電子レンジ(500W・700W)の庫内温度は何度まで上がる?

世の中にはたくさんの素朴な疑問がありますが、
今回はその中の1つについてご紹介したいと思います。

それは…

「電子レンジの庫内温度は何度まで上がるのでしょうか?
また、500Wと700Wでは違いがあるのでしょうか?」

ということなのですが、
確かに電子レンジの庫内は何度まで
上がるのかと聞かれても
うまく答えられませんよね。

そこで、今回は電子レンジの庫内温度は何度まで
上がるのかということなどについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


電子レンジ(500W・700W)の庫内温度は何度まで上がる?

電子レンジは手軽に食品を温めることができて
とても便利ですが、
そんな電子レンジの庫内は何度まで上がるものなのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようですが、
結論からいってしまうと、
電子レンジを動かしたからといって
庫内温度が直接的に上がるということはありません。

電子レンジはマグネトロンから電磁波を放射することで
食品中の水分子を振動させ、
その摩擦熱を利用して温めていきますが、
水分子が含まれていなければ
ただ電波が飛んでいるだけなのですね^^

なので、例えばガラスのコップだけ電子レンジに入れて
温めたとしてもガラスコップは全く
熱くならないということになります。

ただ、水分があれば電子レンジによって
温められていくので、
水分が温められた熱によって
庫内温度も上昇するとい感じにはなるんですね。

また、500Wと700Wの違いはなんなのかというと
出力の大きさになりますが、
ワット数が多いということは
それだけ速く温めることができるという意味で
庫内がより高温になるというわけではないんですね。

電子レンジで使用できる容器できない容器

さて、電子レンジでチンしたら容器が溶けてしまった
なんて経験をしたことがある方もいるかもしれませんが、
電子レンジでは使える容器とそうでない容器があるので
電子レンジで使えない容器は使用しないことが大切です。

では、どのような容器が使用できないのかというと…

  • 金属製の容器
  • 漆器
  • 耐熱性がないガラス容器
  • 紙や竹でできた容器
  • 耐熱温度140℃以下のプラスチック容器

などがあげられますので、
こういった容器は電子レンジで使用しないようにしましょう。

また油ものや糖分、塩分が多いタレなどは
電子レンジで加熱されると非常に高温になるので、
プラスチック容器などで温めるのではなく
耐熱ガラス製の容器で温めるようにしましょう。

・電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は何度以上?

まとめ

今回は電子レンジの庫内温度は何度まで上がるのか
ということなどについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

電子レンジは庫内そのものの温度を温めるのではなく
水分子を電波で振動させることで摩擦熱を発生させ
それによって温めているので、
水分子がないところは温まらないんですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする