周波数が違う電子レンジの使用はNG?50Hzと60Hzの変換方法

日本はフォッサマグナを堺に
電気の周波数が分かれている…
ということは学校の授業で習うので
知らない方は少ないと思うのですが、

東日本と西日本をまたいで引っ越したりする場合、
周波数が変わってしまうことで、
家電が使えなくなってしまう…
なんてことも少なくないようです。

私の友人に、
東日本から西日本に引っ越した人がいて、
50Hzの東日本用の電子レンジを
そのまま西日本の60Hzで
使用してしまっていた人がいたんですが、

周波数が違う電子レンジをそのまま
使ってしまうのは危険なので
やめた方が良いそうですね。

で、もしかしたら、
周波数が違う電子レンジをそのまま使っても大丈夫なのか?や
50Hzと60Hzを変換することはできるのかどうか?
ということについて気になっている方も
いらっしゃるかもしれないので、

今回は、こういった事について、
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

周波数が違う電子レンジを使っても大丈夫?

 

最近は50Hzでも60Hzでも
使う事ができるヘルツフリーの
電子レンジが増えてきていますが、

電子レンジは50Hz用と60Hz用に
分かれていることも少なくないので、

東日本と西日本をまたいで引っ越したりすると、
電子レンジの周波数が合わなくなってしまい、
そのまま使い続けられなくなってしまいます。

では、周波数が違う状態で電子レンジを
使ってしまったとしたらどのような
問題が起こる可能性があるのでしょうか?

この事について気になっている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと…

周波数が違うまま電子レンジを使用してしまうと、

  • 火事になる危険がある
  • 本来の性能を発揮できない可能性がある
  • 電子レンジが故障する

このような問題があるため、
周波数が違う場合は電子レンジを
そのままの状態で使用するのはNGなのです。

つまり、もし50Hz用もしくは60Hz用の
電子レンジを使っていたとして、
周波数が違う地域に引っ越さなければならなくなった
という場合は電子レンジの周波数を変換するか、
買い換える必要が出てくるということになります。

 

電子レンジの周波数(50Hz・60Hz)を変換する方法

 

ということで、
周波数が違う電子レンジはそのままの
状態で使用することができないので、
周波数を変換しなければなりませんが、

その場合はメーカーなどに連絡をして
部品交換作業が必要になりますが、
部品交換をして周波数を変換する場合は
10,000円くらいの費用がかかります。

なので、
新しい電子レンジに買い換えるのと変わらない、
もしくは買い替えた方が安いという
場合も少なくないようです。

周波数を変換するためには、

  • 高圧コンデンサー
  • 高圧トランス
  • タイマー

など様々な部品を交換しなければならないため、
結果的にそれくらいの費用がかかってしまいます。

なので、個人的な意見かもしれませんが、
もし現在50Hzもしくは60Hzの電子レンジを使っていて、
周波数が違う地域に引っ越したりする場合は、
ヘルツフリーの電子レンジに買い換える
というふうにした方が良いのではないかと思うのです。

ヘルツフリーの電子レンジも
安いものであれば10,000円くらいで
手に入れる事ができますし、

今後また周波数が違う地域に移動したとしても
電子レンジが故障しない限り
使い続ける事ができるので、
長い目で見るとヘルツフリーの電子レンジにしておくと
何かと便利なのではないかと思います。

ヘルツフリーオーブンレンジ【アイリスオーヤマ】

 

まとめ

 

今回は、周波数が違う電子レンジを
使用するのがNGな理由や、
電子レンジの周波数を変換する方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

50Hzから60Hz、60Hzから50Hzというように
周波数が違った場所に移動する場合は、
電子レンジがそのまま使えない可能性があるので
注意が必要となりますが、

移動先の周波数に電子レンジが対応していない場合は、
周波数を変換するか買い換えるようにしましょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください