電子レンジを使うとWiFiが切れるのは周波数の干渉かも!対策は?

「電子レンジを使うとWi-Fiの接続が
必ずといっていいほど切れるのですが、
これは一体どうしてなのでしょうか?

また、電子レンジを使ってもWi-Fiが
切れないようにする対策はあるのでしょうか?」

ということで、電子レンジを使うと
Wi-Fi接続が切れるという現象に
悩まされている方も少なくないようですが、
この現象の原因が気になりますよね。

ということで、今回は電子レンジを使うと
Wi-Fiが切れる原因や、
対策方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


電子レンジを使うとWi-Fiが切れるのは周波数の干渉かも!

電子レンジを使うとWi-Fiの接続が切れてしまう
という現象は少なくないようですが、
どうしてこのような現象が起こるのかというと、
電子レンジの周波数とWi-Fiの周波数が
同じ2.4GHzであるからです。

つまり、電子レンジから漏れ出す電波が
Wi-Fiの電波に干渉してしまうために
接続が切れてしまったり、
Wi-Fiの速度が低下してしまう
というような事が起こってしまうのです。

ちなみに、この2.4GHzの周波数が使われているものはとても多く
ワイヤレスマウス・キーボード、
コードレス電話機、アマチュア無線、Bluetoothなどがあり、
どうしても混雑してしまいやすいのですね。

ただ、2.4GHzのメリットとしては
障害物があったとしても電波が通りやすいということなんです。

このメリットが大きいために使われる事が多いのですが、
使われる事が多い分それぞれの電波によって
干渉が起こってしまう場合もあるというわけです。

電子レンジとWi-Fiの周波数が干渉する時の対策方法

さて、電子レンジとWi-Fiの周波数が干渉して
Wi-Fiの接続が切れてしまう場合には
どのような対策をすれば良いのでしょうか?

■ルーターか電子レンジの場所を変える

電子レンジとルーターの場所が近かったりと
電波が干渉しやすい状況にある場合は
ルーターと電子レンジの場所を変えることで
電波の干渉を防ぐことができる可能性があります。

■電子レンジの影響を受けないルーターを使用する

Wi-Fiのルーターのパッケージを見てみると
5GHz対応と書かれているものがありますが、
このように5GHzに対応したルーターであれば
電子レンジの周波数と違うため
電波の干渉を受けることはありません。

なので5GHzに対応しているルーターであれば
電子レンジによって電波が干渉されてしまう
ということは劇的に改善されます。

ただ、5GHzの周波数だと障害物に弱く
電波が届きにくい場合が多いということや
5GHzに対応していない子機もある
ということがデメリットとなりますので、
使用する前にはお使いの子機が
5GHzに対応しているかどうかを
確認してから使用するようにしましょう。

5GHz対応【BUFFALO】WXR-1750DHP

まとめ

今回は電子レンジを使うとWi-Fiが切れる
場合に考えられる原因とその対策方法についてご紹介しました。

電子レンジとWi-Fiの周波数が同じだったなんてと
初耳の方も多かったのではないかと思いますが、
同じ周波数の電波が飛んでいるとどうしても
干渉してしまうのでルーターの周波数を
5GHzに変更するといような対策が必要となってくる場合があるのですね。

もし、電子レンジを使うとWi-Fiが切れてしまう
という現象に悩まされている場合は
ぜひ今回ご紹介した対策を参考にされてみてください^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする