電子レンジとオーブンの違いとは?電気代が安いのはどっち?

「電子レンジとオーブンの違いが
いまいちよく分からないのですが、
どのような違いがあるのでしょうか?
また電気代に差はあるのでしょうか?」

このような疑問を持っている方も少なくないようですが、
確かに電子レンジとオーブンレンジって
何が違っているのかよく分かりませんよね(^_^;)

ということで、今回は電子レンジとオーブンレンジの
違いについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



電子レンジとオーブンの違いとは?

さて、電子レンジとオーブンの違いとは一体何なのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようですが、
結論からいってしまうと、
電子レンジは電磁波で食材の水分子を
振動させることで温めるものであるのに対し、
オーブンレンジは電熱器の熱で食材を
温める(焼く)ものになります。

・電子レンジにアルミホイルを入れると火花が散る理由とは?

ですから、電子レンジでは食材に焦げ目がつくことがありませんし、
電子レンジを使用した後に庫内が熱くならないのに対し、
オーブンは食材が焼けて焦げますし
使用後は庫内に熱気が残り熱くなります。

なので、電子レンジは食品の温めや解凍に
使用するのに適しているといえますし、
オーブンレンジは食品を温めるのではなく
焼くなどの調理をする場合に適しているといえます。

オーブンレンジだとケーキやクッキー、パン、チキンなどを
焼いて食べることができますが、
電子レンジだと焼くことはできませんので、
電子レンジとオーブンが両方あった方が
料理の幅が大きく広がりますね。

ちなみに、電子レンジとオーブン機能が一緒になったものを
オーブンレンジといいますが
電子レンジとオーブンの両方が
必要だと思われる場合には
「オーブンレンジ」を用意すれば
1台で電子レンジとオーブンを両方使うことができます^^

オーブンレンジ【アイリスオーヤマ】

電子レンジとオーブン電気代が安いのはどっち?

さて、ここまでは電子レンジとオーブンの違いについて
ご紹介してきましたが、
ここからは電子レンジとオーブンの電気代について
検証していきたいと思います。

電子レンジとオーブンであればどちらが
電気代がかからないのかということについて
疑問に思われている方も少なくないようですが、
これについて調べてみると、
電子レンジもオーブンもあまり電気代は変わらない
ということが分かりました。

ちなみに、1分あたり使用したとすると
どちらも0.02円の電気代がかかるようですので
電子レンジやオーブンレンジを使用するのにあたっての
電気代はあまり考えなくても大丈夫そうですね♪

まとめ

今回は電子レンジとオーブンの違いは何なのか
ということについてご紹介しました。

食品の温めは電子レンジ、
焼き菓子やグリルをするならオーブン
という感じで電子レンジとオーブンは使い分けると
料理の幅がぐっと広がります。

また、電子レンジとオーブンが一緒になったものは
「オーブンレンジ」と呼ばれますが
オーブンレンジを1台用意しておけば
どちらの機能も使えるので便利ですね^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする