電子レンジでタッパーの蓋が開かなくなる理由!変形はどう対処する?

作り置きの料理をタッパーに入れて
冷蔵庫や冷凍庫で保存している
という方も多いと思います。

 

我が家でもタッパーを活用しているのですが、
タッパーを電子レンジで温めた時、
蓋が開かなくなってしまったり、
タッパーが熱で変形したり溶けたりする…
という事もあったりして困っていました。

 

「なぜ、電子レンジでタッパーを温めると
蓋が開かなくなってしまったり、
変形したり溶けたりするのか?」
という事について疑問に思い調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回はこういった事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

 

電子レンジでタッパーが変形したり溶けた時の対処法!

 

電子レンジでタッパーをしたら容器が溶けて
ターンテーブルにくっついてしまった…や、
タッパーが変形してしまったというような場合は、
どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、
溶けたタッパーが固まるのを待って、
スクレイパーなどでタッパーを
削り取るように取り除けばOKです。

 

また、タッパーが変形してしまった場合は、
元通りにすることはできないので、
残念ですが不格好なまま使うか、
使えなくなってしまった場合などは
新しいタッパーに買い換えるしかありません。

 

基本的にスーパーやコンビニなどで使われている
タッパーというかプラスチック製の容器は、
電子レンジで加熱し過ぎると溶けたり変形したりしやすいので、
電子レンジで加熱する際は注意が必要です。

 

一方、耐熱温度が140℃以上あるしっかりしたタッパーは
よほど加熱し過ぎてしまわない限り、
溶けたり変形したりする心配はありませんが、
必ず変形しないとか溶けないというわけではないので、
加熱し過ぎには気をつけるようにしましょう。

 

電子レンジでチンしたタッパーの蓋が開かない理由と簡単に開ける方法

 

電子レンジでチンしてタッパーを取り出した時
蓋が開かなくなってしまう理由や、
蓋が開かなくなってしまったタッパーの蓋を
簡単に開ける方法についてご紹介していきたいと思います。

 

まず、電子レンジでタッパーをチンした時
蓋が開かなくなってしまう理由について解説していきます。

 

密閉状態のタッパーを電子レンジで温めていくと
タッパーの内部の空気が温まり膨張しますが、
電子レンジでの加熱が終わりタッパーを取り出すと、
今度は急激にタッパー内部の空気が冷やされ収縮し、
タッパー内部の気圧が一気に下がってしまい、
外気の方が気圧が高くなってしまうと、
タッパーの蓋が開かなくなってしまう現象が起こります。

 

もう少しイメージしやすいように言うと、
タッパー内部の気圧が低くなってしまうため、
タッパーの外の気圧に押しつぶされることで、
蓋が開かなくなってしまうということです。

 

ですから、蓋が開かなくなってしまった
タッパーの蓋を開けやすくするためには、
再びタッパーの内部の空気を温めて
空気を膨張させてあげれば良いのですが、
湯煎にタッパーをつけて温めるようにすると、
タッパーの蓋を簡単に開けられるようになります。

 

また、タッパーを電子レンジで加熱する場合は、
蓋を軽く開けて密閉状態にしないようにして
温めていくようにすれば蓋が開かなくなる
という心配はそもそもありません。

 

まとめ

 

今回は、電子レンジでタッパーが溶けた時の対処法や、
電子レンジでチンしたタッパーの蓋が開かなくなる理由
などについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

タッパーを食品や料理の保存に便利ですが、
電子レンジで使う場合は、
今回ご紹介したような事に注意して
使用すると良いかと思います。

 

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください