電子レンジにアルミホイルを入れると火花が出る理由!なぜ使えない?

先日、電子レンジにアルミホイルを
入れてチンしていたら、
庫内で火花らしきものが出ていたので
すぐ電子レンジを止めた…
ということがあったのですが、

「電子レンジにアルミホイルを入れてしまうと
どうして火花が出てしまうのかしら?」
と疑問に思った私は、

早速、この原因について調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電子レンジでアルミホイルを
使うと火花が出る理由や、
なぜアルミホイルは電子レンジで使えないのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

電子レンジにアルミホイルを入れると火花が出る理由とは?なぜ使えないの?

 

電子レンジにアルミホイルを入れて
チンしていたら庫内で火花が出てしまった…
という事があったりしますが、

一体なぜ、アルミホイルを電子レンジでチンすると
火花が散ってしまうのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
電子レンジから出るマイクロ波は金属に
吸収されず反射されてしまうため、
スパークが起こってしまうから
ということになります。

なので、そもそも電子レンジは
金属製のものを入れる事はできないのですが、
アルミホイルも当然金属なので、
電子レンジでは使用することができない
というわけだったんですね(^_^;)

ちなみに、
一部に金や銀の装飾がされている
食器も電子レンジで加熱することが
できないので注意してください。

 

また、このように金属を電子レンジでチンしてしまうと、
反射されたマイクロ波によって電子レンジが
故障してしまう可能性もあるので、
電子レンジではアルミホイルなどの金属製のものは
チンしないように気をつけましょう。

 

オーブンならアルミホイルは使える?

 

ということで、
電子レンジではアルミホイルなどの
金属製のものは使えないという事だったんですが、

ここからは、
オーブン機能ならアルミホイルを
使っても大丈夫なのかどうか?

ということについて、
気になっている方も少なくないようだったので、
この事についてご紹介していきたいと思います。

 

結論から言ってしまうと、
オーブン機能ならアルミホイルは
問題なく使う事ができる
ということになるんですが…

オーブンは電熱線の熱を利用して、
食材を加熱調理していくものになるので、
電子レンジのようにマイクロ波が
反射されたりする心配がないので、
アルミホイルを使う事ができる
というわけなんですね^^

ちなみに、アルミホイルの耐熱温度は
最低で300℃、最高で660℃となっているので、
大抵の場合問題なくオーブンで
使用することができるはずです。

まとめ

 

今回は、
アルミホイルを電子レンジでチンすると
火花が出る理由などについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

電子レンジでアルミホイルなどの
金属製のものをチンしてしまうと、
火花が散ってしまうだけでなく、
電子レンジが故障する原因にも
なってしまいますので注意しましょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください