電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は何度以上?耐熱ガラスが良い?

「電子レンジでチンしたら容器が溶けてしまった…」
という経験をお持ちの方も
少なくないのではないでしょうか?

普段日常的に使う電子レンジですが、
電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は
何度以上あれば安全に使えるのか?
ということを知らないでいると、
こういった事が起こりやすくなってしまいます。

そこで、今回は電子レンジで使える
耐熱容器の耐熱温度は何度以上なのか?
ということについてご紹介していきますので、
もしよかったら参考にしてみてください。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は何度以上?

電子レンジで安心して使う事ができる
耐熱容器の耐熱温度は何度以上なのでしょうか?

結論からいってしまうと、
耐熱温度が140℃以上となっている耐熱容器であれば
電子レンジで安心して使用できます。

なので、電子レンジで温めを行う場合は、
まず耐熱容器の耐熱温度が140℃以上に
なっているかどうか?ということを
しっかり確認してみるようにしてくださいね。

ただ、耐熱温度が140℃以上あるからといって、
必ず電子レンジで加熱したときに溶けない
というわけではないんです(^_^;)

これは一体どういうことかというと…

揚げ物などの油ものや
糖分や塩分が多いタレなどが使われたものを
電子レンジで温めてしまうと、
140℃以上になってしまう場合があるためです。

ですから、
揚げ物などの油っこいものや、
糖分や塩分が含まれたタレがかかったものを
電子レンジで温める場合は、
プラスチック製の耐熱容器は
使用しない方が無難です。

ちなみに、次のような容器はそもそも
電子レンジで使う事ができないので注意してください。

  • 金属製の容器
  • 漆器
  • 耐熱性がないガラス容器
  • 紙皿や竹で出来た容器
  • 耐熱温度140℃以下のプラスチック容器 etc…

・タッパーを電子レンジで加熱すると溶ける?蓋が開かなくなる理由と対処法

電子レンジで1番安心して使える耐熱容器は耐熱ガラス製の容器

ということで、
電子レンジで使う耐熱容器の耐熱温度は
140℃以上ないといけないということについては
先程ご紹介した通りなんですが…

油ものや糖分や塩分が含まれているタレがかかったようなものを
温める場合は140℃を越えてしまう可能性があるため、
さらに高い耐熱温度を持った容器で温めた方が良い
ということでした。

なので、「油ものや糖分や塩分のタレがかかったものも
安心してチンできる耐熱容器って何製の容器なの?」
という疑問を持たれた方も多いかもしれませんが、

電子レンジで1番安心して使える耐熱容器は
耐熱ガラス製の耐熱容器になります。

耐熱ガラスは、
「耐熱温度差が120℃以上400℃未満のもので、
オーブンの使用可能なものは耐熱温度差が300~350℃まで
問題なく使用することができる」と定義されているため、
電子レンジで使用することで破損してしまう
という心配はほぼありません。

耐熱ガラス容器7点セット【アウトレット!送料無料】

ちなみに「耐熱温度差」はどういう意味かというと、
急激な温度差が生じた場合に破損しない限界の温度という意味になります。

ですから、例えば耐熱温度差120℃の容器だった場合、
300℃のオーブンで使用した後、
耐熱ガラス容器を取り出しすぐ水で冷やして
一気に120℃以上温度が下がってしまった場合、
破損が発生してしまうということになります。

逆に、ゆるやかに300℃から冷えていく場合は、
壊れたりすることはありません。

まとめ

今回は電子レンジで使える耐熱容器の
耐熱温度は何度以上なのかということなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

油ものや糖分や塩分が含まれたタレなどがかかった
食材を電子レンジで温める場合は、
非常に高温になりやすいため、
プラスチック製の耐熱容器で温めてしまうと、
溶けてしまう可能性があるため注意が必要なんですね。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. DAIDAI より:

    はじめまして
    レンジと布についてのご質問です。

    布に石を入れて、レンジでチンし使いたいと思っているのですが、時間やワット数を守ったとして、使える布はありますか?商品化しているものはいろいろあるようですが、、