電子レンジのアース線は必要?つけないとどんな危険があるの?

みなさんは電子レンジのアース線は
ちゃんと繋いでいますでしょうか?

先日、新しい電子レンジに買い替えたのですが、
電子レンジを起いたらアース線をつなぐのに
ちょと距離が遠い感じだったので、

「アース線をつけないで使っても大丈夫なのかしら?」
と疑問に思ったので、

電子レンジのアース線をつけないまま
使用するとどんな危険があるのか?
ということについて調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電子レンジのアース線は
どんな必要性があってついているものなのか?
ということなどについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

 

電子レンジのアース線は必要?つけないとどんな危険があるの?

さて、電子レンジのコンセントと
一緒についている緑色のアース線ですが、
アース線は一体どのような役割があるのでしょうか?

アース線は水気がある場所で使用する
家電製品には付けることが決められていますが、
水気のある場所で家電製品が漏電した場合、
電気が水に流れてしまうことで
感電事故が起こってしまう危険があるため、

感電事故を防止するためにアース線をつなぐ必要がある
ということなんです。

アース線を繋いでいれば、
万が一漏電が発生してしまった場合、
電気をアース線が安全な場所に
流してくれるため感電しないで済むのですね。

 

しかし、
最近の家電製品は絶縁処理がしっかりしているので、
漏電が起こる心配がそもそも少ないので、
アース線をつけないで使用してしまっている
という方も結構いらっしゃったりするようなのですが、

やはり、万が一の事を考えると、
アース線がついている家電は
しっかりアース線を繋いで使用する
というようにした方が良いでしょう。

 

また、もしアース線をつなぎたいけれど、
アース線をつなぐ場所がないという場合は、
次のような方法でアース線を延長したり
アース線の端子を増設することで
解消することができるので、
もしよかったら参考にしてみてください。

 

アース線を延長したり、アース線の端子を増設する方法

 

ということで、
電子レンジのアース線をつなぐ必要性
については先程お話した通りなんですが、

もし、電子レンジの設置場所から
アース線が届かなかったり、
そもそもアース線をつなぐ端子がない
という場合はどうしたら良いのか?
ということについてここからは
ご紹介していきたいと思います。

 

まず、アース線の長さが足りなくて
端子まで届かないというような場合は、
アース線を延長する事で解決することができます。

電子レンジのアース線はドライバー1本で
つけ外しすることができるので、
まずは元からついていたアース線を取り外し、
アース線をつなぐために必要な長さを測りましょう。

アース線をつなぐための必要な長さが分かったら、
取り外したアース線を持って家電量販店へ行き、
同じ太さで必要な分の距離のアース線を購入し、
そのアース線を再度電子レンジにつなぎ直し、
端子に繋いでください。

アース線の長さが足りず繋げない場合は、
このような方法で対処する事ができます。

 

次に、そもそもアース線をつなぐ端子がない
という時の対処法になりますが、

アース線をつなぐ端子がない場合は、
アース端子の増設工事が必要になりますので、
家電量販店や電気店に行って、
アース端子の工事を依頼しましょう。

ちなみに、アース端子の工事費用ですが、
5,000~20,000円程度が目安になっているようで、
結構費用にばらつきがあるようですので、
まずは何社かに見積もりを出してもらってから
工事をはじめるようにした方が良いかもしれません。

 

また、漏電遮断器を使用すると、
アース線の代わりになるので、
例えばアース端子の工事が終わるまで
漏電遮断器をつないでおくようにすると
より安心して使えるかと思います。

【プラグ型漏電遮断器】ビリビリガード

 

まとめ

 

今回は、電子レンジのアース線をつけないで
使用してしまうとどんな危険があるのか?
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

漏電が起こらなければ、
アース線をつけなくてもなんの問題もなく
電子レンジを使用することができますが、

万が一漏電が発生してしまったときに、
アース線がつながれていない状態ですと、
感電事故が起こってしまう原因になりますので、
アース線がついている家電は、
アース線をしっかり繋いで使用する
というようにしましょう。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください