紙皿や紙コップは電子レンジに対応している?チンしても大丈夫?

紙皿や紙コップは使用後そのまま
燃えるゴミとして捨てることができるので、
洗い物をする手間が省けることから
使う機会も多いかとおもいますが、
そんな紙皿や紙コップは電子レンジで
チンしても大丈夫なのでしょうか?

これについて気になっている人も多いようですね。

そこで、今回は紙皿や紙コップは電子レンジに
対応しているのかどうか
ということについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


紙皿や紙コップは電子レンジに対応している?

紙皿や紙コップは電子レンジでチンすることができるかどうか
これについて疑問に思われている方も多いようですが、
結論からいうと電子レンジ対応と書かれてある
紙皿や紙コップであれば問題なくチンすることができますし、
仮に電子レンジ対応と書かれていなかったとしても
基本的にはチンしても問題はないといえますが、
いくつかの条件は守る必要があるでしょう。

そもそも、電子レンジで食品が温まる原理は
電子レンジから放射される電磁波が
水分子を振動させることで生じる摩擦熱によるものなので、
水分子がなければ電子レンジでチンしたとしても
温まることはありません。

ですから、お皿だけ電子レンジでチンしたとしても
熱くなることはないのですが、
紙皿や紙コップでもこれと同じことがいえるので
電子レンジで加熱しても大丈夫というわけなんですね。

ただ、紙皿や紙コップは熱くならなかったとしても
油を含んだ食品だと電子レンジで加熱されることで
110℃以上になってしまうことがあるので、
紙皿や紙コップで油ものをチンすることはできません。

また、紙コップの内側には耐水性を高めるために
薄いポリエチレンが貼り付けられていますが、
このポリエチレンは110℃前後で溶けはじめてしまいますし、
特別な記載がないかぎりは紙コップの
耐熱温度はだいたい90℃前後となっているため
紙コップで熱い飲み物を作るのは避けた方が良いでしょう。

ですから、そもそも電子レンジ対応と記載されていない
紙皿や紙コップであった場合は
電子レンジで使用しないようにした方が良いとおもいます。

・電子レンジでお湯を沸かすのが危険な理由!

電子レンジ対応と書かれた紙皿や紙コップでも…

さて、紙皿や紙コップの種類によっては
パッケージに「電子レンジ対応」と
書かれてあるものもありますが、
だからといってすべてにおいて
電子レンジに対応しているかといえばそうではありません。

具体的には500W未満で2分未満とか
1000Wで40秒未満というように
短時間での使用は対応しているものの
この目安の時間をオーバーした使用は
避けるようにと予め明記されている事が多いですね。

【電子レンジ対応】紙皿100枚18cm

ですから、紙皿や紙コップが電子レンジ対応と書かれてあったとしても
あくまでも短時間の加熱において使用できるのであって
例えば冷凍食品を温めたりというように
長時間加熱するというような用途には
使用することができないというわけなんですね。

まとめ

今回は紙皿や紙コップは電子レンジに
対応しているのかどうかということなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

紙皿や紙コップは電子レンジでの長時間の
加熱には適していないものなので
あくまでも短時間電子レンジで加熱することができる
場合に限って使用することができるものなので
長時間の加熱が必要な場合は
耐熱容器などを使って加熱するようにしましょう^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする