クレジットカードの解約に最適なタイミングとは?年会費はどうなる?

クレジットカードがいつの間にか
たくさん増えてしまっていて、
解約しておかないと年会費がかなり
無駄になってしまうと思ったので、
使っていないクレジットカードを
解約しようと思ったんですが、

 

ふと、クレジットカードの解約に
最適なタイミングはいつなのかや、
年会費を払ったばかりのクレジットカードを
解約した場合年会費は戻ってくるのか?
という事について気になりました。

 

そこで、こういったクレジットカードの
解約にまつわる疑問について調べてみました。

 

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、クレジットカードの解約に
まつわる疑問について解決していきたいと思います。

 

クレジットカードの解約に最適なタイミングはいつ?

 

クレジットカードの解約に最適な
タイミングはあるのでしょうか?

 

クレジットカードを解約するのに最適な
タイミングは人それぞれ異なると思いますが、
使っていないクレジットカードが増えてきていて、
特に年会費がかかっているような場合は、
それらの使っていないクレジットカードを
解約すべきタイミングといえるのではないでしょうか。

 

クレジットカードの解約はいたって簡単で、
クレジットカード裏面に記載されている
電話番号に電話をかけてクレジットカードを
解約したいとオペレーターの人に話せば解約できます。
(※音声ガイドに従ってキーパッドを操作するだけで
解約できるクレジットカード会社もあります)

 

ですから、クレジットカードを解約するのは
かなりハードルが低く簡単に解約できるのですね。

 

実際解約してみるまでは、
しつこく引き止められたりして面倒くさそう
なんてイメージを持っていた方も多いですが、
実際解約してみるとあまりにも簡単で
拍子抜けしてしまう方も少なくないようです。

 

とはいえ、クレジットカードを解約する前には、
確認しておかなければならない事がいくつかあります。
解約してしまった後で「確認しておけば…」と
後悔しても手遅れになってしまう事が多いので、
次にクレジットカードを解約する前に
確認すべき事についてご紹介していきます。

 

クレジットカードを解約する前に確認しておく事!
解約したクレジットカードの年会費は戻ってくる?

 

それでは、クレジットカードを
解約する前に確認しておく事について見ていきましょう。

 

1.固定費の支払いに利用していないか?

 

毎月引き落とされる、

 

  • 水道代
  • 電気代
  • ガス代
  • 携帯電話料金 など

 

上記のような固定費が、
解約しようとしているクレジットカードに
請求されている状態だと、
クレジットカードを解約した時点から、
引き落とされなくなり未払いになってしまう可能性があります。

 

解約しようとしているクレジットカードに
固定費の請求が来るようになっている場合は、
事前に固定費の請求先を別のクレジットカードや
銀行口座に変更しておくなど事前に請求先を
変更しておいてから解約するようにしましょう。

 

未払いが発生してしまうと、
信用情報に残ってしまい後々不利になってしまう
場合があるので注意が必要です。

 

2.残ポイントはないか?特典なども今後利用しないか?

 

クレジットカードは利用した金額に応じて
ポイントが溜まるなど特典がついていますが、
クレジットカードを解約する前に、
ポイントが残っていないかどうかは必ず
確認しておくようにしましょう。

 

普段意識して見ていなかっただけで、
実は結構たくさんポイントが溜まっていた…
なんて事もあるかもしれませんよ。

 

また、そのクレジットカードを持っている事で
優遇される特典についても確認しておき、
今後使わないか再確認すると良いですね。
例えば、グレードが高いクレジットカードだと
空港のラウンジが無料で利用できるなど
の特典がついていたりしますが、
このような特典を今後使う可能性があるならば、
クレジットカードの解約は見送った方が良いかもしれません。

 

3.残りの支払いはどれくらいあるか?

 

クレジットカードは解約したとしても、
解約する前に使っていた利用分がある場合は、
請求日に口座から利用分が引き落とされるため、
クレジットカードを解約する前には、
残りの支払い額はいくらあるのか?
という事は確認しておきましょう。

 

解約してしまうとクレジットカードの
管理画面にログインできなくなり、
利用額を見れなくなってしまい不便なので、
解約する前に利用額は確認しておく方がスムーズです。

 

4.ETCカードや家族カードはないか?
  銀行のキャッシュカードと一体型ではないか?

 

ETCカードや家族カードを利用していると、
親となるクレジットカードを解約してしまうと、
ETCカードも家族カードも使えなくなってしまうため、
解約してETCカードや家族カードが使えなくなっても
問題が起こらないかについても確認が必要です。

 

また、銀行のキャッシュカードと一体になっていて、
クレジットカードとしても使えるだけでなく、
キャッシュカードとしても使えるクレジットカードがありますが、
キャッシュカードと一体になったクレジットカードは、
解約してしまうとどちらも使えなくなってしまうため、
別にキャッシュカードを発行しておくなど準備が必要です。

 

5.年会費を払ってすぐではないか?

 

クレジットカードを解約しようと
思っているタイミングが年会費を払ってすぐであれば、
次の年会費の支払い前まで解約するのは
思いとどまった方が良いかもしれません。

 

というのも、
年会費を支払ってしまった場合は、
どのタイミングで解約したとしても、
払った年会費は戻ってこないことが多いからです。

 

例えば、年会費を支払った翌日に
クレジットカードの解約をしてしまった場合は、
とても損してしまう事になりますよね?
なので、たとえもう使わないクレジットカードだったとしても、
年会費を払ってすぐのタイミングなのであれば、
次回年会費を払う少し前に解約する方がお得です。

 

7.クレジットカードを作ってからすぐではないか?

 

「クレジットカードを作ってみたけれど、
やっぱりいらなかったかな…」
というようにクレジットカードを作って
すぐのタイミングで解約しようと思った場合、
ちょっと思いとどまった方が良いですよ。

 

それはなぜかというと、
クレジットカードの所持履歴は5年間保存されていて、
クレジットカードを作ってから解約する期間が
あまりにも短いとクレジットカードを作って
特典だけもらって解約してしまう人だと
見られる原因となってクレジットカードを
作りづらくなってしまう可能性があるためです。

 

なので、クレジットカードを解約するのは
早くても作ってから1年後の年会費がかかる
少し前くらいにしておく方が安心です。

 

5.本当にもう二度と使わないか?

 

いろいろとクレジットカードを
解約する前に確認しておかないといけない事も確認したし、
残っているポイントや使う特典もないから解約しよう!
とその前にもう一度本当にもう二度と
そのクレジットカードを使わないか最終確認しましょう。

 

最終確認しても二度と使わない場合は、
クレジットカードの解約をしてスッキリしましょう。

 

まとめ

 

今回は、クレジットカードの解約に
最適なタイミングはいつなのかや、
年会費を払ってすぐのクレジットカードを
解約した場合年会費は戻ってくるのか?
などについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

いつの間にか使っていないクレジットカードが
たくさん増えてしまっていたなんて事もあるかもしれません。

 

クレジットカードを解約する事はとても簡単ですが、
解約する前には事前に確認しておかないと
いけない事がたくさんありますので、
よく確認してから解約するようにして下さいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください