電気ケトルで牛乳を温めて底が焦げた時の対処法!

「電気ケトルに牛乳を入れて温めれば
ホットミルクがすぐ出来るのでは?」
なんて軽い気持ちから、
電気ケトルで牛乳を温めてみたものの、
吹きこぼれそうになるわ、底は焦げるはで
ケトルがかなり散々な状態に…

焦げ付いた電気ケトルの底を
普通のスポンジでこすってみても、
焦げ付きを落とす事ができず、
「どうすれば良いものか…」
と困った私は、

電気ケトルで牛乳を温めて
底が焦げ付いてしまった時の
対処法について調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
割といるようだったので、

今回は、電気ケトルで牛乳を温めて
底を焦がしてしまった時の対処法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

電気ケトルで牛乳を温めて底が焦げた時の対処法!

 

電気ケトルで牛乳を温めたら、
底が焦げてしまった…
なんてトラブルが起こる事は多いようです。

なぜ、牛乳を電気ケトルで温めると
底に焦げ付いてしまうのでしょうか?

牛乳は水と違ってタンパク質が含まれているため
加熱するとタンパク質が固形になりますが、
加熱し過ぎると焦げになってしまうため、
牛乳を電気ケトルで温めると底が
焦げてしまう原因になるのです。

では、電気ケトルの底が焦げ付いてしまったら、
どのように落としたら良いのでしょうか?

電気ケトルの底が焦げ付いてしまった場合は、
重曹と水を2:1で混ぜ合わせたものを焦げにつけ、
使い古しの歯ブラシや、金属製たわしなどで
こするようにすると焦げを落とす事ができますよ。

 

電気ケトルで牛乳は温めない方が無難

 

電気ケトルで牛乳を温めて
ホットミルクを作ろうと思う方も
少なくないようなんですが、
電気ケトルで牛乳を温めてしまうと…

  1. 電気ケトルの底が焦げる
  2. 吹きこぼれてやけどやケトルの故障の原因になる
  3. 電気ケトルに匂いがついてしまう

このようなデメリットがあるため、
電気ケトルでは牛乳を含めて
水以外のものを温めない方が無難です。

吹きこぼれた牛乳が電気ケトルの
金属部分にかかってしまったりすると、
電気ケトルが故障してしまったり、
感電する恐れもありますし、

牛乳のにおいが一度電気ケトルについてしまうと、
なかなか落ちなくなって、
お湯を沸かした時牛乳臭くなってしまうので、
電気ケトルでは水以外のものを入れない方が良いでしょう。

電気ケトルで水以外のものを沸かすのがNGな3つの理由!

 

まとめ

 

今回は、電気ケトルで牛乳を温めて
底が焦げてしまった時の対処法について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

牛乳にはタンパク質が含まれており、
熱し加減を自分で調整できない
電気ケトルで牛乳を温めてしまうと、
焦げが発生したり吹きこぼれたりする
可能性があるので注意が必要です。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください