電気ケトルの底が茶色くサビる原因と対処法!使い続けて大丈夫?

高齢になった両親に
安全にお湯が沸かせる電気ケトルを
プレゼントしていたんですが、
最近様子を見に行った時、
ケトルでお湯を沸かそうとすると、
なんと底に茶色くサビが発生していました(^_^;)

「うわ、電気ケトルの底サビてるじゃん…
このまま使い続けても大丈夫なの?
もう、処分するしかないの?」
そんな事を頭をよぎったんですが、

とりあえず、一度落ち着いて、
電気ケトルの底が茶色くサビる原因や対処法
について調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、電気ケトルの底が茶色くサビる原因や
電気ケトルの底がサビた時はどう対処すれば良いのか?
ということについてみなさんに
シェアしていきたいと思います^^

電気ケトルの底が茶色くサビる原因とは?使い続けて大丈夫?

 

電気ケトルの底が茶色くサビてしまうのは
一体何が原因なのでしょうか?

この事について気になっている方も多いようですが、

結論から言ってしまうと、
電気ケトルの底に茶色いサビが出来る原因は、
電気ケトルの底に使われいるステンレス
そのものがサビているわけではなく、
水道水に含まれていた鉄成分が付着し結晶化した事で
鉄サビとして付着してしまっている事になります。

簡単にいうと、
電気ケトルの底のステンレスの上に
鉄さびが付着しているだけの状態なので、
クエン酸などの酸を使ってお手入れして
サビを落とすようにすれば、
もともとのきれいな状態に戻す事ができるのです。

ただ、電気ケトルに鉄さびが発生してから
お手入れせず長期間放置してしまっていると、
もらいサビが起こって電気ケトルの
ステンレス自体もサビてしまう場合があるので、
電気ケトルにサビが発生した場合は
すぐにお手入れしてサビを落とす事が大切です。

ちなみに、
「サビが発生している電気ケトルで
沸かしたお湯を飲んでしまった場合、
何か影響があるのでは?」と、
不安になられる方もいらっしゃるかと思いますが、

鉄やステンレスに発生するさびには毒性がないので、
サビが発生している電気ケトルで
沸かしたお湯を飲んでも問題ありませんし、
また、鉄やステンレスのさびは
水が沸騰する程度では溶け出さないので
サビが発生している電気ケトルで
お湯を沸かしたとしてもサビがお湯に
混ざるということはないので、
特に心配する必要はないようです。

 

電気ケトルの底が茶色くサビている時の対処法!

 

電気ケトルの底に茶色いサビが
発生してしまっている場合は、
次の手順でお手入れすることで、
ステンレスの上に付着している
鉄さびを落とす事ができますよ。

■用意するもの

  • クエン酸(30g)
手順1
電気ケトルに満水まで水を入れる

 

まずは、電気ケトルの目盛り一杯の
満水になるように水を入れます。

手順2
クエン酸を投入する

 

電気ケトルを満水にすることができたら、
予め用意しておいたクエン酸を30g投入します。
30gというと分かりづらいかもしれませんが、
大さじ2杯ほどが目安になります。

手順3
沸騰させお湯を捨てず2時間放置する

 

クエン酸を投入したら、
電気ケトルのスイッチを入れ水を沸騰させ、
沸騰したらお湯を捨てずにそのままの状態で
2時間放置しておきましょう。

手順4
お湯を捨てスポンジで軽くこすり水でよくすすぐ

 

電気ケトルで水を沸騰させてから
2時間ほど放置することができたら、
一度入っているお湯を捨て、
食器洗い洗剤をつけたスポンジで軽く内側をこすり洗いし、
その後、水でよくすすぐようにしましょう。

電気ケトルを水ですすぐ際は、
底の端子部分に水がかからないように注意してください。
水がかかってしまうと故障の原因になる可能性があります。

以上の手順で電気ケトルの底の
サビは落とす事ができるはずなので、
もし、電気ケトルにサビが発生した場合は、
参考にしてお手入れしてみてください。

 

まとめ

 

今回は、電気ケトルの底が茶色くサビる原因や、
電気ケトルにサビが発生した時の対処法などについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

サビ自体には悪影響がないので、
特に何か心配する必要はないようですが、
サビを放置してしまっていると、
サビがどんどん広がっていってしまうので、
電気ケトルにサビを見つけた場合は、
早めにお手入れしてサビを取り除いておくようにしましょう。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください