【電子レンジ】ターンテーブルなしのフラットテーブルの原理とは?

「引っ越しをするのですが、
電源の周波数が異なる地域に引っ越すので
電子レンジを買い換えようと思っているのですが、
ターンテーブル式の電子レンジと
フラットテーブル式の電子レンジの
どちらにするかで迷っています。

ターンテーブル式とフラットテーブル式は
温める際の原理が違っているのでしょうか?」

このように、電子レンジのターンテーブル式と
フラットテーブル式の原理の違いについて
気になっている方も少なくないようですね。

ということで、今回は電子レンジの
ターンテーブル式とフラットテーブル式の
違いについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


【電子レンジ】ターンテーブルなしのフラットテーブルの原理とは?

電子レンジには回転皿があるターンテーブル式と
ターンテーブルなしのフラットテーブル式がありますが、
この2つはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、ターンテーブル式の電子レンジの特徴は
本体価格が非常に安いということですが、
これは放射するマイクロ波が一定方向にしか出ない
作りになっているため。

マイクロ波が一定方向にしか出ないということは
当然マイクロ波が当たり続ける部分は温まりが良く
マイクロ波が来ない部分はなかなか温まらないという風になるので
ターンテーブルを回転させて温めムラを防いでいるわけなのです。

しかし、ターンテーブル式の場合は
ターンテーブルを回転させたとしても
温めムラが発生してしまう場合があり、
これは構造上やむおえない事なんですね。

一方でターンテーブルなしのフラットテーブル式の
電子レンジはコンビニでも使用されていますが、
フラットテーブル式の特徴は温めムラが
ほとんど起こらないということです。

・電子レンジで温めムラが起こる原因とは?温めムラをなくすには…

一体どうして、フラットテーブル式だと温めムラが
起こらないのかというと、
マイクロ波が一箇所に集中しないように
下の部分がマイクロ波を乱反射させるように作られており、
またマイクロ波を照射するアンテナ部分自体が
回転するようになっているため
庫内全体にマイクロ波が行き渡るようになっているのです。

また、フラットテーブル式だとターンテーブルがない分
手入れが楽というのもありますし、
ある程度大きさがあるものでもターンテーブルの大きさに
影響されず温めることができるというメリットもあります。

フラットテーブル電子レンジは温めムラがかなり起こりにくい

さて、ここまではターンテーブル式の電子レンジと
フラットテーブル式の電子レンジの原理の違いについて
ご紹介してきましたが、
今ではフラットテーブル式の電子レンジが
主流になりつつあるようです。

電子レンジというとターンテーブルが回転して
温めを行っているというイメージも強いかもしれませんが、
ターンテーブルがない方がしっかりと
全体的に温めることが出来る作りになっているんですね。

電子レンジフラットテーブルタイプ【アイリスオーヤマ】

また、値段的にもターンテーブル式と
フラットテーブル式自体でそこまで
大きな差はなくなってきているようです。

ちなみに、フラットテーブルタイプだと
スチーム機能がついているものがありますが、
これをつけると若干値段が高くなります(^_^;)
必要なければスチーム機能なしの
フラットテーブル電子レンジにすれば良いだけですけどね。

もし、これから電子レンジを買い換えるという場合は
ターンテーブル式ではなくフラットテーブル式にした方が
何かと使い勝手が良いかと思います^^

まとめ

今回はターンテーブル式の電子レンジと
ターンテーブルなしのフラットテーブル式の
電子レンジの原理の違いなどについてご紹介しました。

ターンテーブル式だとどうしても温めムラが
起こりやすいのがたまにきずだったのですが、
フラットテーブル式だと温めムラがほとんどなくなるので、
温めムラを警戒する必要がなくなるのは嬉しいですね^^

また、さっと拭くだけの簡単お手入れや
ターンテーブルの大きさに影響されず
食物を庫内に入れられるため
広く使えるというメリットもあり、
今後はフラットテーブル式の電子レンジが
さらに一般家庭にも普及していきそうですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする