり1500Wまで使用できるということになるのですが、
エアコンは消費電力が大きいのでこのように
一般的な電源コンセントを使用してしまうと
電力オーバーが起こってしまう原因となり
事故が起こってしまう可能性があるので
エアコンメーカーは専用コンセントから電源を
取得するようにとしているのだそうです。

また、延長コードにも最大許容電力というものがありますが、
それも延長コードによって異なっていますし、
エアコンのような消費電力が大きい電気製品に
延長コードを使用して、
他の電気製品をつないでしまったりすれば、
電力オーバーしてしまう可能性があるので
火災などの事故につながる可能性があり危険です。

なので、エアコンは専用コンセントから電源を取り、
延長コードを使用しないで使うのが
最も安全であるということなんです。

エアコン専用コンセントを設置するのは事故を予防するため

エアコンを新たに設置するとなると
いろいろと工事が必要になってくる場合がありますが、
中でも専用コンセントがあるかないか
ということはエアコンを設置する上で
工事のトータル費用を大きく左右するポイントとなります。

エアコンにかかる設置費用を少しでも節約したい
と思われる方は少なくないかと思いますが、
エアコンの専用コンセント工事をしないのであれば
エアコンの設置はすることができないと
業者から断られてしまうので注意が必要です。

逆にこのような専用コンセント工事をしないで
取り付けを進めていくような場合には
手抜き工事を行う業者である可能性があるので
注意された方が良いかと思います。

エアコンを設置するとなると、
エアコンの本体代金以外に
エアコンを設置するためにかかる工事代金が
加わってくることになりますが、
エアコンの取付工事は安全のために
必要であるものばかりなので
エアコンの機種選びよりも重要な
ポイントになってくるかもしれません。

まとめ

今回はエアコンの電源を専用コンセントにする理由や
延長コードなどを使用するのが禁止なのかどうか
ということについてご紹介しました。

ようやく我が家にもエアコンがやってきましたが、
暑い夏を涼しい部屋で過ごせるので良かったと思います。

工事費用などは結構かかってしまったのですが、
安全にエアコンを使用するためには
必要になってくるものばかりですので、
エアコンの工事は信頼できる業者に依頼して
多少費用がかかったとしても確実にやってもらう方が良いと思いました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする