電子レンジ(500W・700W)の庫内温度は何℃まで上がる?

昨日の残り物のおかずも
電子レンジで温め直すと、
作りたてのようなおいしさが戻りますが、

私は、そんな便利な電子レンジに
ちょっとした疑問がありました。

その疑問は…

・電子レンジの庫内温度は何度まで上がるの?
・500Wと700Wは一体どんな違いがあるの?

ということだったんですが、

電子レンジから食材を取り出した時、
庫内が熱くなっている感じがなく、
一体どうやって温めているんだろう?
と思ったり、

500Wと700Wが切り替えられるけど、
実際切り替えたらどうなるんだろう?

こんな疑問が前々からあったんですよね(笑)

で、先日この疑問について調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

電子レンジの庫内温度は何度になるのかや?
500Wや700Wにはどんな違いがあるのか?
ということについてみなさんにシェアしていきたいと思います^^


スポンサーリンク




人気記事ランキング


スポンサーリンク



電子レンジ(500W・700W)の庫内温度は何℃まで上がる?

電子レンジは手軽に食品を温めることが
できるのでないと困ってしまいますが、

そんな電子レンジで温めた食材を
庫内から取り出した時、
庫内は熱くなっていませんが、

食材を温める時、電子レンジの庫内温度は
一体何℃になっているのでしょうか?

この事について疑問に思っている方も
少なくないようですが、

結論からいってしまうと、
電子レンジの庫内温度は基本的には上がらないが、
温める食材の熱によって多少温度が上がる
ということになります。

電子レンジはマグネトロンから
電磁波を放射することで
食品中の水分子を振動させ、
摩擦熱を利用して温める仕組みなので、

そもそも、水分子がなければ、
ただ電磁波が飛んでいるだけで、
特に熱が発生することはないのです。

ですから、
ガラスのコップだけ電子レンジに入れて温めたとしても
ガラスコップは全く熱くならないということなんですね^^

ただ、普通に食材を電子レンジで温めていくと、
温められた熱によって庫内温度も間接的に上がる
ということなのでそれほど庫内温度は
熱くならないというわけなんですね。

また、電子レンジのワット数(500Wや700W)には
一体どんな違いがあるのか?ということですが、

ワット数が大きくなればなるほど、
より水分子を振動させる力が大きくなり、
より早く温めることができるようになる
という意味になります。

電子レンジで使用できる容器できない容器

さて、電子レンジは庫内温度は
食材が温まった熱によって間接的にしか
上がらないということについて
先程ご紹介しましたが、

「電子レンジでチンしたら容器が溶けてしまった…」
という経験を持っている方も
少なくないのではないでしょうか?

一体どうして庫内温度が上がらないのに、
容器が溶けてしまうの?

と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

電子レンジで温める場合は、
加熱できない容器があるので、
そういったものは使わないようにして
温めるようにするということが大切です。

では、どのような容器が電子レンジで使用できないのかというと…

  • 金属製の容器
  • 漆器
  • 耐熱性がないガラス容器
  • 紙や竹でできた容器
  • 耐熱温度140℃以下のプラスチック容器

が挙げられます。

こういった容器は電子レンジで使用できませんので、
使用することがないよう注意しましょう。

また、油や糖分、塩分が多い食材を
電子レンジで加熱する場合は非常に高温になるため
プラスチック容器などで温めてしまうと、
容器が溶けてしまう場合がありますので、
耐熱性が高い耐熱ガラスなどの容器で温めるようにしましょう。

・電子レンジで使える耐熱容器の耐熱温度は何度以上?

まとめ

今回は、電子レンジの庫内温度は
何℃まで上がるのかということや、
ワット数(500Wや700W)にはどんな違いがあるのか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

電子レンジは電磁波を照射して、
水分子を振動させることで摩擦熱を発生させ
食材を温めていく仕組みになっているため、
そもそも水分子がなければ温度が上昇しないため、
庫内温度は基本的には変わらないのですね。

食材を温めたときにでる熱で多少庫内温度は上がりますが、
それほど高温にはならないので、
庫内温度を気にする必要はあまりないのかもしれませんね。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする