電子レンジで味噌汁を温める方法!木の茶碗で温めがNGな理由とは?

日本の食卓といえば、
ご飯と味噌汁が並んでいる光景が思い浮かびますが…

そんな、ご飯や味噌汁を電子レンジで
温め直して食べるという光景も
ありふれた日常の1コマかもしれませんね(笑)

我が家では電子レンジで使えない
木製の味噌汁椀しかなかったので、
電子レンジで味噌汁を温める場合、
どうやって温めたら良いのかしら?
といつも疑問に思っていたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電子レンジで味噌汁を温める方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

電子レンジで味噌汁を温め直すと爆発する?
木製の汁椀を使ってはいけない理由とは?

 

電子レンジで味噌汁を温め直す場合、
2つほど注意しなければならないことがあるので、
1つずつご紹介していきたいと思います。

1つ目の注意点は…
木製の味噌汁椀に味噌汁を入れて
電子レンジで温めてはいけない
ということになります。

味噌汁椀といえば木製のものが多いですし、
実際に使っている方も多いと思いますが、
木製の食器は電子レンジで使用することができません。

電子レンジはマイクロ波を照射して
水分子を振動さることで発生する
摩擦熱を利用して温めを行いますが、

そもそも木は水分を含んでいるため
電子レンジで使用すると木も加熱されてしまい
木が含んでいた水分が蒸発して食器が変形したり
熱を持って発火してしまう可能性もあるのです。

ですから、木の味噌汁茶碗に味噌汁を入れて
電子レンジで温め直すのはNGとなります。

 

2つ目の注意点は…
電子レンジで味噌汁を温め直す場合は
30秒ずつ短く時間を区切って温め直すようにする
ということになります。

どうして、短く時間を区切って
味噌汁を温めなければならないのかというと、
一気に味噌汁を電子レンジで熱々になるまで
温めてしまうと「突沸」が
起こってしまう可能性があるからです。

電子レンジで液体を温めていくと、
液体の温度が沸点を越えているにも関わらず
ボコボコと沸騰現象が起こらない状態になることがあるのですが、
この沸点に達しているのに沸騰現象が起こっていない液体に
少しでも振動が加わることでいきなり
沸騰が起こり液体が吹きこぼれてしまいます。

こうならないために、
電子レンジで液体を温めるときは、
沸点を一気に超えることがないよう
少しずつ時間を区切って様子を見ながら
温めていくというようにする必要があるのです。

ちなみに、突沸は味噌汁に限ったことではなく
電子レンジで液体を温める時すべてに言えるので
液体を電子レンジで加熱する場合は気をつけましょう。

・電子レンジで突沸を防いで安全にお湯を沸かす方法!

 

電子レンジで味噌汁を温める方法

 

さて、ここまでは電子レンジで味噌汁を温める場合に
知っておきたい事についてご紹介しましたが、
ここからは電子レンジで味噌汁を温める具体的な方法について
ご紹介していきたいと思います。

まず、先程もおつたえした通り
木製の味噌汁を電子レンジで
使用することはできないので、

味噌汁を電子レンジで温め直す場合は、
陶器や耐熱ガラス容器、
電子レンジ対応の味噌汁椀など
電子レンジで使用できる容器に味噌汁を入れます。

味噌汁椀(電子レンジ・食洗機対応)

味噌汁を容器に入れたら、
容器の左右2箇所を開けるようにラップをかけ
電子レンジで30秒ずつ様子を見ながら
味噌汁を加熱していきましょう。

このような手順で温めるようにすると、
安全に味噌汁を電子レンジで温めることができるので、
もしよかったら参考にしてみてください。

 

まとめ

 

今回は電子レンジで味噌汁を温める方法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

電子レンジで味噌汁を温め直している
という方も少なくないと思いますが、

味噌汁を電子レンジで温める場合は、

  1. 電子レンジ対応の容器に入れる
  2. 突沸させないよう30秒ずつ加熱する

という2つの注意点を守って
温め直すようにしてくださいね。

・電子レンジで使える容器と使えない容器!耐熱温度は何度以上?

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください