電子レンジでお湯を沸かす方法!沸騰するまでの時間や危険な加熱も…

みなさんはお湯を沸かす時は
どんな方法で沸かしていますでしょうか?

我が家ではこれまで
やかんに水を入れてガスコンロで
お湯を沸かしていたんですが、

先日、お湯を沸かしているのを忘れてしまい、
やかんから水がなくなるくらいまで
火をつけっぱなしにしてしまっていた…
という事があり、
「何か安全にお湯を沸かす事ができる方法はないのかしら?」
と思っていたところ、

「電子レンジでお湯を沸かすようにしたら
火を使わないから安全にお湯を沸かす事ができるかも!」
とひらめき、

早速電子レンジでお湯を沸かす方法について
調べてみることにしたんですが、

調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電子レンジでお湯を沸かす方法などについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

電子レンジでお湯を沸かす場合は「突沸」に注意して!

電子レンジでお湯を沸かす方法について
いろいろと調べていた私だったんですが…

電子レンジでお湯を沸かす場合は、
「突沸」に注意しなければならない
ということだったので、

まずはじめに突沸とはどんな現象なのか?
ということについてご紹介していきたいと思います。

突沸とは、
本来なら沸騰しているはずなのに、
ボコボコと沸騰現象が起こらない状態の液体が、
何らかの衝撃が加わったことによって
一気に沸騰現象が起こり熱湯が吹き上がる
という現象になります。

電子レンジでお湯を沸かす場合は、
この突沸現象が起こりやすいため注意が必要なのですが、

  1. 加熱時間を短く区切って加熱していく
  2. ラップを両サイド開けるようにかけてからお湯を沸かす
  3. 沸騰する手前の温度で加熱をやめる

というようにすると、
突沸をさせることなく電子レンジで
お湯を沸かす事ができるのようになるので、
ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



電子レンジでお湯を沸かす方法!沸騰するまでの時間はどれくらい

ということで、
電子レンジでお湯を沸かす場合は、
突沸に注意しなければならない
ということについては
先程お話した通りなんですが、

電子レンジでお湯を沸かすには
どのような手順で行えば良いのでしょうか?

電子レンジでお湯を沸かす方法

  1. 耐熱容器に水を入れる
  2. 両サイドを開けるようにしてラップをかける
  3. 電子レンジで30秒ずつ加熱しお湯を沸かしていく
    (コップ1杯程度であれば1~2分で沸騰します)

電子レンジでお湯を沸かす場合は、
このようにすると安全にお湯を沸かす事ができます。

ちなみに、
電子レンジには金属製の容器は
使用することができないので注意しましょう。

・電子レンジに金属入れるのがNGな理由とは?

また、なぜラップを両サイド開けて
かけるようにするのか?というと、
このようにすると空気の流れを作る事ができ、
突沸が起こるのを予防することができるからです。

なので、電子レンジでお湯を沸かすのは
思っているよりも手間がかかってしまいため
ちょっと面倒くさいやり方だった
というのが私の率直な乾燥でしたΣ(´∀`;)

我が家の場合は、
最終的にお湯を沸かす方法として
電気ケトルを採用することになったんですが、
電気ケトルであればお湯がすぐ沸くだけでなく、
沸騰したら自動的に電源が切れるので安全性も高いので、
お湯を簡単安全に沸かす事ができるんですよね♪

コードレス電気ケトル【1.0L】

まとめ

今回は、電子レンジでお湯を沸かす方法や
電子レンジでお湯を沸かす時の注意点などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

一見、電子レンジでお湯を沸かすのは
安全なような気がしてしまいがちなのですが、
一歩間違えると急激にお湯が吹き上がって
やけどしてしまうという恐れもあるので、

電子レンジでお湯を沸かす場合は
突沸が起こらないように注意しながら
沸かすようにしなければならないため、
思っているよりも手間がかかってしまう方法
なのかもしれませんね(^_^;)

なので、もし簡単安全にお湯を沸かしたい場合は、
電気ケトルなどを使った方が良いかもしれませんよ。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする