クレジットカードを紛失し悪用されたら…?被害を最小限にする対処法

クレジットカードは利用限度額まで使えるので、
使い過ぎに注意しながら使っている…
という方も多いのではないかと思いますが、
もし、そんなクレジットカードを紛失してしまって、
それを誰かに悪用されてしまったとしたら、
大変な事になってしまいますよね。

 

クレジットカードの利用限度額は
人それぞれ異なっていると思いますが、
数十万、数百万という限度額を誰かに
悪用されてしまうなんて事になったら、
それはもはや恐怖ですかありません。

 

私自身もクレジットカードを複数枚所持しているのですが、
それらの利用限度額を合わせるとかなりの金額で、
万が一紛失したりして悪用されてしまったらと思うと
とても不安になってしまいました。

 

そこで、もしクレジットカードを
紛失し誰かに悪用されてしまったとしたら、
どうなってしまうのかという事や、
被害を最小限にするためにはどう対処すれば良いのか?
という事について調べてみたのですが、
この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も多いようだったので、
今回はこの事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

 

クレジットカードを紛失し悪用されたらどうなる?

 

クレジットカードを紛失してしまって、
それを誰かに悪用されてしまったら
その金額は自分で支払わなければならなく
なってしまうのでしょうか?

 

もし、そうだとしたらクレジットカードを
持ち歩くのさえ怖くなってしまって、
安心してクレジットカードを
使えなくなってしまいそうですね。

 

結論から言ってしまうと、
クレジットカードには盗難保険が附帯されているため
万が一紛失などで不正利用があった場合は、
不正利用分の金額について補償されるため、
もし、紛失したクレジットカードが第三者に不正使用されたとしても、
被害を受けるという事は基本的にないはずです。

 

とはいえ、クレジットカードの盗難保険を
利用するためにはいくつか必要な条件を
満たしている必要があるので、
次にご紹介していきたいと思います。

 

クレジットカードの盗難保険が適用になるために必要な条件

 

それでは、クレジットカードを紛失するなどで
不正使用されてしまった際の盗難保険を受けるために
必要な条件について見ていきましょう。

 

クレジットカードの盗難保険を受けるための手順
  1. クレジットカードの紛失や不正使用に気づいた時点でカード会社に連絡する
  2. 不正使用されたかどうかに関わらず警察に届け出を行う
  3. 必要書類を提出する(氏名・年齢・住所・電話番号・日時・場所・状況など)

 

もし、クレジットカードを紛失したりして、
悪用されてしまった場合は、
上記の手順で対処するようにすれば、
クレジットカードの盗難保険が適用されるので
不正使用された分の金額に対しては補償されます。

 

しかし、次のような事に該当する場合は、
盗難保険を受けられない可能性がありますので、
事前に確認して該当しないようにしておくことが大切です。

 

注意

 

  • クレジットカードの裏に署名をしていなかった
  • 自分の誕生日や車のナンバーなどクレジットカードの暗証番号が推測されやすい番号だった
  • 自分に近しい人が不正使用していた
  • 不正使用から60日以上経過してから気がついた

 

 

クレジットカードの利用規約に反するような使い方をしていたり、
不正使用されてもおかしくないような管理をしてしまっていると、
万が一クレジットカードを不正使用された際、
保険の適用が受けられなくなってしまうという事になりますから、
こうしたことがないように適切にクレジットカードを
管理使用することが大切になります。

 

特に気をつけなければならない事としては、
身近な人であってもクレジットカードの
暗証番号はわからないようにしておく
という事ではないでしょうか?

 

推測することができない暗証番号にしてあれば、
基本的に赤の他人がクレジットカードを暗証番号で
使うという事は不可能に近いと思いますので、
その状況で不正使用された場合、
盗難保険の適用は間違いなくされるので心配ありません。

 

しかし、自分の身内や知人に
不正使用されてしまったような場合は、
自分自身の過失によって不正使用が発生した
という事になり保障を受けられなくなってしまいます。

 

また、車のETCカードをずっと
挿しっぱなしにしているのにも注意が必要です。
なぜなら、車に挿しっぱなしにしていた
ETCカードが盗難して不正使用されてしまった場合は、
車内にETCカードを置き忘れたという扱いになり
自身の過失になるため不正使用分も請求されてしまうためです。

 

参考 カードの不正利用(不正使用)発生時の補償について三井住友カード

 

クレジットカードの補償は思っているよりも手厚い

 

クレジットカードを使用している中で、
紛失したり盗難したりして第三者に
悪用されてしまったらと不安に
思われていた方も多いと思いますが、
そうした不正使用についてはクレジットカードを
しっかり管理して使用していれば
ちゃんと保障されるので心配ありません。

 

また、クレジットカードを紛失したり
盗まれたりした場合だけでなく、
スキミングやフィッシング詐欺、
情報漏えい、二重決済などによる場合にも
不正使用分が保障されるようになっているので、
クレジットカードの保障はかなり手厚いといえます。

 

例えば、現金主義で財布にたくさん
現金を持ち歩いていた人が財布をなくしてしまった…
という場合は交番に届いて戻ってくれば良いですが、
もし財布が戻ってこなかった場合、
入っていた現金を保障してもらう事はできないので、
泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

 

一方で、クレジットカードであれば、
万が一不正使用されてしまったとしても
盗難保険があるので手続きさえすれば、
不正使用された分については戻ってきます。

 

なんとなく、クレジットカードの方が
危険なイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、
盗難保険があるという事を考えると、
実際は現金を持ち歩くよりもクレジットカードを
持ち歩くようにした方が安心という事になりますよね。

 

注意

 

クレジットカードの盗難保険の適用については、
カード会社によって異なる場合があるので、
一度お使いのカード会社の盗難保険の規定について
ご自身でもご確認下さい。

 

 

また、クレジットカードを紛失したり
盗難にあった場合はクレジットカード会社に連絡した時点で
そのクレジットカードは無効になり使えない処理がされるため、
自動的にクレジットカードを再発行しなければならなくなりますが、
クレジットカードの再発行には手数料が必要になる可能性があり、
再発行されるまで多少時間がかかるため、
多少クレジットカードが使えない期間ができます。

 

まとめ

 

今回は、クレジットカードを紛失して
第三者に悪用されてしまった場合は、
どうなるのかについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

 

クレジットカードには盗難保険が附帯されているので、
万が一何らかの原因で不正使用されてしまったとしても、
必要な対処や手続きをすれば不正使用された分は
補償されるようになっているので、
むしろ現金を持ち歩くよりもクレジットカードを
持ち歩くようにした方が万が一
お財布をなくしたりした際も被害が少なくて済みますね。

 

この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください