電子レンジのエラーコードH98やH56の意味や対処法!故障なの?

電子レンジはいまや生活になくてはならない
家電の1つとなっていますが、
使用年数が長くなってくるとエラーが起きて
使えなくなってしまうという事があるようです。

例えば、H98やH56というようなエラーコードが
表示されてしまうのですが、
このような事例は決して少ないものではなく
ネット上でも話題になっていることがあるようです。

ということで、今回は電子レンジのエラーコード
H98やH56の意味や対処法などについて
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



電子レンジのエラーコードH98の意味と対処法!

電子レンジのエラーコード「H98」が
表示されるた場合にはどのような意味があるのでしょうか?

「H98」エラーコードはパナソ◯ック製の電子レンジで
マグネトロンやインバーター基盤の不具合がある
という意味のエラーコードになるのですが、
「H98」というエラーコードが表示されてしまった場合は
修理が必要となりますので故障扱いと
考えてしまって良いのではないかと思いますが、
「H98」が表示された場合はメーカーの
コールセンターに連絡をして修理の手配を依頼するようにしましょう。

ちなみに、マグネトロンの故障の場合は保証期間が
2年以内となっていますので、
2年以上使用している場合には有償修理となり、
およそ20,000円くらいの修理費用が相場となっているようです。

ですから、2年以上使用していて「H98」が
表示されてしまった場合には
修理するのではなく新しい電子レンジに
買い替えをした方が良いかもしれません。

【アイリスオーヤマ】電子レンジ

電子レンジのエラーコードH56の意味と対処法!

さて、電子レンジでエラーコード「H56」と
表示されてしまった場合にはどのような意味があるのでしょうか?

「H56」エラーコードは日◯製の電子レンジで

  • マグネトロンの断線
  • インバーター基盤の不良
  • ドアスイッチの接触不良

などが起こっている理由から表示されてしまうものになります。

ですので、「H56」が表示されてしまった場合は
故障しているということになるので
メーカーのコールセンターに連絡をして
修理をしてもらう必要があるのですが、
保証期間を過ぎての修理となると
修理費用として2万円くらいかかってしまう
ケースが多いようなので、
修理せず新しい電子レンジに買い替えをした方が
安く済ませられる可能性が高いです。

まとめ

今回は電子レンジのエラーコード「H98」や
「H56」の意味や対処法についてご紹介しましたが、
「H98」や「H56」が表示されてしまった場合は
電子レンジが故障してしまったという意味になりますので、
保証期間内であれば修理を依頼するようにし、
保証が切れている場合は買い替えをすると良いかと思います。

また、電子レンジを新しいものに買い替えを行うのであれば、
延長保証を付けないで本体が安い電子レンジを購入するか
延長保証を付けて良い電子レンジを買うかの
どちらかにすると電子レンジの故障対策ができますので、
新しい電子レンジを購入される場合には
参考にしてみてください^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする