電子レンジでキャベツの温野菜を作る方法!加熱時間や容器についても

野菜を毎日食べようと意識されている方も多いと思いますが、
野菜をそのまま食べてしまうと体を冷やしてしまうため
温野菜にして食べたいと思われる方も少なくありません。

 

しかし、温野菜というと鍋でお湯を沸かして茹でて
とかなり手間がかかってしまうので面倒…
そこで、電子レンジで温野菜を作ることができないのか
と疑問に思われる方も多いようです。

 

ということで、今回は電子レンジでキャベツなどの
温野菜を作る方法についてご紹介していきたいと思います。

 

電子レンジでキャベツの温野菜を作る方法!
加熱時間は野菜ごとに違います

 

電子レンジで温野菜を作るにはどうしたら良いのでしょうか?

 

電子レンジで温野菜を作る方法はとっても簡単で、
野菜を水洗いしザルで水切りをして
容器に入れたら電子レンジで加熱するだけで
野菜を温野菜にすることができます。

 

このように電子レンジで温野菜を作れば、
鍋でお湯を沸かして茹でるよりも
圧倒的に簡単に温野菜を作ることができてしまいます。

 

ただ、電子レンジで温野菜を作る際は、
加熱時間を間違わないように注意が必要です。
電子レンジで温野菜を作る際の加熱時間は
野菜ごとにある程度決まっているのですが、
加熱時間を間違ってしまうと、
美味しい温野菜にならなくなってしまいます。

 

例えば、キャベツであれば100gあたり
500Wで1分30秒ですし600Wだと1分10秒となるのですが、
このように野菜によって電子レンジで加熱する
時間の目安が決まっています。

 

なので、電子レンジで温野菜にしたい
野菜がありましたらまずはどれくらい加熱したら
良いのか確認してみて下さい。

 

・電子レンジで温野菜を作る際の野菜ごとの加熱時間の目安

 

電子レンジで温野菜を作るための容器はどれがいい

 

さて、ここまでは電子レンジで温野菜を
作る方法についてご紹介してきましたが、
電子レンジで温野菜を作る場合には
どのような容器を使えば良いのでしょうか?

 

結論からいってしまうと、
電子レンジで温野菜を作るための専用の容器があるので
そういった物を使うとよいと思います。

 

例えば「電子レンジで温野菜」というものだと
容器自体に野菜ごとの加熱時間の目安表がついているので
いちいち加熱時間を調べなおしたりする手間もありません。

 

電子レンジで温野菜

 

また、蒸し料理や煮物の下茹でなどにも
使用することができるので
コスパが高いアイテムなんですよね♪

 

まとめ

 

今回は電子レンジでキャベツなどの野菜の
温野菜を作る方法についてご紹介しました。

 

電子レンジを使えば茹でるより簡単に
温野菜を作ることができてしまいますが、
加熱時間を守るようにしないと
おいしく出来上がらなくなってしまうので
電子レンジで温野菜を作れる専用の容器を
使用するようにすれば便利かと思います。

 

これから電子レンジでおいしい温野菜を
作ってみたいという場合は
ぜひ参考にされてみてくださいね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください