セラミックファンヒーターに延長コードを使っても大丈夫?

先日、セラミックファンヒーターを買って
キッチンに置いて使ってみたら、
すぐ暖かくなって便利過ぎたので、

お風呂の脱衣場用にもう1台、
セラミックファンヒーターを買ったのですが、

電源コードが短すぎて、
コンセントから脱衣場まで
届かない感じだったんです(^_^;)

そこで、延長コードを使って、
電源コードを伸ばそうと思ったんですが、

セラミックファンヒーターは
消費電力が1200Wと高かったので、
「セラミックファンヒーターに
延長コードって使っても大丈夫なのかしら?
火事になったりしない?」
と、不安になりました。

そこで、
セラミックファンヒーターに
延長コードは使っても大丈夫なのかどうか?
ということについて調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回は、この事について、
みなさんにシェアしていきたいと思います。

セラミックファンヒーターに延長コードを使っても大丈夫?

 

セラミックファンヒーターに
延長コードを使っても大丈夫なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
セラミックファンヒーターの
取扱説明書には大抵の場合、
延長コードの使用はNGと
記載されていますが、
注意点を守って使用すれば
使っても問題は起こりません。

では、その注意点とはどんなものなのでしょうか?

 

延長コードをセラミックファンヒーターに使う時の注意点

  1. 1500Wの1つ口タイプの延長コードを使う
  2. 延長コードは壁のコンセントに直接挿す
  3. 壁のコンセントには延長コードのみ挿す
  4. 延長コードを圧迫したり曲げたりしないで使う
  5. 延長コードを定期的に点検する

 

セラミックファンヒーターの
消費電力は大きいので、
延長コードを使用する場合は、
使用する延長コードの定格容量を
超えないように使わなければなりません。

延長コードの最大の定格容量は
1500Wタイプなので、
使おうと思っている延長コードの
定格容量が1500Wとなっているかどうか
確認しておくようにしましょう。

延長コードは壁のコンセントに直接挿し
壁のコンセントに電源プラグを
複数挿せるようになっている場合は、
他の電源プラグを挿さないようにします。

また、延長コードや電源コードが
圧迫されたり曲がったりするような
状態になってしまっていると、
抵抗が大きくなり発熱し最悪火事になる
という場合もあるため注意してください。

 

延長コードは定期的に点検して安全に使いましょう

 

延長コードを安全に使うためには、
定期的に延長コードを点検することが大切です。

そこで、
ここからは延長コードを安全に使うための
点検項目について解説していきたいと思います。

 

延長コードの点検項目

  1. コードの硬さは硬くなっていないか?
  2. 異常に熱くなったりすることはないか?
  3. 電源プラグが変形していないか?
  4. 延長コードに傷や亀裂などがないか?
  5. 延長コードに変形はないか?
  6. 延長コードにほこりがたまっていないか?

 

このような事を点検してみて、
もし当てはまる場合は、
新しい延長コードに買い替えた方が良いでしょう。

延長コードは使用しているうちに劣化し、
5年で寿命を迎えるといわれているので、
5年以上使っている延長コードも
買い替えるようにした方が安全です。

また、延長コードの値段は高いもの
安いものいろいろありますが、
少し高くとも国産メーカーの
延長コードを使う方が、
品質がよく安心なのでおすすめです。

パナソニック 延長コードX(2.0m) WHA4912WP (ホワイト)

 

まとめ

 

今回は、セラミックファンヒーターに
延長コードを使っても大丈夫かどうか?
ということについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

延長コードの定格容量を超えず、
正しく延長コードを使えば、
セラミックファンヒーターにも
延長コードを使うことができるのですが、
メーカーはセラミックファンヒーターに
延長コードの使用を禁止している場合もあるので、
使用する際は自己責任でお願いします。

ということで、
この記事が何かの参考になれば幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください