クーラーをつけながら換気扇を回すのがNGなのは台風が来た時だけかも

最近暑い日が続いていますが、
雨なんか降ったりして湿度が高い日は
一刻も早くクーラーをつけて部屋を
涼しくしないととてもじゃないけどいられませんよね(^_^;)

 

年々暑さが厳しくなっている気がしますが、
ふと、クーラーをつけている脇で
換気扇が回っているのに気がついて
こんな事を疑問に思ったんです。

 

それは…
「クーラーをつけながら換気扇も
回していたらせっかくの冷えた空気が外に逃げて
部屋が涼しくならないし電気代も無駄に
かかってしまうのでは?」
という事なんです。

 

そこで、クーラーをつけながら
換気扇も回しっぱなしで大丈夫なのかどうか?
という事について調べてみたところ、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、この事についてみなさんに
シェアしていきたいと思います。

 

クーラーをつけながら換気扇を回すのはNGなの?

 

クーラーをつけながら換気扇を
回すのはNGなの?と疑問に
思っている方も多いようですね。

 

結論から言ってしまうと…
クーラーをつけながら換気扇を回すのはOKですし、
むしろ、換気扇を回さないでクーラーをつけていると
空気が汚れていってしまうので、
クーラーをつける時は換気扇も回すのが正解です。

 

意外と知らない方も多いのですが、
クーラーって部屋の空気を吸い込んで
冷やしてまた部屋に送り出しているだけなので、
実は換気はされていないんです。

 

つまり換気扇を回さずにクーラーを
つけっぱなしにしてしまっていると、
酸素濃度がどんどん薄くなっていきますし、
湿度も下がってお部屋の空気が
乾燥していってしまうので、
冷えてはいるけど過ごしにくい…
状態になってしまいます。

 

例えば、クーラーをつけてすぐの
まだまだ部屋が冷えていない状態の時
一瞬換気扇を止めて部屋を冷えやすくする
というのであれば全然OKだと思いますが、
クーラーがついているのに換気扇が回っていないなどで
お部屋の空気の換気が一切されない状態になってしまうのは
先程お話した理由からNGというわけなんですね。

 

クーラーがついている時換気扇を回すと、
お部屋の空気を冷やすのを邪魔してしまいそうですが、
実際はそれほど邪魔する事はありませんし、
回さないでいる方のデメリットの方が大きいので、
クーラーをつけている時も換気扇は
回しっぱなしにしておくようにしましょう。

 

台風が来た時はクーラーや換気扇をつけるのに注意が必要

 

さて、ここまではクーラーをつけている時、
換気扇は回しっぱなしにしておいたほうが良い
という事についてご紹介しましたが、
台風がやってきている時はちょっとお話が変わります。

 

台風が来ると雨風がとても強くなるので、
換気扇を回しっぱなしにしてしまっていると、
台風の強い風によって換気扇が抵抗を受けて
壊れてしまうという可能性があったり、
換気扇を閉じていない事で雨風が部屋に
降り込んでくる可能性もあります。

 

また、エアコンの室外機も同様に
運転させている最中に台風の強風が
ファンに抵抗を加えてしまうと、
ファンが故障してしまうなど、
室外機が故障してしまうリスクが高いので、
台風が来ている時は換気扇やエアコンは
運転させない方が無難です。

 

あまり風が強くない状態であれば
普段通り換気扇やクーラーを運転させていても
何ら問題はありませんが、
風が強いなと感じる場合には、
換気扇やクーラーが故障する前に、
運転を止めておくようにすると安心です。

 

まとめ

 

今回はクーラーをつけながら
換気扇を回しても良いかどうかについて
ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

クーラーをつけている時は
換気扇を回しておくようにしないと、
部屋の空気がどんどん悪くなっていってしまうなんて
知らなかったという方も多かったのではないでしょうか?

 

クーラーと換気扇を両方つけると
ちょっと電気代だったり音だったりは
気になるかもしれませんが、
必要経費と割り切って両方つけておく事で
暑い日々を快適に乗り切れる強い味方に
なってくれることは間違いありませんよ。

 

という事でこの記事がなにかの参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください