【電子レンジ】ターンテーブルなしのフラットテーブルの原理とは?

先日、電子レンジを買い換えようと
家電量販店に足を運んでみると、

ターンテーブルがない
フラットテーブル式の電子レンジがあり
ちょっとビックリしました(笑)

電子レンジというと、
ターンテーブルが回転することで
調理物を均等に温める事ができると
教わっていたので、

「フラットテーブル式の電子レンジは
一体どんな原理になっているのかしら?」
ということや、
「デメリットはないのかしら?」
ということを疑問に思いました。

そこで、この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、フラットテーブル式の電子レンジの原理や、
フラットテーブル式にはどんなデメリットがあるのか?
ということについてみなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



【電子レンジ】ターンテーブルなしのフラットテーブル式の原理

電子レンジというと、
回転皿があるターンテーブル式を
イメージされる方も多いかもしれませんが、

現在は、ターンテーブルがない
フラットテーブル式の電子レンジが
増えてきているようです。

ターンテーブル式の電子レンジは、
マイクロ波を一定方向にしか放射できないため、
ターンテーブルが回転して調理物を回すことで、
全体的に均一に温まるようになっています。

・電子レンジのターンテーブルが調理物が大きすぎて回らないのは大丈夫?

一方、ターンテーブルがない
フラットテーブル式の電子レンジは
コンビニなどでも使用されていますが、

フラットテーブル式の電子レンジは
ターンテーブルがないにも関わらず
庫内全体にマイクロ波が行き渡るようになっているため
温めムラが
ほとんど起こらない
というメリットがあります。

・電子レンジで温めムラが起こる原因とは?温めムラをなくすには…

なぜ、フラットテーブル式の電子レンジは
温めムラが起こりにくいのかというと、

マイクロ波が一箇所に集中しないよう、
庫内がマイクロ波を乱反射させるようになっており、
さらにマイクロ波を照射するアンテナ自体が回転することで
庫内全体にマイクロ波が自然と行き渡るため温めムラが
起こりにくくなっているのです。

また、フラットテーブル式の電子レンジは
ターンテーブルがない分手入れが楽ですし、
ターンテーブルの大きさに左右されず
庫内全体を調理物を入れるスペースとして使えるため、
フラットテーブル式の電子レンジの方が
使い勝手が良いということになりそうです。

フラットテーブル式の電子レンジのデメリットはあるの?

ここまでは、フラットテーブル式の
電子レンジの原理などについてご紹介しましたが。

ターンテーブル式の電子レンジと比べると、
圧倒的に使い勝手が良くなっている
フラットテーブル式の電子レンジですが…

そんなフラットテーブル式の電子レンジには
デメリットは1つもないのでしょうか?

この事について気になっている人も多いようですね。

そこで、フラットテーブル式の電子レンジには
デメリットがないなかどうか?
ということについて調べてみたところ、

1つだけデメリットといえるような事がありました。

それは…

ターンテーブル式の電子レンジと比べると
フラットテーブル式の電子レンジの方が
値段が高い傾向があるということになります。

電子レンジフラットテーブルタイプ【アイリスオーヤマ】

なので、とりあえず安い方が良い
という方の場合はターンテーブル式の
電子レンジを選ぶようにした方が良い可能性がある
ということなんですが…

温めムラの起こりにくさや
お手入れのしやすさなどのメリットを考えると、
余裕があるのであればフラットテーブル式の
電子レンジを選んだほうが、
何かと使い勝手が良いかもしれません。

まとめ

今回は、フラットテーブル式の電子レンジの原理や、
フラットテーブル式の電子レンジのデメリットはあるのか?
ということについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ターンテーブルがないフラットテーブル式の電子レンジは
温めムラが起こりにくく、庫内を広々と使え、
さらにお手入れが簡単であるという
3つの大きなメリットがあったので、
フラットテーブル式の電子レンジに買い替えたのですが、
やはりシンプルで使いやすいと思いました^^

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする