電子レンジの周波数の違い!東日本(50Hz)を西日本(60Hz)に変換できる?

手軽に食品を温めることができる電子レンジ。

今ではとても安く手に入れることができますが、
安い電子レンジだと電源周波数が
東日本用の50Hzと西日本用の60Hzというふうに
固定されている場合も少なくありません。

ですから、東日本から西日本に引っ越す場合には
電源周波数が変わってしまうので
東日本用の電子レンジは使えなくなってしまうのですが、
そんな東日本用の電子レンジを西日本用の
電源周波数に変換することはできるのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようなので、
今回は電子レンジの周波数は
変換することができるのかどうか
ということなどについてご紹介していきたいと思います。

電源周波数が違う電子レンジを使うのは危険です

50Hz専用とか60Hz専用と書かれている電子レンジは
電源周波数を固定することで部品代を
安くすることができるため
販売価格も安くなり購入しやすいのですが、
そんな電源周波数が固定されている電子レンジは
引っ越しなどで東日本から西日本、
西日本から東日本となった時には
そのまま使用することができなくなってしまいます。

もし仮に東日本用の電子レンジを
西日本で使用してしまった場合は
電源部品が動作中に異常発熱を起こし、
発火し火事の原因となったり
電子レンジが故障してしまう
原因になりかねず非常に危険です。

ですから、東日本専用とか西日本専用とされている
電子レンジを持っていて、
引っ越しなどで電源周波数が違った地域に移動する場合は
そのまま電子レンジを使用することができなく
なってしまうということなんですね。

ただ、ヘルツフリーの電子レンジであれば、
東日本でも西日本でも問題なく使用することができるので
引っ越しする可能性が全くないという方でもなければ、
ヘルツフリーの電子レンジを買っておいた方が
後々面倒がないということになりますね。

ヘルツフリーオーブンレンジ【アイリスオーヤマ】

スポンサーリンク




スポンサーリンク


東日本(50Hz)の電子レンジを西日本(60Hz)に変換できる?

さて、ここまでは電源周波数が固定されている
電子レンジを異なった電源周波数の地域で
使用してしまうとどうなってしまうのか
ということについてご紹介しましたが、
電子レンジの電源周波数を変換することができれば、
例えば東日本用だった電子レンジを
西日本用にしてしまうということも
理論上は可能となってきますよね。

ですから、
「東日本用だったとしても西日本用の
電源周波数にすれば良いのでは?」と
思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、電源周波数を変換すれば
東日本用の電子レンジを西日本用に
することもできてしまうのですが、
その変換にかかる費用が問題で、
約10,000円くらいの部品交換費用が
かかってしまうのです。

ですから、わざわざ電子レンジの電源周波数を
変換するよりも買い替えた方が
安上がりになってしまうということなんですね(^_^;)

電子レンジの電源周波数は変換するより買い替えた方が安上がり

電子レンジの電源周波数の変換は
メーカーに問い合わせれば
対応してもらうことができるはずですが、
残念ながら高圧コンデンサーや
高圧トランス、タイマーなどの
部品交換費用が高額になってしまうので
それであれば引越し先の電源周波数に
対応した電子レンジに買い替えをした方が
安上がりであるということになるでしょう。

また、ヘルツフリーの電子レンジも
1万円前後で購入できるものがあるので
引っ越しする可能性が考えられる場合は
ヘルツフリーの電子レンジを
選んでおくようにした方が
何かと便利なのかもしれません。

電子レンジ・オーブンレンジランキング【楽天市場】

まとめ

今回は電子レンジの電源周波数の違いや
電源周波数を変換することができるのか
ということなどについてご紹介しました。

電源周波数が異なった状態での
電子レンジの使用は非常に危険なので
注意しなければなりませんが、
電子レンジの電源周波数を変換するのには
新品の電子レンジと買い換えるよりも
高い費用がかかってしまう可能性があるので、
そういった点も覚えておくようにすると
損をすることがないと思います^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする