電子レンジで牛乳を温める時間!突沸による吹きこぼれを防止する方法

「牛乳をマグカップに入れて電子レンジで
温めるのですがいつも吹きこぼれてしまいます。

一体どうしたら電子レンジで牛乳が
吹きこぼれないように温めることができるのでしょうか?」

この方のように電子レンジでホットミルクを
作っている方も少なくないようですが、
加熱が終わって電子レンジの扉を開けてみると
牛乳が吹きこぼれてしまっている
という残念な結果になっている場合も少なくないようですね。

どうして、電子レンジで牛乳を温めると
吹きこぼれが起こってしまうのでしょうか?
またちょうど良く牛乳を温めるには
どれくらいの時間加熱すれば良いのでしょうか?

電子レンジで牛乳が吹きこぼれるのは突沸が原因かも!

電子レンジで牛乳をチンしたら、
吹きこぼれていたなんて経験を
したことがある方もいらっしゃるかもしれませんが
実はこれ「突沸」という現象が原因なんです。

「突沸」なんて聞き慣れない言葉なので
どういった現象が分からない方も多いと思いますが、
簡単にいうと、
沸点に達しているのにボコボコなっていない状態の液体が
何らかの衝撃が加わることで一気に吹き上げる現象になります。

電子レンジだと火で温めるのと違って
マイクロ波という電磁波を使って
水分子を高振動させ摩擦熱を発生させ温めますが、
これで加熱していくと液体が沸点に達しても
ボコボコとならない状態になってしまう場合があるのです。

そしてその結果、電子レンジの扉を開けたら
牛乳が吹きこぼれているということが起こるというわけなんですね。

・電子レンジでお湯を沸かす方法!危険な突沸という加熱についても

スポンサーリンク



スポンサーリンク



電子レンジで牛乳を温める時間はどれくらい?突沸を防止する方法!

さて、ここまでは電子レンジで牛乳を温めた時に
吹きこぼれてしまう原因となる突沸について
ご紹介してきましたが、
ここからは電子レンジで牛乳を安全に温める方法
についてご紹介していきたいと思います。

まず、大事なことは突沸を防止するということですが、
突沸を防止するためには
温めすぎないようにするということが大事なので、
電子レンジでの加熱時間を30秒ごとなど短く区切って
様子を見ながら加熱していくという風にすると良いですね。

また、マグカップにラップをかけて、
左右2箇所に空気が入るようにしておくと
空気の流れを作ることができるので
突沸が起こるのを予防しやすくなりますよ。

また、電子レンジに牛乳温め機能がある場合には
そのボタンを使って温めるようにすると良いかと思います^^

まとめ

今回は電子レンジで牛乳を温めた時に
吹きこぼれてしまう原因や
安全に牛乳を電子レンジで温める方法
についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

電子レンジで液体を温める場合には
突沸という現象に注意しなければなりませんが、
沸点まで加熱しなければ起こることがないので
少しづつ温めていくというようにすれば
突沸は防止することができるので、
液体を電子レンジで温める場合には
温め過ぎてしまわないように注意しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする