電気ケトルは洗わないと不衛生?正しい洗い方と洗う頻度をチェック!

普段電気ケトルでお湯を沸かしている…
という方も多いかと思いますが、
そんな電気ケトルあなたはどれくらいの
頻度で洗って使っていますでしょうか?

私も普段電気ケトルを使っているのですがある日ふと、
「そういえば、電気ケトルって洗わないで
使ったらやっぱり不衛生よね?
もし、洗う場合はどれくらいの頻度で
どんなふうに洗ったら良いのかしら?」
と、疑問に思いました。

そこで、電気ケトルを洗う適切な頻度や、
正しい洗い方などについて調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、

今回は、電気ケトルを洗わないと
どんな問題が起こってしまうのかや、
電気ケトルの洗い方や頻度について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

電気ケトルを洗わないで使うのは不衛生?
電気ケトルを洗う適切な頻度はどれくらい?

 

電気ケトルをずっと洗わないで使っている…
という方も中にはいらっしゃるようなんですが、

電気ケトルを洗わないで使い続けてしまうと、
ケトルの内側に水道水に含まれるミネラル成分が
水垢として付着していってしまい
臭いやカビなどが発生する原因となってしまいます。

「ただ、水を沸かすだけだから大丈夫」
なんてふうに考えて
ケトルを洗わずに使い続けてしまうのは
不衛生なのでしないようにしてくださいね。

かといって、ケトルでお湯を沸かすだけであれば、
そこまでこまめに洗う必要はありませんよ。
なので、お湯を沸かすだけの電気ケトルを毎日洗う…
なんてことはしなくて大丈夫です。

では、一体電気ケトルはどれくらいの頻度で
洗うようにしたら良いのでしょうか?

電気ケトルは1ヶ月に1回、
できるのであれば2週間に1回の頻度で
洗うようにするのがベターです。

 

電気ケトルの正しい外側と内側の洗い方

 

では、ここからは、
電気ケトルの正しい洗い方について
ご紹介していきたいと思うんですが、
ケトルの内側と外側それぞれの
洗い方をご紹介していきますので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

電気ケトルの内側の洗い方

 

STEP.1
電気ケトルのMAXまで水を入れる

 

電気ケトルを洗う場合は、
まずケトルのMAXの目盛りがあるところまで水を入れましょう。

STEP.2
クエン酸を入れる

 

ケトルのMAXの目盛りまで水を入れたら、
そこにクエン酸や電気ケトル洗浄剤を入れていきましょう。

クエン酸を入れる場合は、
大さじ1~2杯程度を目安に入れ、
電気ケトル洗浄剤を入れる場合は、
1包分投入してください。

STEP.3
水を沸騰させ1時間放置する

 

電気ケトルに水とクエン酸などの洗浄剤を入れたら、
電気ケトルの電源を入れて水を沸騰させます。
沸騰したらそのままの状態で1時間ほど放置し、
その後お湯を捨てましょう。

STEP.4
ケトルの内側に汚れがないか確認する

 

お湯を捨てたら一度ケトルの内側を
目で見て汚れがないか確認してみてください。

もし、気になる汚れがあった場合は、
食器用のスポンジで掃除します。

STEP.5
しっかり水ですすぐ

ケトルの内側がきれいになったら
最後はケトルに水を溜めて捨てるのを5回くらい行い、
しっかり水ですすいで完了です。

 

電気ケトルの外側の洗い方

 

電気ケトルの外側を洗いたくなった場合は
どのようにすれば良いのでしょうか?

電気ケトルは基本的には水で丸洗いするのがNGなので、
外側を洗う場合は柔らかい布に中性洗剤を軽くつけて
汚れを拭き取るようにし、
その後、洗剤がついていない柔らかい布で乾拭きして
掃除するようにしてください。

軽い汚れであればこの方法でスッキリ
汚れを落とす事ができますが、
黄ばみなどがある場合は難しい場合もあります。
電気ケトルの本体の外側やフィルターなどの
プラスチック部分の黄ばみの掃除方法については
別の記事で解説してありますので、
もしよかったら参考にしてみて下さい。

電気ケトルの外側とフィルターの黄ばみの掃除方法!

また、ケトルの外側を掃除する際は、
ケトルのコンセントを抜き、
底の部分に水がかからないように注意してください。

 

まとめ

 

今回は、電気ケトルを洗わないと
どんな問題が起こってしまうのかや、
電気ケトルの洗い方や頻度について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

お湯を安全かつ簡単に沸かすことが出来て
便利な電気ケトルですが、
洗わないで使い続けてしまうと、
水垢が溜まって臭いやカビが発生して
不衛生になってしまう場合があるので、
定期的に洗って使うようにしてくださいね。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください