クレジットカードのサインは裏面と違っても大丈夫?書き直しできる?

クレジットカードで会計を済ませた時、
伝票にサインを求められる事ありますよね。

 

できれば、サインを書かなくて済んだ方が
楽で良いような気もしますが、
やはり、本人がクレジットカードを使った
という証明になるという事を考えると
面倒だけど必要なものというのも理解できます。

 

ということは、クレジットカードの裏面の
署名と同じような感じで伝票にもサインをしないと、
本人が使ったかどうかお店の人が
判断できなくなりそうですし、
クレジットカードの裏面の署名とサインが
あまりにも違うと本人が使っていないのではないか?
という疑いをかけられてしまう可能性もありそうです。

 

そこで今回は、
クレジットカードで会計した際のサインは
裏面にしてある署名と違っても大丈夫なのかや、
サインを書き直しすることはできるのかどうか?
という事についてみなさんにシェアしていきたいと思います。

 

会計時のクレジットカードのサインは裏面の署名と違っても大丈夫?
書き損じた場合書き直しはできる?

 

クレジットカードを会計に使用すると、
サインを求められる事もありますが、
この時のサインはクレジットカードの裏面にしてある
署名と違っても大丈夫なのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、
クレジットカードの会計時のサインは
裏面にした署名と同じようにサインしないと、
本人確認が取れなくなってしまう原因となるためNGです。

 

クレジットカードで支払いをする際は、
お店のレジの人が裏面の署名を必ず
確認するようになっていますが、
これはサインをもらった時明らかに
異なるサインかどうかを判断できるようにするため。

 

クレジットカード裏面の書面とサインが
明らかに異なっているような場合には、
どこかで盗んだカードを不正利用しているのでは?
と疑われて通報されてしまう事も考えられます。

 

国内であれば言葉が通じるので
難なく説明することができますが、
もし海外でクレジットカードの不正利用を
疑われてしまった場合は言葉が通じず
説明したくてもできない状況になりかねませんし、
そもそもそんな事で面倒な事になるくらいなら、
始めから裏面の署名と同じように伝票にもサインを
しておけば良い話ですよね。

 

また、ついついやりがちな事で注意が必要なのが
自分以外の家族がクレジットカードに
サインをしてしまうという事です。

 

例えば、自分のクレジットカードで支払った伝票に
別の家族がサインをしてしまうとどうなるのでしょうか?

 

このように本人以外の人がサインをするのは
クレジットカードの規約違反に該当しますから、
判明した場合クレジットカードが一時的に
利用できなくなってしまったり、
強制的にクレジットカードを解約させられてしまう
というペナルティを受ける可能性もあるため、
本人以外の人が伝票にサインするのもNGとなります。

 

もし、自分以外の家族もカードを使用したい場合は、
家族カードを発行しておくようにすれば、
自分以外の家族もクレジットカードを安心して
使うことができるようになりますよ。

 

ちなみに、伝票にサインする際に、
うっかりサインを書き損じてしまった場合は
二重線を引いて別のスペースに
正しいサインを書けば大丈夫なので、
サインを書き損じてしまった場合は、
落ち着いて書き直すようにしましょう。

 

クレジットカードの会計時のサインのルール
  1. 使用者本人だけがサインできる
  2. 裏面の署名と同じようにサインする
  3. もしサインを書き損じた場合は二重線で訂正し書き直せばOK

 

クレジットカードのサインの決まりはある?

 

ここまでは、クレジットカードの
会計時のサインは裏面の署名と違っても
大丈夫なのかという事についてご紹介しましたが、
ここからは、そんなクレジットカードの
サインの決まりについて見ていきたいと思います。

 

カードの裏面の署名にはフルネームを
漢字記載される方が多いと思いますが、
実は、クレジットカード裏の署名の言語に
特に決まりはないので漢字でなくても
ローマ字でもハングル文字でも、
本人が記載した事の証明ができるならば
どんなサインでもOKなんだそうです。

 

要は、クレジットカードの使用者本人が
ちゃんとサインをしたかどうかの証明になる事が重要なので、
どんな言語で書かれているか?
といった部分は二の次で良いのですね。

 

とはいえ、あまりにも簡単なサインだと、
誰でも簡単に真似することができてしまい、
クレジットカードの不正利用につながる
リスクも高くなってしまうので、
特別こだわりのサインがないのであれば、
普通に画数が多く真似しずらい漢字で
フルネームのサインを使うのが良いかと思います。

 

まとめ

 

今回は、クレジットカードの会計時のサインは、
裏面の署名と違っても大丈夫なのかどうかや、
書き直しはできるのかどうか?について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

会計時のクレジットカードのサインは、
本人が使用した事を証明するための
重要な役割を持っているので、
クレジットカード裏面の署名と
同じようにサインしないと証明に
ならなくなる可能性がありますので、
クレジットカードを使用した際に
サインを求められた場合は、
裏面の署名と同じようにサインして下さいね。

 

この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください