電気ケトルが動かない!ランプがつかない原因はやっぱり故障?

水を入れてスイッチを入れたら、
パッとお湯を沸かしてしまう電気ケトルですが、
先日、我が家の電気ケトルは
スイッチを入れてもランプがつかなくなり
お湯を沸かす事ができなくなってしまったんです(^_^;)

「どうして、電気ケトルが動かないの??
使えないなんてかなり困るんですけど…」

そう思った私は、
電気ケトルが動かなくなってしまう原因について
いろいろと調べてみることにしたんですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電気ケトルがスイッチを入れても
動かない場合に考えられる原因や
対処法についてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

電気ケトルが動かない!スイッチを入れてもランプがつかない原因は故障?

 

「電気ケトルのスイッチを入れても
ランプがつかず動かない…」

そんな時は、
電気ケトルが故障してしまったのでは?
と疑いたくなるかもしれませんが、
まずは落ち着いて次の事を確認してみましょう。
もしかしたら電気ケトルの電源が
入るようになるかもしれませんよ!

  1. 電源プラグはコンセントに挿してありますか?
  2. ブレーカーは落ちていませんか?
  3. 電気ケトルは電源プレートの上に正しく置かれていますか?
  4. 電源プレートの端子の部分にゴミなどがついていませんか?

このように、
電気ケトルに何らかの理由で
通電しなくなるような原因があると
スイッチを入れても電源が入らず、
動かなくなってしまうので、
電気ケトルが動かない場合は、
当てはまっている事がないかどうか
1つずつ確認されてみてくださいね。

電源プラグを挿し忘れていたり、
ブレーカーが落ちていたりするのに
気づかないなんて方は少ないと思いますが、
電源プレートの端子の部分にゴミがついているのに気づかない
という方は多いのではないでしょうか?

電気ケトルと電源プレートを接続する端子の部分は
普段ほとんど意識して見ることがないはずなので、
ゴミがついていても気づかない事も少なくありません。

 

ただ、これらの事を確認してみても、
電気ケトルの電源が入らず動かない場合は、

  • 温度ヒューズが飛んでいる
  • 断線している

など、ケトルが故障している事が原因で
電源が入らなくなっている可能性も考えられるので、
メーカーに連絡して修理を依頼するか、
新しいものに買い換えるようにしてください。

保証期間が残っている場合は、
ケトルを無償修理してもらえる可能性が高いので、
修理した方が良いと思うのですが、

もし、ケトルの保証期間が
切れてしまってから故障してしまった場合は、
新しいケトルに買い換えるよりも
修理する方が高くついてしまう場合もあるので、
新しいものに買い換えるようにした方が
時間的にもコスト的にもお得かもしれません。

電気ケトルを修理に出してしまうと、
戻ってくるまでに多少時間がかかってしまい、
しばらく電気ケトルなしで
お湯を沸かさなければならなくなるので、
電気ケトルを修理に出される際は、
ケトル以外でのお湯を沸かす方法を
考えておくようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、電気ケトルの電源を入れても
ランプがつかず動かない場合に
考えられる原因や対処法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

電気ケトルが急に動かなくなってしまうと、
故障してしまったのでは?
と慌ててしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

  1. 電源プラグはコンセントに挿さっているかどうか
  2. ブレーカーは落ちていないかどうか
  3. ケトルは電源プレートの上に正しく置かれているか
  4. ケトルと電源プレートの端子の部分にゴミなどがついていないか

ということについて確認すると、
電源が入るようになる場合もあるので、
まずは落ち着いて上記の事を確認してみてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください