電子レンジのアース線は必要?端子がない場合の対処法!延長の仕方

料理する時にあると便利な電子レンジですが、
電子レンジをつなぐ時にコンセントを見てみると
アース線がついているんですよね。

で、アース線をつなごうにもコンセントを見てみると
アース線をつなげる端子がなく
電子レンジのアース線をつけたくてもつけられない
というふうになって困っている方も
少なくないようですね(^_^;)

もし、アース線をつなげる端子がない場合、
電子レンジのアース線をつなげないで使用しても良いのでしょうか?
また、アース線がない場合はどのような対処法があるのでしょうか?

今回はこういったことについて
ご紹介していきたいと思います。

電子レンジのアース線は必要?

電子レンジのコンセントと一緒についている
緑色の線は「アース線」といいいますが、
このアース線は万が一漏電が発生した際に
感電しないようにするためのものになります。

なので、取扱説明書的な言い方をすれば
アース線がついている場合は
アース線をつなげる必要があるということになります。

ただ、実際にはアース線をつなげないまま
電子レンジを使っているという方も少なくないようですが、
アース線がつながれていなかったとしても
漏電が起こらなければ問題なく電子レンジを
使用することができるので、
あくまでも自己責任となるのですが、
アース線をつながないで電子レンジを
使っている方もいらっしゃるようです。

ただ、アース線をつなげていないと
漏電が起こってしまった場合には、
感電する可能性があり非常に危険ですので、
おそらくアース線に関しては誰に聞いたとしても
「必要なのでつないで下さい」と
ほぼ間違いなくいわれるでしょう。

いずれにしてもアース線をつなぐかつながないかは
自己責任となってしまうのですが、
電子レンジのように使用電圧が高く、
水気のある場所で使用するような家電製品は
アース線をつないで使用した方が
安全であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



電子レンジのアース線をつなげる端子がない場合の対処法

さて、ここまでは電子レンジのアース線は
必要なのかどうかということについてご紹介してきましたが、
アース線をつなげるアース端子がない場合は
どのような対処法をすれば良いのでしょうか?

まず、アース線を延長すればつなぐことができる場合は
電子レンジの設置場所からアース端子がある場所までの
距離を測って必要な長さのアース線を購入し
そのアース線を既存のものと付け替えてつなぐ方法があります。
アース線がつながれている部分を見ると分かるかと思いますが、
アース線はプラスドライバーがあれば付け替えることができます。
ちなみにアース線は1つのアース端子に
2~3本つなげることができます。

また、アース端子自体がどこにもなかったり、
アース線を延長するのが現実的ではない場合には
アース端子の増設工事をする必要があるのですが、
その場合は電気工事店に依頼すればやってもらうことができます。

また費用は実際に見積もりを取ってみなければ分かりませんが、
5,000円~20,000円くらいになる場合が多く、
場合によってはそれ以上という感じみたいですね。(^_^;)

ただ、このような工事をするのが面倒だったり
費用がかかり過ぎて嫌だという場合には
コンセントに取り付ける「漏電遮断器」を
使用するようにすると良いかと思います。

「漏電遮断器」であれば2,000円前後で
手に入れることができますのでリーズナブルですし
自分ですぐに取り付けられるので
工事に立ち会って時間を取られることもありません。

【プラグ型漏電遮断器】ビリビリガード

まとめ

今回は電子レンジのアース線は必要なのかや
アース端子がない場合の対処法などについてご紹介しました。

漏電が起こらなければアース線をつながなくても
問題が起こることはありませんが、
漏電が起こってしまった場合には
重大な事故につながる可能性がありますので、
アース線は漏電が起こる前に
つなぐようにしておかなければならないんですね。

ということで、電子レンジのアース線をつなぐ
アース端子がなくてお困りの場合は
今回ご紹介した事を参考にされてみてください^^

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする