電子レンジで温めムラが出来る原因!温め温度を均一にするコツとは?

先日、電子レンジでお弁当を温め直して食べた時、
温まっている部分と温まっていない部分があり、
「どうして、温めムラがあるのだろう?」
と、疑問に思いました。

 

せっかく電子レンジで温めても
温めムラができてしまうと美味しく食べれないので、
電子レンジで温めムラが出来てしまう原因について
いろいろと調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
結構いらっしゃるようでした。

 

そこで今回は、
電子レンジで温めムラができる原因や、
温めムラを防ぐコツについて
みなさんにシェアしていきたいと思います。

 

電子レンジで温めムラが出来る原因

 

電子レンジで温めた時に、
ちゃんと温まっている部分とそうでない部分が
出来てしまう場合がありますが、
これは一体何が原因なのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、
電子レンジには温まりやすい場所と
そうでない場所があるからです。

 

電子レンジはマグネトロンから
庫内にマイクロ波を照射して
水分子を振動させ食材を温めていく仕組みですが、
構造上マイクロ波が集まりやすい場所と
そうでない場所が出来てしまうため、
ターンテーブルにおいた調理物が
うまく回転していなかったりすると、
全体にうまくマイクロ波が当たらずに
温めムラが出来てしまう事があるのです。

 

ちなみに、
ターンテーブル式の電子レンジの場合は、
ターンテーブル中心が最も、
マイクロ波が集まりにくい場所になるので、
調理物をターンテーブルに乗せる場合は、
端の方に乗せるようにすると、
温めムラをできにくくすることができます。

 

電子レンジで温め温度を均一にするコツ

 

では、電子レンジで温めムラが
出来ないようにするコツについて、
ご紹介していきたいと思うのですが、
電子レンジで調理物全体をしっかり温めるコツは、
調理物をターンテーブルの中心に置かないようにする
ということになります。

 

先程もお話しましたが、
ターンテーブル式の電子レンジの場合は、
ターンテーブルの中心が最も
マイクロ波が集まりにくい場所になるので、
ターンテーブルの中心に調理物を置かないようにするだけで、
調理物全体にマイクロ波が行き渡りやすくなり、
温めムラができにくくなります。

 

また、電子レンジのマイクロ波は、
表面から数センチまでしか届かないため、
あまりにも分厚い食材を温めようとしてしまうと、
食材の中が温まらないという現象が起こってしまうので、
分厚い食材を電子レンジで加熱する場合は、
ある程度薄く切り分けるなどしてから
温めるようにすると良いでしょう。

 

ちなみに、深い容器に重なるように
食材が入っているようなものを温める場合も
マイクロ波が届きにくくなるので、
できるだけ平らになるようにして
電子レンジで温めるようにしてくださいね。

 

これらのように工夫すると、
電子レンジで温めムラができることを
かなり減らす事ができると思いますが、
ターンテーブル式ではなく、
フラットテーブル式の電子レンジを使用すると、
庫内のどこに食材を置いたとしても
温めムラができにくい場所がないため、
温めムラに悩まされている方は
フラットテーブル式の電子レンジを
使うようにされるとよいかもしれません。

 

【アイリスオーヤマ】フラットテーブル電子レンジ

 

フラットテーブル式の電子レンジは
底面に反射板があり回転するようになっているため、
マイクロ波を庫内全体にムラ無く届ける事ができるため、
温めムラがターンテーブル式の電子レンジに比べると
かなり出来づらいというメリットがあります。

 

まとめ

 

今回は電子レンジで温めムラが出来る原因や
温め温度を均一にするコツなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

ターンテーブル式の電子レンジの場合は、
ターンテーブルの中心部にマイクロ波が
集まりにくい性質があるので、
できるだけターンテーブルの中心に
食材を置かないようにし加熱するようにしましょう。

 

また、分厚いものはできるだけ薄く切ったり、
重ならないように食材を入れることも
温めムラを予防することにつながります。

 

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください