セラミックファンヒーターの風が冷たい!温風が出ない原因とは?

セラミックファンヒーターは、
電源を入れればすぐ暖かい風が
出てくるはずだったんですが、

先日、セラミックファンヒーターを
つけてみたら暖かい風が出てこず、
ずっと冷たい風が出てきて
「むしろつけない方が暖かいかも…」
って感じだったんですΣ(´∀`;)

「一体どうして温風が出ないのかしら?」
と、疑問に思った私は、
セラミックファンヒーターの風が
冷たい原因について調べてみたのですが、

この事について調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、

今回は、セラミックファンヒーターから
温風が出ない場合にはどんな原因が
考えられるのか?ということについて
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

セラミックファンヒーターの風が冷たい!
温風が出ない原因とは?

 

では早速、
セラミックファンヒーターから冷たい風が出て
温風が出ない原因についてご紹介していきます!

 

1.フィルターにほこりが溜まっている

 

セラミックファンヒーターから
温風が出ない時に考えられる
1つ目の原因は…

フィルターにホコリが溜まることで、
内部に熱がこもってしまい、
保護装置が作動してヒーターに
電気が流れなくなってしまっている
ということになります。

セラミックファンヒーターの
フィルター部分を見て
ほこりが溜まっている場合は、
掃除機などで吸い取って
空気がよく流れるようにすると
再び温風が出るようになる場合があります。

 

2.サーモスタットが室温を調整しようとしている

 

セラミックファンヒーターから
温風が出ない場合に考えられる
2つ目の原因は、

セラミックファンヒーターの
サーモスタットが室温を調整するため
一時的にヒーターへの通電を止めて
室温が高くなりすぎるのを調節している
ということになります。

室温調整機能がついている
セラミックファンヒーターの場合は、
設定温度に室温が達すると、
一時的に温風ではなく冷風に
切り替わることがあります。

 

3.断線して電熱線が熱くならなくなっている

 

セラミックファンヒーターから
温風が出ない場合に考えられる
3つ目の原因は、

サーモスタットが切れてしまったり、
ヒーター内部の配線が断線するなど
セラミックファンヒーターの故障によって
温風が出なくなってしまっている
ということになります。

セラミックファンヒーターが
故障してしまった場合は、
修理をしてもらう必要がありますが、

修理するより新しく買い替えた方が
家計に優しく時間を取られない
ということが多いので、
セラミックファンヒーターの
保証が切れている場合は、
買い替えた方が良いかもしれません。

ヒーター 人感センサー 足元 オフィス セラミックヒーター 暖房 おしゃれ 暖房器具 コンパクト 節電 ファンヒーター セラミックファンヒーター 電気 電気ファンヒーター ヒーター 1200W マイコン式 PDH-1200TD1 アイリスオーヤマ

 

まとめ

 

今回は、
セラミックファンヒーターから
温風が出ず冷たい時に考えられる
原因についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

フィルターにほこりが溜まっている場合は、
そのほこりを掃除すると解決したり、
設定していた室温になっていた場合は、
しばらく様子を見るとまた温風が
出てくるようになりますが、

サーモスタットが切れていたり、
内部で断線が起こっているなど
故障している場合は、
修理するか買い換える必要がありますよ。

ということで、
この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください