電子レンジで温めムラが出来る原因!温め温度を均一にするコツとは?

電子レンジでお弁当とかを温めた時に
ちゃんと温められている部分と
全然温められていない部分というように
均一に温まらず、温めムラが
できてしまうことがありますが、
この温めムラの原因は一体何なのでしょうか?

全体的に均一に温めることができれば
より美味しく食べることができますので
ぜひとも知っておきたい知識かと思います。

ということで、今回は電子レンジで
温めムラが出来てしまう原因や
温め温度を均一にするためのコツについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



電子レンジで温めムラが出来る原因

電子レンジで温めムラが出来てしまう原因は
何なのかということについて
一言で答えるのであれば、
電子レンジの電磁波が集まりやすい場所と
そうでない場所があるためということになります。

ですから、電子レンジの庫内には必ず
ターンテーブルがあるのですが、
ターンテーブルにすることで電磁波の集まりやすい場所を
意図的に通過させるようにして
できるだけ温めムラが起こらないようにしているのですが
中心部は回転したとしても
常に一定の場所となってしまいますし、
中心部には電磁波が集まりにくいため
電子レンジの場所の中で
中心部は最も温まりにくい場所となってしまうのです。

このように電子レンジには温まりやすい場所と
温まりにくい場所とがあるわけですが、
逆にその特性を知っていれば、
電子レンジの温めムラを防ぐことができますので
次に電子レンジで均一に温めるためのコツについて
ご紹介していきます。

電子レンジで温め温度を均一にするコツ

電子レンジで温め温度を均一にするために大切なのは
食物の置く位置をターンテーブルの中心にしないということです。

何もしらないとターンテーブルの真ん中が
1番温まりやすいとイメージしてしまうかもしれませんが、
先程ご紹介したとおり電子レンジの場合は
真ん中の部分が最も温まりにくいため
ターンテーブルに食物をのせる時には
中心を外してのせるようにしたり
ターンテーブルの端っこに置くようにすれば
温めムラを減らすことができるはずです。

また、電子レンジで温めた時に
食物の表面だけ温まって内部が温まっていない
ということも起こる場合があるのですが
これは電磁波が食品の表面から数センチまでしか
到達することができないという性質があるからです。

つまり、分厚いものを電子レンジで加熱しても
内部がなかなか温まらないということになってしまいますので、
薄く切ってから温めるなど電子レンジで温まりやすいように
工夫してから温めるようにすると良いでしょう。

また、深い容器に重ねて食物が入っている
というような場合も電磁波が届きにくくなる
原因となりますので、
できるだけ平らになるようにしてから
電子レンジで温めるというふうにしましょう。

ちなみにターンテーブルがないフラットタイプの
電子レンジだと温めムラが起こらないので
フラットタイプの電子レンジを使用するというのも
1つの方法といえるかもしれません。

【アイリスオーヤマ】フラットテーブル電子レンジ

フラットタイプの電子レンジは底面に
反射板がありそれが回転するようになっていて、
それによって電磁波が乱反射するため
温めムラをなくすることができたということなんです。

まとめ

今回は電子レンジで温めムラが出来る原因や
温め温度を均一にするコツなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

電子レンジは中心部が温まりにくいという性質があり、
また電磁波が集まる場所と集まりにくい場所があるため
ターンテーブルで回転するようになっています。

ですから、ターンテーブルの端の方に
温めたいものをのせるようにすれば
温めムラができにくくなるというわけなので、
ぜひ電子レンジで温める場合には試してみてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする