電子レンジで肉を温めると固くなる理由!柔らかく温め直す方法とは?

お肉をたくさん焼いたけど食べきれなくて
次の日に食べるなんてこともあるかと思いますが、
そんな冷えてしまったお肉を電子レンジで
温め直すと固くなっておいしくなくなってしまいますよね。

できれば、柔らかく温め直したいところですが、
一体どうして電子レンジでお肉を
温め直すと固くなってしまうのでしょうか?

また、柔らかく温め直す方法はあるのでしょうか?

ということで、今回はこういったことについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


電子レンジで肉を温めると固くなる理由!

電子レンジでお肉を温め直すと固くなって
あまりおいしくなくなってしまう場合がありますが、
どうして電子レンジでお肉をチンすると
固くなってしまうのでしょうか?

結論からいってしまうと、
お肉は加熱されることで主成分である
タンパク質が固く変化してしまうからとなります。

例えば、卵を焼くと透明だった部分が白く変わりますが、
このようにタンパク質は加熱されることで
構造が変化するという特徴があります。

そして、お肉も電子レンジで加熱されることで
タンパク質に変化が起こるため、
固くなってしまうと感じてしまうというわけなんですね。

ちなみに、お肉の場合は60℃~70℃くらいで
固くなりはじめてしまうそうなので、
温め直す場合は60℃以下の温度で
行えば固くなりにくくすることができるでしょう。

電子レンジで肉を柔らかく温め直す方法!

さて、お肉を電子レンジでそのまま
温め直してしまうと固くなってしまいますが、
どうにかしてお肉を柔らかく
固くならないように温め直すことはできないのでしょうか?

ということで、お肉を柔らかいまま温め直すには
次のような方法があるので
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

まず、炊飯器を保温モードにしておき
内部が温まるまで待ちます。
炊飯器がしっかりと温まったら
お肉をラップに包んで炊飯器の中に
入れてしばらく待ちましょう。

入れている時間はお肉の種類によって違いますが、
だいたい10分~30分の間になるかと思います。

このように炊飯器の保温モードを使って
お肉を温め直せばお肉が固くなってしまうことを
防ぎながら温め直すことができるので
気になる場合はやってみてください^^

まとめ

今回は電子レンジでお肉を温めると固くなる理由や
お肉を柔らかく温め直す方法についてご紹介しました。

お肉は焼き立ての状態が最もおいしいですが、
食べきれなかった場合は温め直して
食べるようになってしまいますので、
そこでおいしく柔らかく温め直せるかどうかは
結構重要なポイントなのかもしれません^^

というわけで、お肉を柔らかく温め直す方法を
知っていればお肉を食べきれずに残してしまったとしても
またおいしく食べられるので安心ですね♪

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする