電子レンジでタッパーが溶けた時の対処法!蓋が開かなくなるのはなぜ?

作った料理をタッパーに入れて
冷蔵庫や冷凍庫で保存することって多いですが、

そんなタッパーに入れた料理を電子レンジで
温め直した時タッパーの蓋が開かなかったり、
タッパーが電子レンジの中で溶けて
ターンテーブルにへばりついてしまう
なんてこともあったりします。

私もこんな経験を何度かしているのですが…

電子レンジでタッパーが溶けた時は
どのように対処したら良いのか?や、
蓋が開かなくなってしまうのはなぜなのか?
ということについて気になり調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電子レンジでタッパーが溶けた時の対処法や
蓋が開かなくなってしまう理由などについて、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

電子レンジでタッパーが溶けた時の対処法!

 

電子レンジでタッパーをしたら容器が溶けてしまった…
という経験を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、

電子レンジでタッパーが溶けてしまった時は
どのように対処すれば良いのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
溶けたタッパーが固まるのを待って、
スクレイパーなどでタッパーを
削り取るように取り除けばOKです。

基本的にスーパーやコンビニなどで使われている
タッパーというかプラスチック製の容器は、
電子レンジで加熱し過ぎてしまうと、
溶けてしまう事が多いので特に注意が必要ですが、

耐熱温度が140℃とか欠かれてある、
しっかりしたタッパーを電子レンジで温める場合は、
よほど加熱し過ぎてしまわない限りは
まず溶けることがありません。

いずれにしても、
タッパーが電子レンジで溶けてしまうのは
加熱のし過ぎが原因となりますので、
電子レンジでタッパーを温めていく場合は、
しっかり時間を調節して加熱し過ぎる事がないように
温めていく事が安全に使う秘訣となるでしょう。

電子レンジでチンしたタッパーの蓋が開かない理由と簡単に開ける方法

 

ここまでは、電子レンジでタッパーが
溶けた時の対処法についてご紹介しましたが、

ここからは、
電子レンジでチンしてタッパーを取り出した時
蓋が開かなくなってしまう理由や、
蓋が開かなくなってしまったタッパーの蓋を
簡単に開ける方法についてご紹介していきたいと思います。

 

まず、電子レンジでタッパーをチンした時
蓋が開かなくなってしまう理由について解説していきます。

密閉状態のタッパーを電子レンジで温めていくと
タッパーの内部の空気が温まり膨張しますが、
電子レンジでの加熱が終わりタッパーを取り出すと、
今度は急激にタッパー内部の空気が冷やされ収縮し、
タッパー内部の気圧が一気に下がってしまい、
外気の方が気圧が高くなってしまうと、
タッパーの蓋が開かなくなってしまう現象が起こります。

もう少しイメージしやすいように言うと、
タッパー内部の気圧が低くなってしまうため、
タッパーの外の気圧に押しつぶされることで、
蓋が開かなくなってしまうということです。

 

ですから、蓋が開かなくなってしまった
タッパーの蓋を開けやすくするためには、
再びタッパーの内部の空気を温めて
空気を膨張させてあげれば良いのですが、

湯煎にタッパーをつけて温めるようにすると、
タッパーの蓋を簡単に開けられるようになります。

 

また、タッパーを電子レンジで加熱する場合は、
蓋を軽く開けて密閉状態にしないようにして
温めていくようにすれば蓋が開かなくなる
という心配はそもそもありません。

 

まとめ

 

今回は、電子レンジでタッパーが溶けた時の対処法や、
電子レンジでチンしたタッパーの蓋が開かなくなる理由
などについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

タッパーを食品や料理の保存に便利ですが、
電子レンジで使う場合は、
今回ご紹介したような事に注意して
使用すると良いかと思います。

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください