エアコンに10年の延長保証をつける必要性とは?壊れる時期を予測して

これまで我が家にはエアコンがなく
夏の暑さを扇風機でしのいでいたのですが、
さすがに限界を感じたので、
今年の夏を無事に過ごせるように
先日エアコンを購入してきたのですが、
その時に「延長保証には入られますか?」
という質問をされて入ろうかどうしようか
迷ってしまったんですね。

確かにエアコンは安い買い物ではないので
延長保証をつけて10年間の故障に
備えるというのは賢いような気もしますが、
もし、故障しなかった場合は
保証の意味がなくなってしまいますよね。

果たしてエアコンには10年の延長保証を
つけた方が良いのでしょうか?
それともつけなくても良いのでしょうか?

エアコンに延長保証をつけるかどうかの判断基準はエアコンが壊れやすい時期

エアコンに延長保証をつけるかどうか…

この質問があった時に
「入った方が絶対に安心だよ」で
片付けてしまえば簡単な話だと思うのですが、
延長保証に入るとエアコンの本体代金と工事費以外に
保証費が必要になってくるので
トータルの出費が増えることになってしまいますし、
もし延長保証に入ってエアコンが無事
10年間稼働してしまった場合には
延長保証に入った意味がなくなってしまいます。

ですから、エアコンに延長保証をつけた方が得か
それともつけない方が得になるのか
ということを考えるために
私が選んだ判断基準はエアコンが壊れやすい時期です。

エアコンが故障を起こしやすい時期というのはある程度決まっているようで、
まずは購入したての時期、
そして6年目以降ということになるのですが、
7年目、8年目、9年目・・・と年数が増えるごとに
さらに故障のリスクは高まってくるのだとか(^_^;)

ということはエアコンに10年の延長保証を付ける必要性は
かなりありそうだということになりますよね!

ちなみに、私がエアコンを購入した家電量販店では
もともと5年保証まではついていたので
初期不良に対応してもらうことはできるので
その点は心配がなかったのですが、
やはりエアコンは6年目以降から徐々に故障しやすくなってくる
ということを考えると5年保証というのは
ちょうど故障しにくい時期にかぶってくる
保証期間なのでいざというときに
保証期間が終わってしまっている
なんてことになってしまう可能性もあるということなんですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


エアコンに10年の延長保証をつける必要性とは?

ということで、エアコンに10年保証をつける必要性が
あるのかないのかといわれれば
私は延長保証をつける必要性はおおいにあるのではないかと思いました。

もちろん、購入時についている保証で
初期不良だけ対応してもらって、
あとは何年か後に故障した時には
買い換えるという方は
わざわざ10年の延長保証に入る必要性はないと思いますが、
そうではなくできるだけ長く安心して
エアコンを使っていきたいと考える場合には
10年の延長保証に入っていなければ、
年数を追うごとに高まる故障のリスクに
怯えながらエアコンを使用しなければならなくなるので
延長保証に入っていた方が良いと思います。

まとめ

今回はエアコンに10年の延長保証をつける
必要性はあるのかということについてご紹介しました。

きっとエアコンを買う時には
「延長保証はどうされますか?」と
聞かれることと思いますが、
そんなときには今回ご紹介した判断基準などを参考にして
自分は延長保証をつけた方がお得なのか
それとも損なのかということを割り出して
延長保証をつけるつけないを決定してください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする