電気ケトルのスイッチが切れない原因とは?やっぱり故障なの?

電気ケトルといえば、
お湯が沸いたら自動的にスイッチが切れてくれる…
はずなんですが、

ある日の事いつものように
電気ケトルでお湯を沸かしていたら、
グツグツ沸騰しているのに
電気ケトルのスイッチが
全く切れる気配がなかったんですΣ(´∀`;)

少し危険を感じた私は、
とりあえず自分でケトルのスイッチを切ったんですが、

「もしかして、電気ケトル故障した?
スイッチが自動で切れないのはなぜ?
このまま使い続けたらマズイ?」
と、不安になったので、
電気ケトルのスイッチが切れない
原因について調べてみることにしたんですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、電気ケトルのスイッチが
切れない原因や対処法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

電気ケトルのスイッチが切れない原因とは?故障なの?

 

電気ケトルのスイッチが切れない場合は
どんな原因が考えられるのでしょうか?
この事について早速見ていきましょう。

 

1.フィルターがセットされていない

 

電気ケトルのスイッチが自動的に切れない
場合に考えられる1つ目の原因は、
注ぎ口にセットされているフィルターが
セットされていなかったり、
しっかりセットできていない
ということになります。

電気ケトルはお湯が沸騰した時の蒸気を
利用して自動的にスイッチが切れる仕組みに
なっているものが多いのですが、
注ぎ口のフィルターがセットできていないと、
蒸気がスイッチを作動させる部分に
流れていかず空気中に逃げてしまうため、
電気ケトルの電源が切れなくなってしまう原因になります。

なので、電気ケトルのスイッチが切れない場合は、
まずはじめに注ぎ口のフィルターが
しっかりセットされているかどうかを
確認するようにしてみて下さい。

参考 お湯が沸騰すると自動的に止まる電気ケトルの仕組みとは?生活ディクショナリー

 

2.電気ケトルのフタが閉じられていない

 

電気ケトルのスイッチが自動的に切れない
場合に考えられる2つ目の原因は、
電気ケトルのフタがしっかり閉じられていない
ということになります。

電気ケトルが自動的に止まるためには
沸騰したお湯の蒸気がスイッチに作用する事が必要
ということは先程お話した通りなんですが、

フィルターがしっかりセットされていない時と同様に、
電気ケトルのフタが閉じられていなかったり、
しっかり閉じられていない場合も
スイッチが切れなくなってしまう原因になります。

フィルターがしっかりセットされているにも関わらず、
電気ケトルのスイッチが切れない場合は、
フタがしっかりカチッとなるまで
閉じられているかどうかも確認してみて下さい。

 

3.電気ケトルの故障

 

  1. 注ぎ口のフィルターがセットされているかどうか
  2. フタが閉じられているかどうか

この2つについて確認して
どちらについても問題ないにも関わらず
電気ケトルのスイッチが切れない
状況になってしまうという場合は、
電気ケトルが故障している可能性が高いです。

電気ケトルが故障してスイッチが
自動的に切れない状態のまま
使い続けるのはとても危険なので、
すぐにその電気ケトルの使用はやめ、
修理に出してから使うようにするか、
新しい電気ケトルに買い換えるようにしましょう。

・電気ケトルランキング【楽天市場】

 

まとめ

 

今回は、電気ケトルのスイッチが
切れない場合に考えられる原因について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

フィルターがしっかりセットされていなかったり、
フタがちゃんと閉じられていないと、
電気ケトルのスイッチが正常に作動しなくなり、
電源が切れなくなってしまう場合があるようです。

ただ、フィルターもフタもしっかり
セットされているのに電気ケトルの
スイッチが切れなくなってしまっている場合は、
電気ケトルが故障している可能性が高いので、
そのまま使い続けないようにしてください。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください