エアコンをつけるとブレーカーが落ちる!原因は何?漏電してるの?

以前古いエアコンを使っていた時に
エアコンの電源を入れるとすぐに
ブレーカーが落ちてしまう
ということがありました。

「一体どうして
エアコンの電源を入れると、
ブレーカーが落ちてしまうのかしら?」

と疑問に思った私は、

エアコンをつけるとブレーカーが
落ちる原因について調べてみたのですが、

すると、私と同じように、
エアコンをつけるとブレーカーが
落ちて困っている方も
少なくないようだったので、

今回はエアコンをつけると
ブレーカーが落ちてしまう場合に
考えられる原因について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



エアコンをつけるとブレーカーが落ちる!原因は何?

エアコンをつけるとブレーカーが
落ちてしまう場合には
どのような原因が考えられるのでしょうか?

■原因1・エアコンをつけたことでアンペア数をオーバーしてしまったから

エアコンは消費電力が大きいので、

エアコンをつけたことで、
契約しているアンペア数をオーバーして
ブレーカーが落ちてしまうことは少なくありません。

例えば、契約アンペア数が30Aのだったと仮定しすると、

リビングで照明をつけながらテレビを見ていて5A
キッチンで炊飯器などが動いていて10A
子供が部屋で暖房と照明を使って勉強していてい10A
の合計25Aをすでに使っていたとします。

この段階であれば、
消費アンペア数は25Aなので
ブレーカーが落ちる事はありませんが…

この状態でエアコンをつけてしまうと、
一気に10A~15Aがプラスされて
30Aを大きくオーバーしてしまうので
ブレーカーが落ちてしまう事になってしまうのです。

なので、エアコンをつけると
ブレーカーが落ちてしまう
という現象が起こる場合は、

電力の契約アンペアが何アンペアに
なっているのかを確認して、
そのアンペア数をオーバーしないように
電力を使うようにしなければなりません。

また、エアコンをつけるとどうしても
アンペア数がオーバーしてしまうという場合は、
契約アンペア数を上げた方が良いでしょう。

ちなみに、
エアコンのフィルターがほこりで詰まってしまうと、
消費電力が大きくなってしまう原因になりますので、
フィルターの掃除はできるだけこまめに行うと
エアコンの消費電力を抑える事につながります。

・エアコンのフィルターの掃除頻度の目安は◯週間に1回!

■原因2・エアコンの故障による漏電

契約アンペア数をオーバーしないように
エアコンを使っているにも関わらず、
エアコンをつけるとブレーカーが落ちてしまう
というような場合は、

エアコンが故障し
漏電が起きていることで、
漏電ブレーカーが落ちてしまっている
という可能性もあるようです。

なので、もしアンペア数をオーバーした
家電製品の使い方をしていないにも関わらず、
ブレーカーが落ちてしまうような場合には
一度業者の方を呼んで点検をしてもらった方が
良いかもしれません。

まとめ

ということで、

今回はエアコンをつけると
ブレーカーが落ちてしまう場合に
考えられる原因について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

単純にアンペア数のオーバーで
ブレーカーが落ちる場合は、
アンペア数がオーバーしないように
エアコンなどの家電製品を
使うようにすれば良いのですが、

エアコンが故障し、
漏電が起こり漏電ブレーカーが落ちて
しまっているというような場合は、
業者の方を呼んで点検してもらった
方が良いと思います。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする