ドライヤーがショートしてコードから火花が出る原因とは?

この間実家に帰った時、
昭和の香りがする
ドライヤーで髪を乾かしていた時、

急に、
コードから火花が出たんですΣ(´∀`;)

「危なっ!」

と、
すぐドライヤーの電源を切り
コンセントを抜いたので、
幸い何事も起こらなかったんですが、

ドライヤーがショートした原因が
よく分からなかったので…

少し気持ちが落ち着いたところで
ドライヤーがショートする
原因について調べてみました。

すると、

私と同じようにドライヤーが
ショートして怖い思いをしたことがある
という人も少なくないようだったので、

今回はドライヤーがショートして
コンセントから火花が出る原因や
対処法などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

スポンサーリンク



スポンサーリンク



ドライヤーがショートしてコンセントから火花が出る原因とは?

ドライヤーのコンセントがショートして
火花が出てしまった場合は、

どのようなことが起こっているのでしょうか?

まず、ざっくりと説明すると、

ドライヤーのコンセントが
ショートして火花が出た場合は、

コードの中の導線がねじれや負荷によって断線し、
導線同士が接触してしまっている状態だと考えられます。

そもそも、

ショートとはどういう状態なのでしょうか?

ショートとは…

何らかの原因で触れるはずのない電気回路同士が
(ドライヤーの場合はコンセントの中の導線同士)
接触してしまい異常な大電流が流れる事になります。

ドライヤーはコードを本体に巻き付けたり、
縛って片付けたりする事が多かったり、
使っているうちに引っ張られたりねじれたりするため。
コードに負担がかかりやすく
ショートが起こりやすいようです。

なので、普段からドライヤーのコードに
負荷をかけないように気をつけて
使っていくことが大切なのですね^^

ドライヤーがショートした時の対処法

さて、ドライヤーがショートしてしまったときは
どのように対処すれば良いのでしょうか?

まず…

ドライヤーがショートしていると思ったら、
すぐにドライヤーの電源をOFFにし、
コンセントを抜いてください。

そして、ショートしたドライヤーは
間違って誰かが使用してしまわないように
張り紙をしたりしてできるだけ早めに
処分するようにしてください。

また、ドライヤーのコンセントから
火花が出たり出火してしまったという場合は、
壁裏の電気ケーブルが劣化も懸念されますので、
一度業者の方に事情を説明し、
点検してもらった方が安心かと思います^^

・ドライヤーランキング【楽天市場】

ドライヤーのコンセントがショートするのを防止する予防法

ここまでは、
ドライヤーがショートする原因や
対処法についてご紹介しましたが、

ここからは、
ドライヤーがショートするのを防止する
予防法についてご紹介していきたいと思います。

先程もご紹介したとおり、
ドライヤーがショートを起こす原因は
電源コードの断線となりますので、

ドライヤーの電源コードへの
負荷を減らすように使うことが
ショートの予防になります。

例えば、

  • コードを本体にきつく巻き付けない
  • コードをきつく縛らない
  • コードを引っ張らないように使う
  • コードをねじらないように使う

というような事に気をつけると、
コードへの負荷を減らすことができ、
ショートの予防につながります^^

まとめ

今回は、
ドライヤーがショートする原因や
対処法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

ドライヤーがショートしてしまった場合は
新しいドライヤーに交換して
心機一転コードに負荷をかけないように
使用していくというようにするのが良さそうですね!

ということで、
この記事が何かの参考になれば嬉しいです(*´ω`*)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする