電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は何度以上?耐熱ガラスが良い?

電子レンジでチンしたら容器が溶けてしまった…
なんて経験をお持ちの方も少なくないようですが、
電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は
何度以上あれば溶けないのか知っていますでしょうか?

実はこれについて気になっている方も少なくないようです。

ということで、今回は電子レンジで使える
耐熱容器の耐熱温度は何度以上なのか
ということについてや、
電子レンジで1番安心して使える耐熱容器は
どれなのかということについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は何度以上?

冒頭でも問題提起した通りなのですが、
電子レンジで使えるとされている耐熱容器の
耐熱温度は何度以上あるのかということですが、
結論からいってしまうと、
耐熱温度140℃以上とされている耐熱容器であれば
電子レンジで問題なく使用できるとされています。

ですから、もし、電子レンジで容器が
溶けてしまったというような場合は
耐熱温度が140℃以下のものを
使用してしまっていた可能性が高いということなんですね。

ただ、耐熱温度が140℃以上あるからといって
完全に電子レンジで溶ける恐れがないか
といえばそうではありません。

というのも、油ものや糖分や塩分が多いタレなどを
含んだものですと電子レンジで加熱されることで
140℃以上になってしまう場合があるため
耐熱温度140℃以上とされている耐熱容器でさえも
溶けてしまう場合があるからなのです。

ですから、電子レンジで加熱する際に使用する
耐熱容器の耐熱温度が重要なのはもちろんですが、
何を加熱しようとしているのか
ということも大切なポイントとなってくるというわけなんですね。

ちなみに、電子レンジで使えない容器の例を
いくつかあげてみると

  • 金属製の容器
  • 漆器
  • 耐熱性がないガラス容器
  • 紙皿や竹で出来た容器
  • 耐熱温度140℃以下のプラスチック容器 etc…

があります。
ぜひ参考にされてみてください。

・タッパーを電子レンジで加熱すると溶ける?蓋が開かなくなる理由と対処法

電子レンジで1番安心して使える耐熱容器は耐熱ガラス

さて、ここまでは電子レンジ使用できる
耐熱容器の耐熱温度は何度以上なのか
ということなどについてご紹介してきましたが、
ここからは電子レンジで1番安心して使える
耐熱容器はどんなものなのかということについて
ご紹介していきたいと思います。

こちらも単刀直入に結論からいってしまうと
耐熱ガラス製の耐熱容器が最も安心して
電子レンジで使用することができるといえます。

というのも「耐熱ガラス」の定義として
「耐熱温度差が120℃以上400℃未満のもので、
オーブン使用OKのものは300~350℃まで
問題なく使用することができる」とされているからです^^

ですから耐熱ガラス製の耐熱容器であれば
電子レンジで使用することで破損する
ということはまず考えられないというわけなんですね。

耐熱ガラス容器7点セット【アウトレット!送料無料】

ちなみに「耐熱温度差」はどういう意味かというと
急激な温度差が生じた場合に破損しない限界の温度という意味になります。

ですから、例えばオーブンで300℃まで加熱し
取り出していきなり水で冷やして
一気に120℃以上温度が下がってしまった場合に
破損する可能性がありますよということなんですね。

まとめ

今回は電子レンジで使える耐熱容器の
耐熱温度は何度以上なのかということや
電子レンジで最も安心して使える
耐熱容器はどれなのかということについてご紹介しました。

耐熱容器といえども、十分な耐熱性がなければ
電子レンジで溶けてしまう可能性がありますので
できれば耐熱ガラスのように
耐熱性が高い耐熱容器を使用するように
した方が良いとおもいます^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. DAIDAI より:

    はじめまして
    レンジと布についてのご質問です。

    布に石を入れて、レンジでチンし使いたいと思っているのですが、時間やワット数を守ったとして、使える布はありますか?商品化しているものはいろいろあるようですが、、